ページの本文へ

  1. トップ
  2. 企業情報
  3. CSR・環境
  4. 環境
  5. 資源の有効活用
  6. 製品での資源の有効活用

資源の有効活用

製品での資源の有効活用

資源の有効活用


サーキュラー・エコノミーに対する当社の取り組み

サーキュラー・エコノミーとは、人口増加による資源不足に対処するために、生産から廃棄までの直線的なしくみがさまざまなレベルで循環していくよう設計やビジネスモデルの段階から抜本的に社会経済のあり方を見直し、無駄になっている資源や捨てられている素材などを活用して利益を生み出すことをめざす考え方のことです。

当社は、製品や包装材の省資源化、リサイクルしやすい製品設計、リユース・リサイクルの促進などを通してサーキュラー・エコノミーに取り組んでいます。

3R&リペア

資源の有効活用を重視した製品設計

サーキュラー・エコノミーとは、人口増加による資源不足に対処するために、生産から廃棄までの直線的なしくみがさまざまなレベルで循環していくよう設計やビジネスモデルの段階から抜本的に社会経済のあり方を見直し、無駄になっている資源や捨てられている素材などを活用して利益を生み出すことをめざす考え方のことです。

当社は、製品や包装材の省資源化、リサイクルしやすい製品設計、リユース・リサイクルの促進などを通してサーキュラー・エコノミーに取り組んでいます。

3R&リペアの取り組み

リデュース 製品の小型化・軽量化 再生材の使用
リユース 廃棄製品からの部品再利用
リサイクル 開発 分別・再資源化の容易な製品設計
・ 再資源化の容易な樹脂の使用
・ 素材の表示
・ 分離解体が容易な構造
使用後 使用済み製品のリサイクル
リペア 開発 メンテナンスのしやすさを考えた製品設計
販売後 製品を長く使っていただくための修理サポート体制の充実

3R&リペア 資源の有効活用

3R&リペア 資源の有効活用 環境に配慮した設計 エネルギーの削減長期使用

3R&リペア 資源の有効活用 エネルギーの削減長期使用 環境に配慮した設計

関連情報

環境配慮設計

リサイクル(再資源化)

解体・分離が容易な製品設計

製品設計においては製品アセスメントにもとづき、3R&リペアを重視して設計しています。1997年から解体・分離が容易な構造の製品設計を進めています。

2017年度は、マルチエアコンの「VRV X」、「VRV A」にオールアルミ製のマイクロチャネル熱交換器を展開しました。(2018年7月販売)

リデュース(省資源化)

省エネ性とのバランスをとりながら製品の小型化・軽量化

資源使用量の削減(リデュース)には、製品の小型化・軽量化が有効です。空調機器の場合は商品の機種ごとに製品全体・部品の重量削減目標を設定し、軽量化に努めています。しかし、省エネルギー性などを低下させずにこれを実現することは技術的に非常に困難です。小型化・軽量化の結果、エネルギー使用量が増えるのでは、製品トータルでの環境性が高まったとはいえません。

ダイキン工業では、通年エネルギー消費効率(APF)を下げない範囲で重量の低減について製品ごとに目標を定めて新製品開発に取り組んでいます。2017年度に販売した、小空間用マルチカセット「ココタス」では、新ダウンサイジングターボファンとU字型熱交換器を組み合わせた風回り技術で、小型化・軽量化を行い、従来の住宅用の天井埋込カセット形に比べて室内機の平面設置面積が約68%減少しました。

包装材使用量を2016年度比2%削減

空調製品の包装材使用量を、2018年度は2016年度比2%削減することを目標に、その達成に向け取り組んできました。梱包材量を段ボールから発泡スチロールに置き換え、薄肉化、部品点数・段ボール面積の削減という観点で取り組みを進め、2018年度は、VRV設計開発部門と連携し、スキッド(パレット部)の木材使用量を大幅に削減し、目標を達成しました。今後も、開発部門と連携しながら、シミュレーションを駆使し、包装材の使用量を削減していきます。

加えて、全熱交エレメントの輸出梱包において、1個包装から2個包装に変えることで、パレット面積効率の向上に取り組み、包装材使用量削減と輸送効率向上の両立が実現できました。
さらに、海外拠点においては、タイ製の設備用床置きの木枠梱包を、密閉木枠からすかし木枠にすることで、木材使用量の大幅削減を実施することができました。

製品1台あたりの包装材使用量 (木材、ダンボール、スチロール等)(2010年度を100とした場合の値)

製品1台あたりの包装材使用量 (木材、ダンボール、スチロール等)(2010年度を100とした場合の値)

TOPICS

業務用エアコン室外機補用部品(ファン)の梱包材が国内外で評価を獲得

室外用プロペラファンの梱包緩衝材を生態系へ影響の大きいポリウレタン発泡材からダンボールに変更することで環境負荷への軽減も図りながら、組み立て内容を簡素化することで作業時間を1/4に削減しました。この包装材で、公益社団法人日本包装技術協会が主催する「2018日本パッケージングコンテスト」でジャパンスター賞を受賞。また、世界包装機構(WPO:World Packaging Organisation)主催の「ワールドスターコンテスト2019」でワールドスター賞を受賞しました。

リユース(再利用)

修理交換済み部品を修理用部品にリユース

ダイキンでは、資源の有効活用のためにプリント基板など複数の部品を組み込んだ修理交換済み部品を再利用しています。不具合修繕や消耗部品の交換を実施し、機能確認や動作試験を行って部品品質を確認したうえで、修理用部品としてお客様の了解を得て再利用しています。

リペア(修理)

グローバルな修理体制を強化

製品をより長く使っていただくことは、資源使用量の削減(リデュース)につながります。そこで、ダイキンでは今、世界各国にサービス拠点を設け、修理のご要望をはじめ商品に関する疑問・質問などにも答える体制を強化しています。

国内では、「ダイキンコンタクトセンター」で24時間365日お客様からお問い合わせを受け付け、サービス体制を整えています。今後一層お客様に満足していただけるよう、エンジニア認定制度を導入しサービスエンジニアの技術力向上とサービスマナーの向上に力を注いでいきます。また、お客様からの修理のご依頼に対して、受付対応者が迅速に対応できるように過去の事例や実践的ノウハウ、経験則を言語化し閲覧できるシステムを導入しました。お電話口で必要な情報を伺い、適切に案内することで不必要な訪問を回避し、業務効率化と顧客満足度向上を図っています。

海外では、製品販売国が世界各地に拡大するのに伴い、各国におけるサービス体制の強化を進めています。今後はサービス業務管理システムの導入により、業務の効率化を図るとともに、自社エンジニアや、協力会社の従業員に至るまでサービス品質を見える化し、高品質なサービスの提供に努めていきます。

住宅用エアコンのリサイクル

家電リサイクル法を上回る90%を再資源化

日本の家電リサイクル法では、メーカーは回収した自社製使用済み住宅用エアコンの80%以上を再資源化し、冷媒(フロン)を適正に処理するよう義務付けられています。

2018年度は当社製住宅用エアコン約39万台(回収重量15,990t)を回収、再資源化率は91%、フロン回収量は49万t-CO2でした。

2018年度の住宅用エアコンリサイクル実績(日本)

2018年度の住宅用エアコンリサイクル実績(日本)
CSR・環境
ページの先頭へ