ページの本文へ

人材

人材育成

基本的な考え方

ダイキンは「一人ひとりの成長の総和がグループ発展の基盤」であるという考え方を企業理念の一つとして掲げ、「人は仕事の経験を通じて成長する」と考えています。一人ひとりの適性を見極めて仕事を任せてチャレンジさせるOJT※1での人材育成を基本にし、グローバル事業の第一線で活躍できる経営幹部層を育成する「ダイキン経営幹部塾」、若手をグローバル人材として育成する「海外拠点実践研修」、AI分野の技術開発などを担う人材を育成する社内講座「ダイキン情報技術大学」など、Off-JT※2も含めた育成の機会の充実を図っています。また、語学研修、通信教育などの受講を支援し、自主的に学ぶ機会を提供しています。

2015年度からは、グループ経営や海外拠点の経営を任せられる外国人経営幹部の育成策として、「グローバル経営幹部塾」を開催しています。次代の幹部候補を含めた幹部人材に対して、ダイキンの企業文化や独自のマネジメントの考え方を学ぶための研修プログラムとなっています。

※1
実際の仕事を通じて、仕事に必要な知識・技術・技能・姿勢などを修得させる手法。
※2
知識や技術を得るため、仕事の場を離れて学習させる手法。

教育施策

グローバルに活躍できる人材を育成

グローバルな事業展開を背景に、異なる価値観を持つ人々を一つの方向にまとめるリーダーシップとマネジメント能力を持つ人材を育成することが重要であると考えています。
そこでダイキンは、下記施設などで、さまざまな研修を行っています。

今後、グローバルな採用力の強化、国・地域を越えた人材の配置、競争力ある評価・処遇制度の構築など、人材力の強化を加速する人事制度の構築や、部門・拠点間のコミュニケーションの促進など図っていきます。

主な研修施設

グローバル研修所
「ダイキンアレス青谷」
2008年5月、鳥取県に設立。
2018年には「技能・技術・サービスエンジニア研修機能」を備えた施設を増築。
グローバルに活躍する人材を育成するため、幹部研修、技術・技能研修、合宿研修等、多様な活用をしています。
セミナーハウス
「オー・ド・シエル蓼科」
人材力強化に向けたグループ全体の研修ニーズに対応するため、2014年6月、長野県のダイキン工業の従業員保養施設に研修所を増築。合宿や研修の場として利用。
グローバル研修所「ダイキンアレス青谷」

グローバル研修所
「ダイキンアレス青谷」

セミナーハウス「オー・ド・シエル蓼科」

セミナーハウス
「オー・ド・シエル蓼科」

教育体系図

教育体系図

主な研修プログラム

新人社員研修 毎年、グローバル研修所「ダイキンアレス青谷」で、5泊6日の新入社員合宿研修を実施しています。
2020年度は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、合宿研修自体は中止としました。
一方で、導入教育では、出社・集合での研修と、ITツールを活用した在宅・オンラインでの研修をミックスしました。6月には、入社式および感染防止策を講じての集合研修や、メーカーの原点を学ぶ工場研修も実施しました。
また、新たな取り組みとして、ITツールを活用し、先輩社員が新入社員一人ひとりをサポートする取り組み「Feel the Connection」を行いました。「会社」「人」とのつながりを感じてもらうことを目的として、先輩社員が新入社員一人ひとりの不安や疑問などに応えるとともに、職場の雰囲気や、仕事への向き合い方などについて対話を重ねました。
海外拠点実践研修 将来、グローバルに通用する人材を育成するため、若手メンバーを対象に、海外に1年から最大2年間派遣する研修を実施。
通常の海外出向とは異なり、現地の販売代理店・取引先、事業提携先、大学などにおいて実践的なテーマを持ち、既成概念に捉われないチャレンジ精神と異文化のなかでのコミュニケーション能力を身に付けることが目的です。
1999年度からの累計派遣人数は318人になりました。
海外人材対象の「グローバル・トレーニング・プログラム」 2015年度から、海外の若手従業員を研修生として日本に受け入れる「グローバル・トレーニング・プログラム」を開始。ダイキン工業本体での研修を通じて、技術・品質・生産技術などへの理解を深め、今後の各国・各事業での業務に役立ててもらうことが目的です。
2015年度から2019年度までの累計研修生人数は33人となりました。
国内留学 技術力の向上、MBAの取得、視野の拡大、幅広い人脈の構築などを目的に、国内の大学に若手従業員を派遣し、その育成に努めています。
2020年度は、豊田工業大学に6人の従業員を派遣しています。
ダイキン経営幹部塾・グローバル経営幹部塾 ダイキン経営幹部塾はダイキン工業の幹部候補者層を対象に、グローバル経営幹部塾は海外拠点の幹部層(外国人)を対象にした、次世代経営者育成のための研修です。グループ経営理念や「人を基軸におく経営」にもとづくリーダーシップを発揮して、グループ全体最適の視点で経営・事業をリードする幹部の育成をめざしています。
2020年度までの累計受講者数は、ダイキン経営幹部塾253人、グローバル経営幹部塾191人となりました。
グローバル経営幹部塾

