ページの本文へ

  1. トップ
  2. 空気の学校
  3. 1時間目 空気とエアコン
  4. 冷房と除湿はどう違う?

冷房と除湿はどう違う?
空気とエアコン

  • 1 冷房と除湿って何が違うんだろう?

    暑い時、エアコンをつけて部屋をすずしくするけど、「冷房(れいぼう)」と「除湿」どっちを使ってもすごしやすく感じるよね。
    じゃあ、冷房(れいぼう)と除湿って何が違(ちが)うんだろう?

    何だろー?

    ぴちょんくん
  • 2 暑い部屋から熱を追い出して、部屋をすずしくする

    まず、冷房(れいぼう)は、部屋の空気の 「温度」を下げることをいちばんに考えた機能(きのう)なんだ。
    暑い部屋から熱を追い出して、 部屋をすずしくするんだよ。

    温度を下げるのかー

    ぴちょんくん
  • 3 じめじめした部屋から水分を追い出して、空気をさらさらにする

    一方、除湿は、部屋の空気の 「湿度(しつど)」を下げることをいちばんに考えた機能(きのう)。
    じめじめした部屋から水分を追い出して、空気をさらさらにするんだ。でも、空気中の水分をどうやって追い出すのかな?

    湿度(しつど)を下げるー?

    ぴちょんくん
  • 4 空気の温度が高いと、たくさんの水分をたくわえることができる

    実は、空気がたくわえられる水分の量(りょう)は、空気の温度によって決まっている。
    空気の温度が高いと、たくさんの水分をたくわえることができるんだ。

    気温が高いと
    水分がたくさんたくわえられるー

    ぴちょんくん
  • 5 空気中にいられなくなった水分は、水滴としてあふれ出る

    でも、空気の温度が下がると、 水分をあまりたくわえることができなくなる。
    空気中にいられなくなった水分は、水滴(すいてき)としてあふれ出るんだ。

    温度が下がると
    水分はあんまり たくわえられないー

    ぴちょんくん
  • 6 空気中にいられなくなった水分

    ほら、夏に冷蔵庫から冷えた ジュースを出すと、コップのまわりにびっしり水滴(すいてき)がつくよね。
    あれは、冷たいコップにふれて空気の温度が下がったために、空気中にいられなくなった水分なんだ。

    だから水滴(すいてき)だらけなんだー

    ぴちょんくん
  • 7 熱交換器で熱をうばって温度を下げる

    除湿はこれと同じことをして、空気中の水分をあつめるんだ。
    まず、エアコンが湿度(しつど)の高い部屋の空気をすいこみ、 熱交換器(ねつこうかんき)で熱をうばって温度を下げる。

    まず空気を冷やすんだねー

    ぴちょんくん
  • 8 空気中にいられなくなった水分が、水滴として熱交換器につく。それをあつめて、ホースで部屋の外に出す

    すると、空気中にいられなくなった水分が、水滴(すいてき)として熱交換器(ねつこうかんき)につく。それをあつめて、ホースで部屋の外に出すんだ。
    水分を取ったあとのさらさらの空気は、また部屋に戻される。

    そういえばホースから水が出てるねー

    ぴちょんくん
  • 9 これをくり返すことで、部屋の水分をどんどん外に出して、湿度(しつど)を下げる

    これをくり返すことで、部屋の水分をどんどん外に出して、湿度(しつど)を下げるんだよ。

    水分がどんどんすてられるー

    ぴちょんくん
  • 10 除湿には、「弱冷房除湿」と「再熱除湿」という2つのタイプがある

    ちなみに、除湿には、「弱冷房(じゃくれいぼう)除湿」と「再熱(さいねつ)除湿」という2つのタイプがある。
    水分を外に追い出すしくみは同じだけど、部屋に戻す空気の 温度が違(ちが)うんだ。

    弱冷房(じゃくれいぼう)除湿と再熱(さいねつ)除湿ー?

