ページの本文へ

  1. トップ
  2. DAIKIN design
  3. History/Awards
  4. Design History 2012

Design History

2012

躍動する中国を舞台にして独自の
ニーズに応えるクリエイティブを提供。

国際社会で躍進を遂げ、この頃、経済の成熟期を迎えたと言われたのが中国です。ダイナミックな成長を続けていく中で、世界からさまざまなかたちで注目を集めました。

例えば、建築もそのひとつ。2008年に開催された北京オリンピックで「鳥の巣」と呼ばれた斬新なスタジアム「北京国家体育場」を手がけたのは、素材と表層表現にこだわるスイスの建築家ユニット、ヘルツォーク&ド・ムーロン。最新のシミュレーション・プログラムを駆使して作り出したアルゴリズミック・デザインの傑作です。

また鬼才、レム・コールハースが率いる建築設計事務所OMAは、2009年に北京でも一際目を引くフォルムの「中国中央電視台本部ビル」を、さらに2013年には低層部分が宙に浮いたような構造になっている「深圳証券取引所」を相次いで手がけています。

世界経済を牽引するチャイナパワーですが、世界のクリエイターたちがクリエイティビティをいかんなく発揮することのできる魅力的な場でもあったのです。

Item

ダイキン工業でも、2012年に中国ならではのエアコンのライフスタイルを反映した床置き型エアコン「PADINAN」を発売しています。中国では、自宅のリビングに床置き型エアコンを設置する独特の文化が形成されており、そうしたニーズに応えることのできる製品として開発しました。

ページの先頭へ