ページの本文へ

楽しく学ぼう!エアコンと環境
トップ
よくわかるエアコン環境講座 エアコンの選び方・使い方 おしえて! ダイキンのこと環境のこと ぴちょんくんと学ぶ空気の学校 エアコンの冷媒と環境影響 エアコンとグリーン購入法
講座1 エアコンの消費電力と地球温暖化
2.エアコンは地球温暖化にどう影響する?エアコンと温暖化の関係

冷暖房をはじめ除湿や空気清浄など、快適な暮らしに欠かせないエアコン。温暖化にどう関係しているのでしょうか?

電気を使うことでCO2排出量が増えるワケ

地球温暖化を総復習!」で見たとおり、大気中のCO2濃度が増えているのは、石炭や石油などの化石燃料の使用が増加したことが原因。
そこで思い出したいのは、私たちが家庭で使う電気は、発電所で石油や石炭を燃やして作られているという事実です。風力発電や水力発電など複数ある発電方法の中で、日本では、化石燃料を燃やす火力発電が全発電量の約6割を占めています。つまり、私たちが電気を使えば使うほど、その電力を作るために発電所で多くの化石燃料を燃やしてしまうことになるのです。

各種電源別のCO2排出量

各種電源別のCO2排出量棒グラフ

出典:電気事業連合会「原子力・エネルギー図面集」

※発電燃料の燃焼に加え、原料の採掘から発電設備などの建設・燃料輸送・精製・運用・保守などのために消費される全てのエネルギーを対象としてCO2排出量を算出
※原子力については、現在計画中の使用済燃料国内再処理・プルサーマル利用(1回リサイクルを前提)・高レベル放射性廃棄物処分・発電所廃炉などを含めて算出

ページ上部へ戻る
夏に家庭で使用する電気量の約6割は、エアコン!

エアコンは多くの電力を消費します。夏の日中(14時頃)に一般家庭で消費する電力のうち、エアコンによる電力消費は、テレビや冷蔵庫よりも多い58%を占めます。

家庭での電力消費量の家電製品別内訳

家庭での電力消費量の家電製品別内訳円グラフ

出典:資源エネルギー庁
「家庭の節電対策メニュー」(ご家庭の皆様)
(2013年4月)より作成

ページ上部へ戻る
CO2排出量が最も多いのは、使用時

さらに、ルームエアコンの製造から廃棄までに排出されるCO2の量について見てみましょう。
下表を見ると、使用時がほかのどの段階よりもCO2を多く排出していることがわかります。言い換えれば、購入するときには消費電力の少ない製品を選ぶ、使用時には省エネを心がける、また、フィルターの掃除をこまめにするなど、私たちが電力の無駄使いをしないエアコンの使い方を工夫することが、地球温暖化防止のためにとても大切になってくるのです。
「エアコンの選び方・使い方」では、省エネのためのエアコンとのつき合い方を紹介しています)

ルームエアコンの製造から廃棄までに排出されるCO2の量(当社試算)

エアコン使用時 3,640kg 95.8%
ページ上部へ戻る
ダイキンの取り組み
省エネ性の高いエアコンに転換
世界にもっとインバータエアコンを
ページ上部へ戻る

おすすめコンテンツ

ページの先頭へ