ダイキン工業株式会社

新卒採用情報

拠点情報

LOCATIONS

私たちダイキンは、160か国、100以上の生産拠点で国や地域ごとに異なる文化・価値観から生まれるニーズに応え、人と空間を健康で快適にする製品を提供しています。海外売上高比率が7割を超え、グループ全従業員数の8割が海外で働いているグローバルメーカーです。

海外拠点について

AMERICAS

詳しく見る

EUROPE &
AFRICA &
MIDDLE EAST

詳しく見る

ASIA & OCEANIA

詳しく見る

国内拠点について

テクノロジー・
イノベーションセンター

2015年にダイキン工業の空調・化学・油機・特機の研究開発に携わる技術者約700名が集結した研究開発拠点としてオープン。

コア技術である「ヒートポンプ技術」「インバータ技術」「フッ素化学技術」をさらに強化すると共に、世界中の大学・研究機関・異業種企業・ベンチャー・サプライヤーなどとの協創から新しい技術を生み出し、グローバルNo.1の技術力、商品力を実現します。
テクノロジー・イノベーションセンターを中核として、北米・欧州・中国各拠点との連携を中心としながら世界中から技術を取り入れる「オープンイノベーション」をこれまで以上に進めていきます。

TICについてさらに詳しく

堺製作所

臨海工場、金岡工場の2つの工場からなる堺製作所。
空調機の開発・生産拠点として、明日の暮らしや社会のニーズにあった環境をつくる製品を生み続けています。

ダイキンが世界に誇る空調機器の一大生産拠点として、先進の生産体制で、業務用のエアコンをはじめ多種多様な製品を効率的に製造しています。また、環境技術開発の高度化とスピードアップをめざすため淀川製作所に開設されたテクノロジー・イノベーションセンターと連携し、社内外の協創イノベーションを製品開発に活かして、グローバルに技術力、生産力を発信しています。

滋賀製作所

滋賀製作所はルームエアコンの一貫生産工場です。部品の設計・生産・調達から商品の開発・生産・供給まで、従業員が一体となって商品づくりに取り組んでいます。

滋賀製作所では変種変量生産に対応するため、セル生産方式に独自のアイデアを加えた「ダイキン流セル生産ライン」を構築しています。これはスタッフ一人ひとりの能力を最大限に生かす工夫によって、生産のさらなる効率化を実現する画期的なラインです。働く人に合わせて作業台の高さや角度をコンピュータで自動調整し、より作業しやすい環境を整えます。また作業手順をコンピュータが適切に指示することで、作業の手を止めずに効率よく次工程に進むことができるなど、作業者にやさしい作業環境を追求しています。

淀川製作所

淀川製作所は、フッ素化学世界第2位の「化学部門」をはじめ、「空調部門」「油機部門」「特機部門」の4 つの製造部門とグローバル研究開発拠点である「テクノロジー・イノベーションセンター」が共存する多彩な技術の交差点です。

各事業部門間の人の交流を積極的に進め、そこから生まれる多彩な発想を日々の活動に反映し、新しい価値をもつ製品の創造に取り組んでいます。つねに周辺地域とのふれあいを大切にし、ともに発展・成長することを目指して地域社会との交流・対話を推進しています。誰もがいきいきと活動できる活気に満ちた工場づくりを行っています。

鹿島製作所

鹿島製作所はダイキン化学事業の関東での生産拠点として、フッ素樹脂及び化成品等を生産。徹底した安全管理体制のもと、高品質な製品の安定供給を実現しています。お客様のニーズに応えた製品をつくり、地域にも信頼される製作所を目指しています。

2021年に設立された鹿島統合生産センター(通称IPC)は、グローバル操業管理システムを基盤とし、運転管理、設備管理、生産管理に関わる人・組織・情報のすべてが集約され、知恵を出し合える様々な工夫が施されています。

ページの先頭へ