ページの本文へ

  1. トップ
  2. HFC-32特許権不行使の誓約

HFC-32特許権不行使の誓約

HFC-32は、オゾン層を破壊せず、温暖化係数が従来使用されてきたR410Aの三分の一であることなど、空調機の環境影響を抑制するための多くの特性を備えています。また、HFC-32は空調機の運転効率を高めることができ、冷媒自体も広く流通しており容易に入手可能です。単体冷媒であるため、回収・再生が容易であり、冷媒の新規生産量を削減することができます。これらの特性から、当社はHFC-32を、多くの地域において環境負荷低減に有効な冷媒であると考えています。

今回、2011年以降に申請した特許を無償開放することで、さらにHFC-32空調機の普及を促進したいと考えています。今回の誓約の対象となる特許を使用するためには、当社の事前許可も契約も必要ありません。これらの複雑な手続きを不要とすることで、より早く、容易に対象特許を使用できるようになります。

対象特許リストに掲載された特許は、将来にわたってリストから取り消されることはありません。また、この誓約も取り下げられることもありません。ただし、当社および当社グループ会社がHFC-32を単体冷媒として機器に使用する際に、他の企業等が特許侵害を訴えるなどの法的行動をとった場合、当社は防御的な観点から当該企業等に対してこの誓約を取り消すことがあります。

ページの先頭へ