ページの本文へ

楽しく学ぼう!エアコンと環境
トップ
よくわかるエアコン環境講座 エアコンの選び方・使い方 おしえて! ダイキンのこと環境のこと ぴちょんくんと学ぶ空気の学校 エアコンの冷媒と環境影響 エアコンとグリーン購入法
ダイキンの取り組み 製造時から出荷後まで、回収して分解処理 冷媒を外に出さない
講座2に戻る

大気中に放出されると環境に悪影響を与えてしまう冷媒(フロン)。ダイキンでは、エアコンを作るときも作った後も、冷媒を排出しないようしっかりと管理しています。

製造時:点検はしっかり。信頼できる製品を市場へ

みなさんの家庭に届く住宅用エアコン。「製品不良で冷媒が漏れている!」なんていう事態が起きてしまっては、環境面でも信頼性の面でも大変です。ダイキンでは、(1)冷媒の封入前 (2)封入後 (3)出荷前の最終確認 と、3回に分けて冷媒の漏れがないか厳しい検査をして、安心できる製品を市場に送り出すようにしています。
また、生産工程から冷媒を排出しないよう、専用の装置で冷媒を回収。回収した冷媒は、環境に影響を与えない物質へきちんと破壊処理しています。

(1)封入前にも (2)封入後にも (3)出荷前にも

気密・耐圧検査
冷媒を入れる前に高い空気圧力をかけて、溶接部や配管の冷媒の漏れをチェック。

ガス漏れ検査
冷媒検知器を使って、漏れがないかを細かく検査。

出荷前最終検査
製品完成後、梱包された状態で、もう一度冷媒検知器で漏れを確認。

ページ上部へ戻る
出荷後:修理や買い替えのときには、回収を24時間受付
修理するとき:お客様宅で冷媒回収、捨てるとき:リサイクル工場で冷媒回収→破壊処施設で破壊

冷媒が大気中にもれるおそれがあるときは、1) 故障・修理のときと、2) いらなくなったエアコンを廃棄するときです。ダイキンでは、修理・廃棄作業を始める前にまず冷媒を回収して、冷媒のもれ防止を徹底しています。

2002年4月、使用済みエアコンから冷媒を回収・破壊処理するシステムを全国規模でスタートしました。エアコンからのフロン回収依頼は、24時間365日、ダイキンコンタクトセンターで受付。受付後、全国に配置した冷媒回収チームが回収します。回収後は破壊設備のある当社鹿島製作所のほか、全国の破壊提携先に輸送して、確実に破壊処理しています。

ページ上部へ戻る

|冷媒を外に出さない|

「講座2」に戻る

ページ上部へ戻る

おすすめコンテンツ

ページの先頭へ