ダイキン工業株式会社

新卒採用情報

大学卒・大学院修了採用

RECRUIT

APPLICATION REQUIREMENTS

募集要項

応募資格


入社時までに大学、大学院を卒業(見込)・修了(見込)の方、および同程度の学力をお持ちの方。
または、卒業・修了後3年以内で未就業の方。
         

採用データ

給与
初任給
・博士了 268,800円
・修士了 244,800円
・大学卒・高専専攻科卒 225,000円
・高専・短大卒 197,000円
(2020年4月実績)
昇給
年1回(4月)
賞与
年2回(6月、12月)
勤務時間
標準労働時間 7時間45分
本社・支社 9:00~17:30
製作所 8:30~17:00
※フレックスタイム制、裁量労働制あり
休日休暇
完全週休2日制、夏季休暇、年末年始など年間休日124日、年次有給22日(初年度14日)、慶弔、育児・介護休職制度、5連休制度
福利厚生
独身寮・社宅完備、保養所(蓼科、宝塚、那須)、退職年金制度、住宅融資制度、財形貯蓄制度、持ち株制度等あり
保険
雇用・労災・健康・厚生年金保険加入
教育
新入社員導入教育、海外拠点実践研修制度、社内専任講師による語学研修、新任基幹職研修、国内留学制度、通信教育制度ほか
採用人数
年度 2018 2019 2020 2021
大学 技術系 288
(71)
288
(71)
281
(69)
246
(63)
大学 事務系 59
(40)
61
(40)
63
(41)
65
(42)
総数 347
(111)
349
(111)
344
(110)
311
(105)
※カッコは女性内数

SELECTION PROCESS

選考
ステップ

STEP1
エントリー(3月1日よりスタート)
STEP2
学内セミナーへの参加や動画説明会の視聴(任意)
自由応募 学校推薦応募※技術系募集職種のみ対象(求人票の有無をご確認ください)
STEP3
エントリーシート提出
適性検査
STEP4
マッチング会(2~3回)
STEP5
学校推薦を取得(学校推薦応募の方のみ)
内々定

募集コース一覧

技術系募集職種

技術職コース
最先端の空調機を支える要素技術、および空調機器システム、冷凍・冷蔵機器システムの研究開発
グローバルでのビル・オフィス用・家庭用エアコン・油圧機器等の設計開発
先端商品開発と製造プロセス高度化のための生産技術研究開発
様々なニーズに対応した空間創造のための空調通信技術の研究開発
全社戦略的情報システムの設計とソフトウェア開発
サービスソリューションビジネス(サービス・保守・メンテナンス)の基盤構築の推進
市場・顧客からの技術情報に基づく、サービスエンジニアのための技術的支援(技術教育・サービス活動ツールの開発)など
※また、ダイキン情報技術大学において、空調/油機/化学等のあらゆる部門でAI・IoTに関わる研究開発、
およびその企画の推進役となるAI・IoT専門人材の育成に注力しています。
(現在大学にて化学分野を専攻されている方でも、ご応募いただけます。)
技術営業(空調)コース
顧客ニーズに対応した大型物件の空調設備導入のための技術的なソリューション提案
空調関連事業部での、営業活動促進のための技術的支援(技術教育、営業ツールの開発)
保守・メンテナンス、運転管理、省エネ提案などのソリューションビジネス提案 など
化学事業コース
スペシャリティケミカルであるフッ素化学の研究開発、材料の応用技術の開発と顧客へのテクニカルサービス(研究開発・技術営業)
フッ素化合物、材料の分析技術、評価技術の開発(プロセス技術開発)
化学製品を製造するプラント技術に関する研究・開発・設計(プラントエンジニアリング、生産技術) など
Knowledge Discovery and Data Mining (KDD)デジタル改革人材コース
昨今、デジタル技術の進展、プラットフォーマーの台頭により、次々とパラダイムシフトが起こり、これまで予想しなかった形で産業構造の変革が起きています。この「変革期」を乗り越えるために、ダイキン工業は今後も最先端の技術を持つ様々な企業と協創し、IoT・AI技術を取り込み、データを活用しながら、モノづくりからコトづくりへの大きな事業展開を目指していきます。

データの分析による知見獲得と、それによるデータ取得方法、計画の検討、および課題設定の実施
分析による知見を活かしたモデル設計、最適化
実現アプローチの検討、分析モデルの設計、実現のためのシステム検討と構築
先端技術調査とその実装、試験運用、有用性判断
グローバルITセキュリティ・インフラコース
デジタルビジネスの成長可能性を拡げ、サイバーリスクを極小化するグローバルICTの戦略策定
グループ全社・グローバルでのインフラ統合推進、セキュリティマネジメント体制の構築 など
デザインコース
UI/UXデザイン・サービスデザイン(ビジネスモデルデザイン)
デザインの考案だけでない、プロトタイピング(ソフト・ハード)による具現化 など