グローバル経営幹部塾

モノづくり人材育成

海外へ技能を伝承する卓越技能者および高度熟練技能者の育成に注力

ダイキンはモノづくりの基本となる技能を伝承する人材の育成にも取り組んでいます。ダイキンは、高い技能と知識、指導力を持つ「卓越技能者および高度熟練技能者」を生産に携わる従業員のうちグローバルで4人に1人にするという目標を掲げており、国内では2020年度の認定者数は3.3人に1人でした。海外での事業拡大に伴い、グローバルでの育成も強化しています。

ダイキン工業は「卓越技能伝承制度」を設け、モノづくりのベースとなる熟練技能を次世代に継承していく取り組みを続けています。
空調部門では、ろう付け、旋盤加工、板金加工、アーク溶接、金型製作、治工具仕上げに関する卓越技能者を「マイスター」として認定しています。
化学部門では、卓越技能者を「エキスパート」に認定しています。これらの「マイスター」「エキスパート」は、国内外の拠点で、その卓越した技能を伝承し、技能者・指導者の育成にあたっています。

2010年4月には、製造支援を担う人材の不足を補うために、将来の「マイスター」「エキスパート」候補人材を育成する制度として「トレーナー制度」を新設しました。
2017年には、化学部門として、化学オペレーショントレーナを追加しました。 これら「マイスター」「エキスパート」「トレーナー」を講師に迎え、国内外の生産拠点から選抜された従業員を対象に、技能研修会を定期的に開催しています。

2020年度末現在で空調部門の「マイスター」は34人、「トレーナー」は130人(国内39人、海外91人)、化学部門の「エキスパート」は10人、「トレーナー」は10人(国内6人、海外拠点4人)が登録されています。

TOPICS

技能オリンピックや技能研修会で技能力を向上

製造現場での技能力向上を目的に、国内外の生産拠点を対象とする「技能オリンピックグローバル大会」を2年ごとに開催しています。組み立て・解体などの実技に加え、作業現場で起こるアクシデントに適切に対処できるかを確認するペーパーテストも行います。

「技能オリンピック」を開催しない年には、次期指導者育成に向けた「技能研修会」を開催しています。「マイスター」「エキスパート」「トレーナー」が講師になり、国内外の生産拠点から選抜された従業員にダイキン流「人づくり・モノづくり」を伝授します。

2020年度はコロナ禍のため、技能オリンピックは中止となりましたが、堺・滋賀・淀川の各製作所でミニ競技大会、海外では各拠点で技能大会を開催しました。 空調部門からは、国内の生産拠点から13人、海外からは13人の従業員が参加しました。化学部門からは国内の生産拠点から3人、海外からは2人が参加し、シミュレータによる化学工学(蒸留、物質収支、熱収支)の基礎を学びました。

