ページの本文へ

アプライド機器

アプライド機器は、数kWから数千kW、一般空調から給湯、産業用途まで、幅広い能力レンジと温度帯に対応し、用途に適した圧縮機を採用しています。

冷媒の選択において、当社は、環境性・安全性を重視しつつ、圧縮機や各用途で求められる機能・性能に合わせた適材適所の冷媒を採用します。

さらに、冷媒そのものの地球温暖化への影響だけでなく、機器とサービス・ソリューション商材の拡張・高度化により、冷媒使用量および漏えい量の低減、消費電力の低減などに取り組み、ライフサイクルを通じて地球温暖化防止に最大限貢献していきます。

アプライド機器の用途と新冷媒の代表例

アプライド機器の用途と新冷媒の代表例

ダイキンは今後も地球温暖化抑制に最大限貢献していくため、ライフサイクルを見据えた以下の取り組みを行っていきます。

〈機器〉

  • 用途に応じた最適な冷媒と機器の開発
  • 必要冷媒量の少ない新型熱交換器の開発
  • 実省エネに寄与するインバータ技術等の高度化

〈サービスソリューション〉

アプライド機器は機器寿命が長いことが特徴であり、サービスソリューションによる環境負荷の低減は、他の機器以上に重要なものとなります。

  • 冷媒の漏えいを検知するセンシング技術の開発
  • 常に高効率運転を維持するための、機器運転データの遠隔監視によるタイムリーなメンテナンスや省エネシステム制御コントローラの提供

各冷媒の詳細はこちら

ページの先頭へ