ページの本文へ

  1. オーキッドトップ
  2. 地域貢献
  3. ボランティアスタッフ

第35回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント 2022年3月3日(木)4日(金)5日(土)6日(日)開催

第35回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント 2022年3月3日(木)4日(金)5日(土)6日(日)開催
第35回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント 2022年3月3日(木)4日(金)5日(土)6日(日)開催

ボランティアスタッフ

ダイキンオーキッドが開催される琉球ゴルフ倶楽部がある、沖縄県南城市を中心とした地元の皆様にボランティアとしてご協力いただき大会を支えていただいております。

ボランティアスタッフのコメント

T.H 様

私はダイキンオーキッドのボランティアを10回ほど参加しています。ボランティアにはいくつかの種類が有りますが、私は主にキャリングボードというスコアを表示したボードを持って選手の横側を歩き、観客に今のスコアをお伝えするという業務をやっていました。コースを全て歩くので体力がいるし、スコアを数えないといけないので知識も必要です。大変ですが一球に全力を尽くす選手を間近で見ることが出来るし、ギャラリーから私にも応援の声があるし、何よりも最終18番ホールのグリーンへ向かって行く時の歓声に感動し、やりがいのある業務でした。ダイキンオーキッドは開幕試合でもあるし日程も4日間大会となり、全国でも注目される大会になりました。今後も他の業務を含めこの素晴らしい大会のお役に立てるよう、ボランティアを続けていきたいと思います。

H.M 様

今回、初めてダイキンオーキッドにボランティアとして参加させて頂きました。
業務はスコアラーでした。1組の選手達に18ホール帯同し、スコアをタブレットに入力していきます。これが速報として中継やHPなどに反映されます。
状況によって本部と無線で連絡を取ることもありました。とても緊張しましたが、間近でプレイを観られる事は一人のゴルフファンとして大変嬉しいことでした。感動したり学びを得ることも出来たりしました。
ラウンド中には沢山の大会運営やボランティアの方とも関わります。それぞれの職務を遂行しながら一つの大会を作り上げる、そのお手伝いができる事にも喜びを感じます。
わからない事も、スタッフの方やボランティアの仲間が丁寧に教えてくれるので助かりました。

Y.K 様

ボランティアを始めたきっかけは、職場の先輩からゴルフを始めないか?と誘われてそこからハマり出し、プロの試合に携われるという観点から始めたことです。
今回は、スコアラーの業務を体験しました。スコアラーは選手と共に18Hをまわりスコアを集計する重要な役割なので、かなり気を張って頑張りました。選手を間近で見ながら、ルール等も勉強することができたことはとても貴重で良い経験が得られました。
選手は18H歩いてプレーするにも関わらず、ホールアウトした後も練習を続ける選手が多数おり、それがとても印象的でした!
今後、ボランティアに参加される方々へのアドバイスとして、選手に見とれすぎず、自分の業務が選手の結果へとつながることを忘れず、ゴルフに関わって欲しいと思います。

ページの先頭へ