ダイキン工業株式会社

CSR・環境への取り組み > コーポレート・ガバナンストップ

基盤的CSR

コーポレート・ガバナンス

Why?なぜ重要か

企業の不祥事が問題となるたびに、経営のチェック機能としてのコーポレート・ガバナンスの重要性が叫ばれます。

コーポレート・ガバナンスを強化していくことは、企業リスクの回避や不祥事防止だけでなく、企業の収益性や中長期的な企業価値の向上と、持続的な成長を支えます。ひいては、すべてのステークホルダーの利益を守ることはもちろん、創出した価値を社会に還元することで、経済の好循環を生み出すことにもつながるのです。

DAIKIN’S POLICY

ダイキン工業は、取締役がスピーディで戦略的な意思決定と健全で適切な監督により経営全般に対して連帯して責任を果たす経営責任と、業務執行責任の両面を担う「一体型運営」により経営のスピードアップを図っています。

監査役会設置会社として監査の実効性を確保する体制を整備し、取締役会のもとにCSR委員会、企業倫理・リスクマネジメント委員会などを設置。持続可能な成長の基盤となる企業統治を強化しています。

ページ上部へ戻る