    ぴちょんくん
  • 11 「弱冷房除湿」は、水分をあつめる ために温度を下げた空気を、そのまま部屋に戻す

    「弱冷房(じゃくれいぼう)除湿」は、水分をあつめる ために温度を下げた空気を、そのまま部屋に戻す。
    これは、弱い冷房(れいぼう)をかけているのと同じようなものだから、はだざむく感じることがあるよ。

    弱冷房(じゃくれいぼう)除湿は弱い冷房(れいぼう)と同じなんだね

    ぴちょんくん
  • 12 「再熱除湿」は、温度を下げた空気を、ちょうどいい温度にあたためなおしてから部屋にもどす。

    そして、「再熱(さいねつ)除湿」は、温度を下げた空気を、ちょうどいい温度にあたためなおしてから部屋にもどす。
    部屋の温度を下げずに湿度(しつど)だけを下げるところが弱冷房(じゃくれいぼう)除湿と大きく違(ちが)うんだ。

    再熱(さいねつ)除湿はさむくないー

    ぴちょんくん
  • 13 冷房と除湿をどう使い分けたら快適にすごせるか

    冷房(れいぼう)と除湿の違(ちが)いはわかったかな?
    じゃあ、冷房(れいぼう)と除湿をどう使い分けたら快適にすごせるかな?

    違(ちが)いを思い出してみようー

    ぴちょんくん
  • 14 「湿度(しつど)」が高くなる真夏などは、 「冷房」を、「湿度(しつど)」が高いときには「除湿」を使おう

    「温度」が高くなる真夏などは、 「冷房」を、「湿度(しつど)」が高いときには「除湿」を使おう。
    特に、梅雨などじめじめしたときには、はだざむくならない「再熱(さいねつ)除湿」がおすすめだよ。体の冷えすぎは健康にもよくないからね。

    ふむふむ

    ぴちょんくん
  • 15 電気代をおさえたいときは、弱冷房除湿や、高めの温度

    電気代で使い分けたい人もいるよね。
    電気代をおさえたいときは、弱冷房(じゃくれいぼう)除湿や、高めの温度に設定した冷房(れいぼう)がおすすめなんだ。

    そうなんだー

    ぴちょんくん
  • 16 再熱除湿は使わないほうがいいのか

    実は、再熱(さいねつ)除湿は、ちょっぴり多くの電気を使っているんだ。
    部屋に戻す空気をあたためなおしているからだね。
    それじゃあ、再熱(さいねつ)除湿は使わないほうがいいのかな?

    使わないほうがいいんじゃないー

    ぴちょんくん
  • 17 部屋の温度を下げないから、梅雨や夜でも体が冷えすぎずにすむ。寒がりさんでも快適にすごすことができる

    そんなことはないんだ。
    再熱(さいねつ)除湿は、とても大事な機能(きのう)なんだよ。
    なぜなら、部屋の温度を下げないから、梅雨や夜でも体が冷えすぎずにすむ。寒がりさんでも快適にすごすことができるんだ。

    寒がりさんでも快適だねー

    ぴちょんくん
  • 18 より快適にすごしたいのか、できるだけ電気代をかけずに使いたいのかを考えて、使い分けることも大事

    エアコンを使う時には、より快適にすごしたいのか、できるだけ電気代をかけずに使いたいのかを考えて、使い分けることも大事なんだよ。

    使い分けー

    ぴちょんくん
  • 19 それぞれの特徴を理解して、快適なお部屋ですごしてね

    冷房(れいぼう)と除湿の違(ちが)いはわかったかな?
    それぞれの特徴(とくちょう)を理解して、快適なお部屋ですごしてね。

    冷房と除湿で快適ー

    ぴちょんくん

このテーマのまとめ

Q
「冷房(れいぼう)と除湿(じょしつ)はどう違う?」
A

冷房(れいぼう)と除湿は、それぞれ役割が違うんだ。
冷房(れいぼう)は、「温度」を下げることをいちばんに考えた機能(きのう)。
除湿は、「湿度(しつど)」を下げることをいちばんに考えた機能(きのう)。 ちなみに、除湿には、2つのタイプがある。
弱冷房(じゃくれいぼう)除湿…温度を少し下げて除湿。弱めの冷房(れいぼう)と同じ。 再熱除湿…温度を下げずに除湿する。
それぞれの特徴を理解して快適に過ごしてね

なるほど!

ぴちょんくん
ページの先頭へ