冷媒制御技術

トップ > 空気で答えを出す会社 > 空気の技術 > ダイキンの空気の技術 > 冷媒制御技術とは? > どうコントロールする?

「冷媒」を温めたり冷やしたりしてコントロールする

「冷媒」を温めるときは圧縮し、室内に送る「熱」の温度を調整します。
また「冷媒」が「熱」を受け取る前には「膨張(減圧)」させて、「冷媒を
冷やし、「熱」を受け取る準備をします。

圧縮して冷媒を温める

「熱」を受け取った「冷媒」を圧縮し、
暖房や給湯が可能な温度に温めます。

タイヤに空気を入れると
空気が圧縮され熱くなる

圧縮すると高温になるのは、
タイヤに空気を入れると
空気入れが温かくなるのと同じです。

膨張させて冷媒を冷やす

「冷媒」が室外の空気から
「熱」を吸収する前に、
より「熱」を受け取りやすくするため
冷媒が膨張して低温になります。

噴射後のスプレー缶が冷たくなるのは、
缶の中のガスの圧力が減るから

膨張(減圧)すると低温になるのは、
スプレー缶を噴射したときに、缶のガスの
圧力が下がり冷たくなるのと同じです。

ページ上部へ戻る

冷媒制御技術の仕組みをムービーで見てみよう! 暖房の場合

図はエアコン(暖房時)の「冷媒」の温度を
コントロールする仕組みを説明したものです。
冷房時は図の逆に動作します。

冷媒制御技術の仕組み
ムービーで動きをみる

冷媒制御技術とは?

どうコントロールする?

温度をコントロールする技術

次の技術 3 冷媒の熱を高温にする「圧縮機」とは?

空気の可能性を信じ、追い求め、

新しい価値をくわえて
これまでになかった空気を、世界へ届けます。

空気で答えを出す会社

ページの先頭へ