ページの本文へ

  1. トップ
  2. 企業情報
  3. CSR・環境
  4. 環境
  5. 気候変動への対応
  6. ヒートポンプ式暖房・給湯機の普及促進

気候変動への対応

ヒートポンプ式暖房・給湯機の普及促進

気候変動への対応


近年、環境意識の高まりから、省エネ性の高い暖房・給湯機器の普及が進んでいます。特に欧州では、比較的気候が寒冷なことから、家庭でのエネルギー消費の80%以上は暖房給湯が占めており、従来の燃焼暖房からヒートポンプ暖房などのCO2排出がより少ないシステムへの転換が進められています。

ダイキンでは、省エネ性の高いヒートポンプ技術を用いた給湯機や暖房機の開発・普及に取り組み、快適性向上とCO2削減に努めています。

ヒートポンプ技術

化石燃料を燃やす方式に比べて、CO2排出量を2分の1以下に削減

ヒートポンプとは、空気中の熱をくみ上げて空調や給湯を行う技術で、ガスや石油、石炭などの化石燃料を直接燃やす給湯や暖房に比べ、CO2の排出を2分の1以下に削減できます。

ヒートポンプのしくみと効果

ヒートポンプのしくみと効果

関連情報

ヒートポンプ

ヒートポンプ式暖房・給湯機の普及促進

CO2削減に貢献するヒートポンプ式とガス燃焼式の暖房・給湯機を欧州市場で普及

ダイキンでは、省エネ性の高いヒートポンプ技術を用いた給湯機や暖房機の開発・普及に取り組んでいます。

欧州では、1990年代後半から再生可能エネルギーの利用を促進する政策が進められてきました。2009年1月、ヒートポンプも再生可能エネルギー技術に認定され、ヒートポンプ式暖房機器の導入も推奨されています。2019年にロンドンで、2021年にはドイツで、建築物に対してCO2排出量基準にもとづいて課税するしくみが導入され始め、ガスボイラーからヒートポンプへの切り替えが進みつつあります。ダイキンは、欧州暖房市場において製品ラインアップを拡充するとともに、きめ細かな販売活動を推進するなど、世界各地の市場のヒートポンプ化とガス燃焼式の省エネ化を図りCO2削減に貢献していきます。

欧州でのヒートポンプ式・ガス燃焼式暖房・給湯機の普及活動の例

項目 活動内容・実績
ヒートポンプ式暖房・給湯機「ダイキンアルテルマ」 欧州市場向けに開発(2006年)、その後、随時、機種を拡充
極寒の地域向けにヒートポンプとボイラーを組み合わせたハイブリッド型製品を開発(2014年)
小容量ハイブリッド4kW機、および地熱を利用した給湯・暖房機を開発し、大手ハウスビルダーや自治体、配電公社へ提案
業界に先駆けて低温暖化冷媒であるR32を採用したモデルを発売(2018年)
トップシェアを奪還(2019年)
冷媒配管接続工事がない「モノブロック」の大容量クラスでR32化を実施(2020年11月)
現場での配管施工を簡単にする「水配管キット」を発売(2020年5月にフランスで発売、2021年7月にEU域内で販売開始)
省エネ性の高いガス燃焼式暖房機 省エネ機種の選択肢を広げる目的で、2014年度から開発に注力
ニーズに応じた省エネ機種への転換促進

用途や規模に合わせた最適な省エネ機種への転換を提案

  • 環境負荷の大きい暖房機はヒートポンプ式に
  • 中程度のものはヒートポンプとガス燃焼を自動で選択するハイブリッド式に
  • 環境負荷が小さいものは省エネ性の高いガス燃焼式に
欧州の複数の気候条件や市場ニーズに合わせた製品ラインアップ拡充 既築市場のオイルボイラ―の置き換えが可能なR32高温出湯タイプ、寒冷地に適したR32地中熱源タイプの開発(2019年度)
実験施設「ダイキン旭川ラボ」(北海道旭川市)での活動 世界中の寒冷地に対応する省エネかつ快適な新しい暖房・給湯システムの開発(2013年12月開始)

ハイブリッドアルテルマ

外気温が著しく下がるとガス燃焼式運転に切り替わるなど、最も効率的・経済的な方法を自動的に選択する「ハイブリッドアルテルマ」を欧州で販売しています。ガス燃焼式運転に比べ35%以上のCO2排出量を削減します。

2019年度に、既設のボイラーへ「ハイブリッドアルテルマ」を用いて屋外ヒートポンプユニットを後付けできるシステムを発売しました。既存設備を生かして省エネルギーを可能にします。

ハイブリッドアルテルマ

日本国内で家庭用給湯機や床暖房などを普及

国内において、給湯は家庭の電力消費の4分の1以上を占めており、地球温暖化を抑制するため環境負荷の少ないシステムへの転換が求められています。

ダイキンでは、ヒートポンプ技術を家庭用エコキュートやヒートポンプ式温水床暖房「ホッとエコフロア」などに搭載しています。最新式のエコキュートでは水配管内の形状で撹拌を促進する高効率水熱交換器、独自形状のワッフルガイドフィン採用の空気熱交換器で伝熱性能を向上させることで年間消費電力量を約23%削減しました。
また、2018年度には、家庭で使うエネルギーを節約するための管理システムHEMSと通信可能な家庭用給湯機を発売し、再生可能エネルギーの利用や、新築ZEH住宅での太陽光発電の余剰電力利用推進が可能になりました。

このように、新しい製品は最新技術によって従来に比べて省エネ性が大きく向上していますが、既設機においても省エネ性を向上できれば、市場全体で大幅な消費エネルギー削減が図れると考え、「更新用熱源ユニット」を商品化。高い省エネ性や、システム更新に比べて、導入費用を低減、工事期間を短縮することが可能となることが評価され、平成29年度省エネ大賞「省エネルギーセンター会長賞」を受賞しました。

省エネ大賞

大型ヒートポンプ給湯システム「MEGA・Q(メガキュー)」などを国内の業務用市場に普及

国内では、業務用機器市場向けにも、省エネ性の高いヒートポンプ技術を用いた給湯機や暖房機の販売展開に取り組んでいます。

ホテル・福祉施設などの中・大規模施設を対象に、2009年4月より販売している大型業務用ヒートポンプ給湯システム「MEGA・Q(メガキュー)」のモデルチェンジを行い、2012年11月より新モデルを販売しています。新モデルは、燃焼式給湯機に比べてCO2排出量を年間約6割、ランニングコストを約6割削減することが可能です。また、日によって給湯量にばらつきのある病院やゴルフ場などに対して、ベースはMEGA・Qが給湯し、ピーク時にはボイラーに切り替え運転ができるハイブリッド給湯システムを提案しています。さらに今後は、従来の業務用途以外に環境対応が必要な工場のプロセス用途への展開も図っていきます。

大型業務用ヒートポンプ給湯システム「MEGA・Q(メガキュー)」年間CO2排出量比較

年間CO2排出量約6割削減

CSR・環境
ページの先頭へ