ページの本文へ

油機事業

1929年、日本で初めて造船メーカーやエンジンメーカーの潤滑装置を手がけて以来、世界の産業発展に貢献し続ける、油機事業。空調で培った省エネ技術を応用し、機械の高精度化、低音性、小型化をテーマに、環境に配慮した油圧ポンプや油圧ユニットなどの開発・生産を行っています。

イメージ:油圧とモータ技術を融合し多彩で高精度な油圧機器を開発

油圧とモータ技術を融合し多彩で高精度な油圧機器を開発

パワーショベルなどの建設機械や工場の加工機械をはじめ、トラクターなどの小型車両の円滑な動きを実現するために用いられる油圧機器は、「小さな力を大きな力に変える」というパスカルの原理を応用したもので、さまざまな機械の力の強さや速度、方向などを円滑にコントロールします。油圧制御技術とインバーター・モータ技術を融合したハイブリッド油圧システムにより、環境に優しいユニークな製品の開発に取り組んでいます。

ページの先頭へ