ヒートポンプ ヒートポンプとは?

トップ > 空気で答えを出す会社 > 空気の技術 > ダイキンの空気の技術 > ヒートポンプとは? > どう熱を運ぶ?

そもそも「熱」ってなに?

「熱」は高い温度から低い温度へ移動する

熱が移動

「熱」は空気と同じで、
目に見えないものです。
しかし、「熱」を移動させることによって、
その存在を感じることはできます。


「熱」には高い温度から低い温度へ
移動するという法則があります。

暑いスプーンと冷たいスプーン重ねるとどうなる?

たとえば、熱いスプーンと冷たいスプーンを重ねた場合、
冷たい方のスプーンが温かくなります。


これは熱いスプーンから、
「熱」が冷たいスプーンへ移動するからです。


両者の温度が同じになったときに、
「熱」の移動は止まります。

ページ上部へ戻る

「熱」を運ぶのは「冷媒」

「冷媒」とは、エアコンなどで、
冷房や暖房時の「熱」を運搬する物質のことです。


「熱」がもつ「高い温度から低い温度へ移動する」という法則を使い、
「冷媒」を冷やしたり暖めたりして、「熱」を運びます。

冷媒を人に伝える:お風呂から別の部屋に熱を運ぶ

お風呂に入ってあたためる お風呂から出る 部屋に入る
人(冷媒)が「熱」を受け取る

冷たい「冷媒」は、自分より温かい
空気に接すると、空気中の「熱」を受け取ります。

人(冷媒)が「熱」を運ぶ
人(冷媒)から「熱」が放出される

「熱」を持った熱い「冷媒」は、自分より冷たい空気に
接すると、空気中に「熱」を放出します。

これで、お風呂から別の部屋に「熱」を運んだことになります。


つまり、「熱」を運ぶ「冷媒」自身を温めたり冷やしたりすることで
「熱」を運ぶことができます。

ページ上部へ戻る

ヒートポンプの仕組みをムービーで見てみよう

図はエアコン(暖房時)のヒートポンプの
仕組みを説明したものです。
冷房時は図の逆に動作します。
また、給湯機のヒートポンプの場合は、
集めた「熱」で水を温めます。

ヒートポンプとは?

どう熱を運ぶ?

温度をコントロールする技術

次の技術 2 冷媒に、熱を効率良く運ばせる「冷媒制御技術」とは?

空気の可能性を信じ、追い求め、

新しい価値をくわえて
これまでになかった空気を、世界へ届けます。

空気で答えを出す会社

ページの先頭へ