ダイキン工業株式会社

CSR・環境への取り組み > 環境 > 資源の有効活用 > 廃棄物の削減

資源の有効活用

廃棄物の削減

資源の有効活用 メニューページに戻る

廃棄物の削減

排出量原単位を基準値比5%削減

ダイキングループでは2010年度までは生産工程で発生する廃棄物の100%再資源化に取り組んできました。2011年度からは、出たものを再資源化するのではなく、出るものを減らす取り組みへ方針を変更し、再資源化物も含む、排出物(再資源化物+廃棄物)の削減に取り組んでいます。

2020年度に基準値(2013年度から2015年度の平均)比5%削減を目標として、包装材の削減、不良の撲滅などで排出物の発生抑制に取り組んでいます。2016年度のグループ全体の排出量原単位は基準値に比べ5%削減となりました。

排出物量/生産量あたりの排出物量原単位

排出物量/生産量あたりの排出物量原単位

環境行動計画2020の策定にあたり、集計対象範囲・算定方法を見直したため、過年度の数値を遡って修正しました。
旧集計対象範囲・算定方法による過去5年間の実績はこちら

ページ上部へ戻る

ダイキンのサステナビリティ

CSRと経営戦略

活動ハイライト

価値創造のCSR

環境

新価値創造

顧客満足

人材

基盤的CSR

コーポレート・ガバナンス

人権の尊重

サプライチェーン・
マネジメント

ステークホルダー・
エンゲージメント

地域社会

サステナビリティレポート

サイトレポート

社会からの評価

データ集

ガイドライン対照表

FAQ