ページの本文へ

  1. トップ
  2. DAIKIN design
  3. History/Awards
  4. Design History 2003

Design History

2003

都市を刺激する新たなオフィスビル。
オフィスの外空間に貢献する室外機。

先行きの不透明感などから低迷していた世界経済は、徐々に回復しつつありました。世界の都市では、テロ対策などに迫られながらも、新たな投資としてさまざまなビルの建築が進んでいました。

台湾の台北市で1998年から建設が進められていた超高層ビル「台北101」は、2003年にマレーシア・クアラルンプールの2本のビルが対になっている「ペトロナスツインタワー」を抜いて世界一の高さに(当時)。

またロンドンでは、イギリスを代表する建築家ノーマン・フォスターらによる「30セント・メリー・アクス」が完成。シティ・オブ・ロンドンに建つ超高層ビルで、その斬新な外観がキュウリのピクルスに似ていることもあり、ロンドン市民から「ガーキン(小さいキュウリ)」と呼ばれ、ロンドンの新名所になります。

日本でも、前年の東京駅前の「丸ビル(丸の内ビルディング)」竣工に続き、2003年には「六本木ヒルズ」がオープン。都市再開発が盛んになり、新たなオフィス空間も次々に生まれていきました。

Item

「Ve-up室外機」は、2003年開発されたデザインに特化した業務用室外機で、オフィスの外空間、エクステリアへの挑戦を示すものでした。ダイナミックにコンパクト化を図り、設置のための所要スペースも従来の約半分にまで縮小可能にしました。シンプルな外観とともに、設置場所を選ばない抜群の設置自由度で建築デザインに貢献するものでした。

ページの先頭へ