ダイキン工業株式会社

2015年度:人材

急激に増加した海外生産、そして海外従業員―全世界で高品質な製品づくりのために日本の技能を海外拠点に伝承する

DAIKIN’S APPROACH

海外生産が急増する中で、 技能伝承のグローバル体制を整備

技能伝承のグローバル体制

技能伝承のグローバル体制

モノづくりのベースとなる技能――ろう付け、旋盤加工、板金加工、アーク溶接、金型製作、治工具仕上げなどは、エアコンを製造するための原点であり、生産ラインが自働化されても、人の手で行えるよう伝承していかなければなりません。技能の伝承を通じて技能者が自らの仕事に情熱や誇りを持ち、自主的に品質改善へ取り組むことが、継続的な品質向上につながるからです。ダイキンは、秀でた基本技能を持ち、またそれらを指導できる技能者の育成に力を入れています。

日本では2000年代、高い技能を持つ「団塊の世代」が一斉退職するのを受け、ダイキン固有の技能をいかに継承するかが課題になりました。また、海外の生産拠点が急激に増加する中、各地域・各拠点で技能者の育成が急がれていました。

そこで全社的な技能伝承委員会を発足。卓越した技能者を「マイスター」に、その候補者を「トレーナー」に認定し、国内外で技能者の育成にあたる仕組みを整えました。2013年以降、海外4地域でも技能伝承委員会を設立し、日本と同じようにマイスター・トレーナーが技能を指導する環境を整備するなど、各地域内での自立的な技能伝承をめざしています。

ページ上部へ戻る

DAIKIN’S PERFORMANCE

技能の伝道師「マイスター制度」をグローバルに広げる

トレーナーがマイスターに認定されるには、高い技能はもちろん、優れた指導力が必須です。国内にあるグローバル研修所「ダイキンアレス青谷」では、マイスターが直接トレーナーを指導する16週間の研修を実施。指導の理論や技能の基礎知識を学ぶとともに、実習を通じて、相手にわかりやすく伝える指導力や、製造工程の問題を解決する改善提案力を身に付けます。自らの知識を惜しみなく伝えるマイスターの姿を目の当たりにすることは、トレーナーの、ダイキンの技能者としての誇りや情熱、後進を指導することへの意欲を高めることにつながっています。

例えば、ろう付けの優れた技能を持つダイキンヨーロッパ社のベルギー人トレーナーは、自工場の技能者の指導方法を改善し、品質向上に貢献。ろう付け不良率を1/3に低減させた成果と、他拠点や取引先の技能者にも指導してきた経験から、2015年度に初の外国人マイスターに認定されました。これは欧州地域での技能伝承において自立化の一歩であり、後進の技能者にとってもマイスター認定に対するモチベーション向上につながっています。

卓越技能者の育成体系

卓越技能者の育成体系

ページ上部へ戻る

海外拠点における技能の「自立」の核としてマイスターを育成する

「技能オリンピック」の上位入賞者の6割以上が海外の技能者に

「第6回技能オリンピック(2014年度)」での入賞者のうち64% が海外拠点からの参加者

技能伝承のもう一つの柱が「技能オリンピック」です。技能者が互いに身に付けた技能を競い合い、高め合うもので、2004年から2年に1回開催。優れた成績を残した技能者がトレーナー候補となっています。

参加拠点数は年々増え、海外参加者の上位入賞率も向上しています。2014年10月に開催した第6回大会には、13カ国28拠点から各拠点の予選を勝ち抜いた145名(うち海外70名)が参加。上位入賞者33名のうち、64%にあたる21名が海外拠点からの参加者でした。こうした評価の場があることは、モチベーションの向上とともに、海外技能者の定着にもつながっており、技能が社外に流失することも防いでいます。

技能オリンピックグローバル大会

技能オリンピックグローバル大会

技能オリンピックグローバル大会

ページ上部へ戻る

NEXT CHALLENGE

海外各拠点で「マイスター」の早期育成をめざす

今後は海外各地域の技能伝承委員会を主体に、技能伝承の主体となるマイスターの早期育成をめざし、「技能」「指導力」「改善提案力」を身に付けた技能者を、各拠点内で自立的に育成できる体制づくりをさらに進めていきます。技能と意欲を高めることで、世界中どこでもダイキン品質を確保し、グローバルな競争に勝ち続ける企業グループをめざします。

これからも私の夢と技能を世界中の若い技能者へ伝えていきます

マイスターとして、若い世代の方々に、自身の経験を共有し、技能を指導できることは、光栄であり喜びを感じています。私は指導するとき、次の3つを伝えています。「誇りと忠誠心を持つこと」「夢を持ち続けること」「情熱とこだわりを持って挑戦すること」。今後も私の夢と技能を、世界中に伝えていきたいと考えています。

ダイキンヨーロッパ社 Marc Bertens

ダイキン
ヨーロッパ社
Marc Bertens

ページ上部へ戻る