ダイキンデザインサイト[DAIKIN design]
https://www.daikin.co.jp/design/
ファシリティマネジメントコース
ダイキン自社のグローバル拠点の施設計画・デザイン、拠点の個性に応じた最適な建設プロジェクトの実現 グローバル既存工場などの安全性や生産性向上させるための建物のリニューアルやメンテナンスの企画・計画、設計、監理
中長期エネルギー企画にもとづいた設備計画・建設の推進
自社、及び、ダイキングループにおける再エネの企画の推進
製造工程での省エネ、低炭素化に向けた企画・開発・計画の推進 など
知的財産コース
特許創出マネジメント、主要各国での権利取得強化、知財調査・分析
海外開発拠点の知財機能早期自立支援 など
コンタクトセンター企画運営コース
サービス対応力向上のためのシステム構築推進、教育計画立案
AIなどの新技術導入による顧客満足度向上や新たな価値創造
お問い合わせ内容の分析による商品開発力強化・サービス力強化
カスタマーサービスからのブランド力強化 など

事務系募集職種

事務系コース
国内外における空調・油機・化学製品等の営業及び営業企画
グローバルグループとしてのコーポレート業務(経営企画・経理財務・マーケティング・広報・人事)
先進的IT技術の活用による、全社業務改革推進及びインフラ構築(社内SE)
グローバルでのモノづくりを支える原料・部品調達、物流 など
法務コース
国内外の契約の作成・審査、グローバルにおける係争・訴訟の管理・対応、債権回収、クレーム対応及びその他法的問題へのアドバイス・支援
株主総会の対応、印書・規定・文書管理、稟議進達及び商業登記 など
コンタクトセンター企画運営コース
サービス対応力向上のためのシステム構築推進、教育計画立案
AIなどの新技術導入による顧客満足度向上や新たな価値創造
お問い合わせ内容の分析による商品開発力強化・サービス力強化
カスタマーサービスからのブランド力強化 など

FAQs

よくある
ご質問

  • Q
    応募方法について
    A
    まずは採用ホームページにアクセス下さい。
    新卒(大卒・大学院卒、高専卒)採用、キャリア採用、グループ会社採用等カテゴリー別に採用情報を公開しております。
    詳しい応募方法につきましても、各ページに掲載しておりますので、そちらをご確認ください。
  • Q
    社風を教えてください。
    A
    社員の多くは、「挑戦的」「コミュニケーションが活発」という点を社風として挙げていますが、当社の説明会などに足を運んで、実際にいろんな社員と接して自分自身で感じてみてください。
  • Q
    語学力は必要ですか?
    A
    語学力はアピールポイントになりますが、必須ではありません。選考基準は一律ではありませんので、専門性・人物・語学力など、それぞれの人の持つ特長を発揮していただきたいと考えています。
  • Q
    入社後の研修はどのくらいの期間、どんな内容で実施していますか?
    A
    集合研修は約1ヶ月。大阪本社が中心です。会社全体の理解(理念・ビジョン・現状の課題)、語学、企画プレゼンテーション研修など・・・年によって異なりますが、営業研修・製造研修を実施する場合もあります。
  • Q
    勤務地について教えてください。
    A
    ほとんどの方は、本社・支社・工場のある大阪・東京・滋賀のいずれかが勤務地となります。しかし、配属先によっては、上記以外の国内・海外拠点で働く可能性もあります。
  • Q
    研修制度はありますか?
    A
    導入教育が終ると、その先は社員一律の研修はありません。 自ら向上しようと努力する人を支援し、その能力を最大に発揮できる環境づくりをしていきたいと考えているからです。 現在は、海外拠点実践研修・語学研修・通信教育などの機会を提供し、多くの社員が成長のきっかけにしています。
  • Q
    配属後の異動について教えてください。
    A
    期間を確定したローテーション制度はありません。部門の人材ニーズと従業員の長期的育成の観点から適正な異動を行っています。
    1年に一度、自己申告の機会としてフリーに会社に希望を伝える制度もあります。
  • Q
    海外勤務について教えてください。
    A
    海外では、ダイキングループ現地従業員がたくさん活躍しています。日本からの出向者のほとんどは、現地幹部の立場で行くケースが多く、日本での経験・ノウハウを伝える役割を担っています。また、グローバル事業の拡大に伴い海外拠点(事務所・工場)の立上げスタッフのニーズが増えています。
  • Q
    女性が働きやすい環境ですか?(産休・育児制度など)
    A
    長期的に仕事を続けたい人にとって、その環境が整いつつあるといえます。一般職を廃止したことで、入社後も男性同様の仕事を担当しています。また、『仕事と育児の両立支援』『女性の仕事の領域拡大』『意識改革運動の展開』に会社をあげて取り組み、各部門で活躍する女性が増えていることから、2005年、厚生労働省から均等推進企業表彰で優良賞を受賞しました。また、女性活躍推進の取り組みなどが評価され、2012年の日経産業新聞社「働きやすい会社」調査では、4位にランキングされました。
ページの先頭へ