ダイキン工業株式会社

CSR・環境への取り組み > 環境 > 環境基本方針と環境行動計画

環境

環境基本方針と環境行動計画

グループ環境基本方針

環境理念

環境社会をリードする

地球環境への積極的な対応は、さまざまな事業を展開する私たちの使命であり、これを優先して経営に組み込んでいきます。

商品開発、生産、販売など経営全般にわたり、あらゆる地球環境の維持向上活動を展開するとともに、より良い環境社会を実現するための商品開発や技術革新を推進します。

「環境対応は重要な経営資源」と捉え、環境対応と企業経営を融合し、環境対応の実践が、外部からの信頼の獲得や事業の拡大、さらには業績の向上につながるという「環境経営」の先進企業であり続けます。そして良き地球市民として、快適な地球環境をつくりあげる活動の一翼を担います。

行動指針

  1. グループ全員が環境問題への知識を深め、社会全体とのかかわりに責任を持って行動する。
  2. グループで「環境経営」を積極的、かつ効率的に実践するために、環境マネジメントシステムを構築し、その徹底とさらなる向上をはかる。
  3. 商品開発、生産、販売、物流、サービス、リサイクルなど事業全般にわたって環境活動を展開する。特に、地球環境の維持向上に貢献できる商品開発や技術革新、さらには環境ビジネス展開で社会をリードする。
  4. グローバルに整合した施策を展開するとともに、国や地域の特性に応じた環境対策を推進する。さらに、関連企業や外部の組織・機関との連携、協業を積極的に進める。
  5. 環境に関する情報を正直かつ公平に開示する。また、社内外の意見に率直に耳を傾け、環境保全活動の継続的な改善に活かす。

ダイキンの環境シンボルマーク

ひとりひとりに、グリーンハート

2002年2月、当社の環境シンボルマークを策定しました。環境保全活動は一人ひとりの小さな行動の積み重ねの総和が大きな成果をあげていくものです。従業員一人ひとりがグリーンハート(=地球を思いやり、環境を大切にする心)を持って行動するという決意を、緑のハート型の地球で表現しました。

ページ上部へ戻る

環境行動計画2015

ダイキングループでは、環境保全を重要な経営課題の一つとしています。戦略経営計画に基づき、環境行動計画を策定、「地球環境への積極的な貢献と事業拡大の両立」をめざし取り組んでいます。

2015年度を目標年度とした環境行動計画2015では、「環境調和型製品の提供」「環境に配慮した工場・オフィス」「ステークホルダーとの環境協働」の3項目で取り組んできました。

「環境調和型製品の提供」では、新興国で省エネインバータ機の普及拡大によりCO2排出量を2,993万t-CO2抑制することができたと算出。それに加えて、先進国での省エネ機器や低温暖化冷媒R32の普及で487万t-CO2の排出抑制に貢献できたと試算しており、2015年度は、3,480万t-CO2の排出抑制に貢献しました。

「環境に配慮した工場・オフィス」では、温室効果ガス排出量2005年度414万t-CO2の1/3(67%削減)という目標に対し126万t-CO2の排出量で70%削減となり、目標を達成できました。

「ステークホルダーとの環境協働」では、21拠点で生物多様性の保全活動などを継続し、従業員の環境意識を高め地域とのつながりを深めることができました。

2016年度からは、2020年戦略経営計画「FUSION20」に基づいた環境行動計画2020がスタートします。新興国でのインバータ普及だけでなく、低温暖化冷媒と先進国での省エネ機器普及での貢献も目標に加え、製品を通じて6000万t-CO2の温暖化影響抑制をめざします。

環境行動計画2015

行動目標 2015年度目標値 2015年度実績 自己評価
環境調和型製品の提供 お客様の省エネに貢献する商品を世界中で提供します

省エネエアコンの普及拡大による
CO2排出削減

次世代冷媒の開発

ヒートポンプ式暖房機の普及拡大
省エネソリューション事業の展開

インバータ機の普及拡大により、新興国のCO2排出抑制貢献量3,000万t-CO2

R32エアコンの普及

非インバータ機の使用によるCO2排出量をベースラインとし、当社 が販売した省エネインバータ機によるCO2抑制量を推計。排出抑制 貢献量は年間抑制量×稼働年数で推定。

CO2排出抑制貢献量 2,993万t-CO2

第三者レビュー対象

48カ国で650万台販売

評価3
環境に配慮した工場・オフィス 生産活動等での環境負荷を最少化します
温室効果ガス CO2排出量を削減 2005年度比2015年度1/3に
(67%削減)
70%削減 評価3
日本 エネルギー起因CO2を2005年度比原単位20%削減 23%削減 評価3
海外 エネルギー起因CO2を2010年度比原単位10%削減 3%増加 評価1
排出物 資源を有効活用し、
総排出物量を削減
日本 機械系:2010年度比原単位5%削減 9%削減 評価3
化学系:2010年度比原単位10%削減 19%削減 評価3
海外 2010年度比原単位10%削減 3%削減 評価1
使用量を削減 日本 2010年度比原単位5%削減 4%削減 評価2
海外 各拠点2010年度比原単位10%削減 18%削減 評価3
化学物質 環境負荷物質の
排出削減
日本 PRTR法対象物質排出量を2010年度比15%削減 23%削減 評価3
VOC対象物質排出量を2010年度比20%削減 19%削減 評価2
海外 VOC対象物質排出量を2010年度比原単位10%削減 19%削減 評価3
グリーンハート
ファクトリー
環境先進工場の実現 主要生産拠点をスーパーグリーンハートファクトリーに 国内3拠点、
海外4拠点
評価2
すべての生産拠点をグリーンハートファクトリーに 国内5拠点、
海外20拠点
グリーンハート
オフィス
環境先進オフィスの実現 国内主要拠点をグリーンハートオフィスに 国内2拠点 評価1
ステークホルダーとの環境協働 世界中にグリーンハートの輪を広げます
環境社会
貢献活動
地域・自治体・NGO等と
連携し、地域特性に応じた
環境社会貢献活動の実施
世界各拠点で環境社会貢献活動(森林再生・植樹、環境教育、事業所内生物多様性保全)を継続実施 世界21拠点で実施 評価2

自己評価:目標の達成度を3段階で示しています。

評価3:成果を上げました。  評価2:あと一歩で成果につながります。  評価1:努力しています。

ページ上部へ戻る