圧縮機

トップ > 空気で答えを出す会社 > 空気の技術 > ダイキンの空気の技術 > 圧縮機とは?

圧縮機は「冷媒」の温度をコントロールする、エアコンの心臓。ダイキンは圧縮機の開発にこだわり続けています。

圧縮機はエアコンやヒートポンプ式給湯機(エコキュート)の室外機の中にあります。
空気中から「熱」を受け取った冷媒を温めて温度をコントロールするもので、
人にたとえると心臓にあたります。

心臓が血液を循環させるように、圧縮機は冷媒を循環させます。
ダイキンは、エアコンやヒートポンプ式給湯機(エコキュート)を
圧縮機から製造している、世界有数の会社です。

冷房や暖房時の「熱」の運搬をする物質のことです。

冷媒とは

ページ上部へ戻る

圧縮機の性能がエアコンの省エネ性能の約8割を決める

エアコンの消費電力全体

圧縮機の性能が向上すれば、エアコンや
ヒートポンプ式給湯機(エコキュート)の
消費電力を大幅に減らすことができます。
そのために、ダイキンは圧縮機の製造に
昔からこだわっています。

ページ上部へ戻る

なぜ冷媒をさらに温める必要があるのか?暖房時と冷房時の圧縮機の動き

暖房時

「熱」は高温から低温へ移動するため、
「熱」を室内に放出するには、室内の温度よりも「冷媒」を高温にする必要があります。
たとえば、室外の空気から「冷媒」が吸収した温度が10℃ならば、
室内に「熱」を放出するために「冷媒」を圧縮して80℃まで高めます。

冷房時

暖房時とは逆に、「熱」を室外に放出するには、
室外気温40℃よりも冷媒を高温にする必要があります。
たとえば、室内の空気から「冷媒」が吸収した温度が10℃ならば、
室外に「熱」を放出するために「冷媒」を圧縮して80℃まで高めます。

ページ上部へ戻る

少ない電力で圧縮して、効率的に温度を調節するから省エネ

集めた「熱」を少量の電力で圧縮し、
「冷媒」が「熱」を放出しやすい温度に調節します。


圧縮機が、どれだけ少量の電力で、「冷媒」を
温めることができるかが、エアコンの省エネ性能を大きく左右します。

ページ上部へ戻る

どうやって圧縮する?

「熱」を受け取った冷媒を圧縮しているのは、
圧縮機の中の2つの渦巻型の部品です。


この渦巻きの片方がモーターの力で
回転することにより、圧縮が行われます。

ページ上部へ戻る

圧縮機とは?

どう温める?

空気の可能性を信じ、追い求め、

新しい価値をくわえて
これまでになかった空気を、世界へ届けます。

空気で答えを出す会社

ページの先頭へ