学習篇 家をいためる「結露(けつろ)」に注意!

冬、お部屋のまどに水てきがたくさんついていたり、カーテンがぐっしょりぬれていたりするのを見たことがあるかな?これを「結露(けつろ)」という。「結露(けつろ)」の特ちょうを知って、人も家も健康に過ごせるようにしよう。

家にも人にもよくない「結露(けつろ)」

結露(けつろ)が起こると、ジメジメして気持ちが悪いし、見た目もよくない。なにより結露(けつろ)を放っておくと、そこからカビが生えたり、かべ紙がはがれたり、シミができたりしてしまう。
また、お部屋の中からはなんでもないように見えて、実は、かべの間や屋根うらなど、目に見えないところで結露(けつろ)が起きて、カビが発生することもあるんだ。
カビは、人間の体はもちろん、お家のかべやほね組み、家具も悪くしてしまう。だから、その原因(げんいん)になる結露(けつろ)もよくないんだね。

カビが生えたりシミができたりしてしまうんじゃ

なぜ結露(けつろ)が起こるの?

空気がたくわえられる水分の量は、空気の温度によって決まっている。
温度が高いと、空気はたくさんの水分をたくわえることができる。温度が低いと、空気がたくわえられる水分の量は少なくなる。
だから、あたたかい空気が冷えていくと、やがて、空気中にいられなくなった水分があふれ出てしまうんだよ。
こうしてあふれ出た水分が水てきとなり、まどガラスやかべについて、結露(けつろ)が起こるというしくみだ。

豆知識

結露(けつろ)が起こるしくみは、身近なものでたしかめることもできるよ。
冷蔵庫からよく冷えたジュースを出したとき、しばらくすると、コップのまわりが水てきだらけになっているよね。これは、お部屋のあたたかい空気が、冷たいコップの表面にふれて温度が下がったため、たくわえられなくなった水分が水てきとなってあらわれたんだ。

どんなところに結露(けつろ)ができるの?

結露(けつろ)は、お家の中で温度が低いところに起こりやすい。北側にある温度が低いお部屋のかべや、げんかんのトビラ、そして、冷えた外の空気と温度が近いまどガラスにも起こりやすいんだ。
じゃあ、そこに、どうやって結露(けつろ)ができていくんだろう?
実は水分は、それぞれの部屋の温度に関係なく、家の中のすべてのお部屋で、同じ量になろうとする性質(せいしつ)があるんだ。たとえば、キッチンで料理をしたときに発生した水分は、ドアを開けたときに、ほかの場所にも流れていってしまう。
キッチンは温度が高いから、たくさんの水分をたくわえられた。でも、げんかんのように温度の低い場所では、空気がたくわえられる水分の量は少ないから、当然水分はあふれ出てしまう。その水分が水てきになり「結露(けつろ)」が起こるんだよ。

結露(けつろ)を防ぐには?

結露(けつろ)を防ぐには、水分の多い空気を部屋の外に追い出すこと、つまり換気(かんき=空気の入れかえ)をすることが一番なんだ。
でも、寒い冬にまどを全開にしてしまうと、外からの冷たい空気が入ってきて、暖房の効率(こうりつ)が下がってしまう。効率をなるべく下げずに、結露(けつろ)も防ぐには、換気のしかたを工夫しよう。
まず、電気をあまり使わないトイレやおふろなどの換気扇(かんきせん)をいつも回しておこう。
つぎに、ふだんから、結露(けつろ)がよくおこるまどには、水分をたくさんふくんだ空気がまどの近くにたまらないように、サーキュレーターなどで弱い風をあてて、空気を動かそう。
また、寝室(しんしつ)の結露(けつろ)を少なくするには、朝起きてすぐに換気をするようにしよう。人は、ねている間にコップ1ぱい分(約200cc)のアセをかくといわれているから、ねる部屋にも水分はたまりやすいんだ。
暖房をつけることが多いリビングは、みんながねている間に部屋の温度が下がり、結露(けつろ)を起こすことが多い。人がいない夜の間は、換気をして水分を追い出すといいよ。

ページ上部へ戻る