また、海外のグループ会社やエリアごとに技術コンペを開催し、拠点ごとの技能伝承の進捗状況や課題、目標を共有しながら、グループ全体で高い技能を有する人材育成に努めています。

技能オリンピック

技能オリンピック

AI分野の人材育成

ダイキン情報技術大学

ダイキン情報技術大学は、産業構造や社会構造の大きな変革期に対応するために、「デジタル人材」の育成のために設立した機関です。
大阪大学を中心とした教育機関、先端研究機関などの講師を招いて、数学などの基礎知識からプログラミング、機械学習やAI応用まで幅広い教育を行っています。
管理職、既存社員、新入社員それぞれの育成を加速し、2021年度末に1,000人、2023年度末に1,500人のデジタル人材育成を目標に取り組みを進めています。
2020年4月には2年間の教育を修了した1期生が各部門に配属され、デジタル技術を核とした、新たな事業創出テーマ、業務プロセスの効率化テーマに取り組み始めています。

専門性を有し、考え実行し、関係者を巻き込んでいくことができ、デジタル技術、AI技術を駆使できるイノベータ人材

取り組み内容

講座名 目的 講座内容
新入社員向けデジタル人材育成講座 空調・化学などの技術がわかるダイキン独自のデジタル人材の育成 【1年目】
AI知識講座(大阪大学によるAI技術の活用講座)、実データ分析AI演習、IoT知識講座、事業部知識・ビジネスモデル講義 ほか
【2年目】
PBL(現場データを活用したプロジェクトベースの演習)
AI技術開発講座 AIの技術手法の開発や、AI開発を外部に委託・発注できる人材の育成
  • AI知識講座(大阪大学によるAI技術の活用講座)
  • PBL(現場データを活用したプロジェクトベースの演習)
システム開発講座 AIを既存システムに導入するために必要なシステムの開発、システム開発を外部に委託・発注できる人材の育成
  • システム開発プロジェクトマネージメント研修
  • 実践(社内データを利用したシステム開発演習)
管理職向けAI活用講座 データ活用戦略の中核を担う管理職・リーダーの育成
  • データ活用基礎(AI知識、AI業務知識の研修)
  • データ活用実践(AIテーマ企画・実践の研修)

若手技術者・技能者の育成

社内留学制度でベテラン従業員の技術・技能を伝承

ダイキン工業では、1994年から生産現場の改善活動に取り組むベテラン層で構成する「カイゼンチーム」に、生産部門の若手従業員を「社内留学」させる取り組みを続けています。

各部門での取り組み

  目的
空調部門

4~6カ月の留学期間中、若手従業員1人に2~3人のベテラン従業員がついて指導にあたり、電気回路設計などの座学をはじめ、板金加工、アーク溶接、回路の応用など、その年のテーマに応じた実習を実施。製造現場で改善保全を素早く実行できる人材を育成

<社内留学の経験者数(2020年度までののべ人数)>

  • 堺製作所:のべ183人
  • 滋賀製作所:のべ134人
化学部門 基本動作や化学プラントの異常・変調を察知する技能を習得し、化学プラントのSQCDEを向上し続ける人材を育成
Safety(安全)、Quality(品質)、Cost(原価)、Delivery(工期)、Environment(環境)

サービスエンジニアの育成

サービス品質向上のために必要な知識・技能教育体系を整えています

ダイキンでは、製品の保守・メンテナンスを行うサービスエンジニアの育成に取り組んでいます。サービスエンジニアに対して、空調サービス品質の基礎研修のほか、各階層や職種別にさまざまな研修や資格取得教育を実施しています。

技術系学生の育成

新興国の技術系学生の育成や就業を支援

ダイキンは、空調を普及するうえで欠かせない技術者の育成のため、特に新興国の技術系学生の育成や就業支援に取り組んでいます。

CSR・環境
ページの先頭へ