ページの本文へ

  1. トップ
  2. 企業情報
  3. CSR・環境
  4. サプライチェーン・マネジメント

基盤的CSR
サプライチェーン・
マネジメント

方針

環境負荷、品質保証、労働安全衛生など、サプライチェーン全体で当社の社会的責任を捉えます

Why?なぜ重要か

サプライチェーンが世界各地に広がり、新興国を中心とする児童労働や強制労働などの人権問題や労働安全衛生など労働上の問題、環境破壊などが問題視されるようになりました。また、こうしたサプライチェーン上の問題がある企業に対する不買運動などによって社会課題を解決しようとする傾向も高まっています。企業は、自社のみならず、そのサプライチェーンも含めてCSRの取り組みを強化していく必要があります。

DAIKIN’S APPROACH

ダイキンは、1992年に購買基本方針を制定し、取引先様との公正な取引に努めています。
グループ内にとどまらず、サプライチェーン全体を当社の社会的責任の範囲と捉え、「グリーン調達ガイドライン」、「サプライチェーンCSR推進ガイドライン」を定め、サプライチェーンにおける環境、品質、労働安全、人権などのCSR取り組みを推進しています。

CSR・環境
ページの先頭へ