ページの本文へ

  1. トップ
  2. DAIKIN design
  3. History/Awards
  4. Design History 2010

Design History

2010

人々のニーズに応えるアイデアが
もたらした作品や製品。

前年の2009年に公開された、ジェームズ・キャメロン監督の映画『アバター』が大ヒット。同監督による前作『タイタニック』が持っていた世界興行収入記録を更新します。その特長はもちろん、高いクオリティの驚異的なデジタル3D映像です。最先端の映像テクノロジーを駆使して描いた物語が、映画の世界に今までにない新鮮なアプローチを求めていた多くの人たちのニーズに応えたのでした。

2010年には、マルチタッチによる操作が可能なスマートフォンを踏襲したタブレット端末が発表され、世界で大きな話題を集めます。発売されると同時に予想以上のヒットを記録、その後もさまざまなタイプのタブレット端末が登場し、新たなデバイスのジャンルが確立されていくことになります。

このタブレット端末も、言ってみれば「パソコンよりも手軽に、スマートフォンよりも閲覧性を高く」というニーズにうまく応えることができたのが、ヒットの要因ではないでしょうか。時代や人々のニーズを読み解いてクリエイトする力が問われることになります。

Item

2010年に開発した「DAIKIN EMURA」は、欧州ならではのニーズに応えるための製品でした。欧州で利用されるルームエアコンは、使用期間が年3カ月と短いため、9カ月にわたる停止している期間も家具として美しい佇まいであることが求められていました。そうした現地の風土や文化にマッチした伸びやかなフォルムとともに高品位な質感を実現し、デザイン賞を3冠受賞(iF/Red Dot/グッドデザイン)しました。

ページの先頭へ