ページの本文へ

トップ > 企業情報 > CSR・環境 > 環境 > 環境マネジメント > 環境リスクマネジメント

環境マネジメント

環境リスクマネジメント

環境マネジメント メニューページに戻る

環境リスクマネジメント

環境に関する法令・規制の順守状況を監査し、是正

ダイキン国内グループでは、全社内部環境監査チームによる定期的な順法監査を年1回実施し、環境に及ぼすリスクの回避に努めています。

各生産事業場・生産子会社では、万一、事故や災害が発生した場合でも環境被害を最小限に抑える体制を整えています。

また、近隣の住民自治会と工場見学などを通して日頃から交流を深め、地域とも連携した緊急時連絡体制を整えています。

2016年度は特別順法監査を実施し、生産系組織の大気や水に関する各施設の順守状況を確認しました。

事故・災害時の環境被害を最小限に抑制

防災訓練(鹿島製作所)防災訓練(鹿島製作所)

油漏えい時の対処方法の体感教育(堺製作所)油漏えい時の対処方法の体感教育(堺製作所)

国内外の生産拠点では、万一、事故や災害が発生した場合でも環境被害を最小限に抑える体制を整えています。化学部門、機械部門ともに、化学物質やオイルなどの漏えい・流出といった緊急時に備え、対応を細かく定めた「防災管理マニュアル」を作成、訓練を定期的に実施しています。

2016年度、国内では、機械部門で納入トラックからの化学物質・オイル漏洩を想定し、初期対応や発生源の特定などを含めた訓練を実施しました。化学部門では、鹿島製作所で有害物質の汚染拡大防止や隊員の身体防護を図るとともに、緊急駆け付け要員を動員し休日の災害発生を想定した訓練に180人が参加。また淀川製作所では年2回の総合防災訓練で、消防との連携やマスコミ対応、夜間訓練など、万一の場合に備えた対応訓練を実施しています。

空調部門では、滋賀製作所で全従業員と協力業者を対象に訓練を実施。堺製作所においては6月の環境月間に油漏えい時の対処方法に関する体感教育を行い、29名が参加しました。

地域とも連携した緊急時の連絡体制を整備

製作所周辺の住民の方々への安全配慮も重要な課題です。特に住宅地に立地する淀川製作所では、リスクアセスメントによって、地域に及ぼす環境リスクの排除に努めています。

またレスポンシブル・ケアの考え方に基づき、行政機関との連携を図るとともに地域住民への情報公開に努めています。近隣の住民自治会と工場見学などを通して日頃から交流を深めるとともに、緊急時にも地域と連携した連絡体制の確立をめざしています。

一方、滋賀製作所では廃棄物・水質・騒音に関するリスクについて体感教育を実施しました。

レスポンシブル・ケア:化学物質を扱う企業が、化学物質の開発から製造、物流、使用、最終消費を経て廃棄に至る全過程で、「環境・安全・健康」を確保し、活動の成果を公表し社会との対話・コミュニケーションを行う活動。

フッ素化学製品のPFOAや、その類縁化合物の製造・使用を2015年に全廃

ダイキン工業は、持続性のある化学物質管理の一環として、PFOA(パーフルオロオクタン酸)や、その類縁化合物の製造・使用、それらを原料とした製品の製造を2015年末で中止しました。

ページ上部へ戻る

環境基準の監視

各生産拠点で公的規制以上の厳しい管理を実施

ダイキングループでは、大気や水質への汚染物質の排出や、騒音・振動の発生について、国の環境基準や自治体の条例の規制値より厳しい自主基準を設けて管理しています。定期的に測定を続けるとともに、それらの排出・発生防止に努めています。

ダイキン工業4生産事業所の環境監視データについてはWEBサイトで公開しています。

ページ上部へ戻る

土壌・地下水汚染への対応

淀川製作所における土壌汚染への対応

淀川製作所では、1999年に敷地の中央部でフッ素や過去に使用していたテトラクロロエチレンとトリクロロエチレンによる土壌地下水汚染が発見されました。その改善策として汚染土壌の封じ込めや地下水の揚水浄化を実施しています。最近では、それらの物質の濃度は低下してきましたが、自然分解して生じるジクロロエチレンの濃度が上がっています。引き続き、地下水の揚水により、敷地境界への汚染を拡散させないように努めます。

また、2013年にはテクノロジー・イノベーションセンターの建設場所の一部で基準値を超えるフッ素や水銀が検出されたため、大阪府から形質変更時要届出区域の指定を受けましたが、2016年10月に汚染土を除去した一部エリアの区域指定が解除されました。

形質変更時要届出区域:土壌汚染対策法に基づく土壌汚染状況調査の結果、基準に不適合だった土地について、健康被害が生ずるおそれがない時に指定されるものです。

鹿島製作所の地下水浄化を継続

鹿島製作所では2000年、地下水に含まれる有機塩素系化合物の濃度が環境基準を超過していることが判明しました。そこで汚染源での土壌の除去・浄化および地下水の揚水・浄化を実施し、その後も敷地外への汚染拡散防止と汚染解消に努めています。

地下水浄化の継続によって、地下水中の汚染物質濃度は低下していますが、基準値以上の箇所が1ヶ所残っています。環境基準値以下となるよう、引き続き対策に努めます。

ページ上部へ戻る

PCBの保管と処分

PCBを含む機器を適切に管理し、処分を計画

有害物質であるPCB(ポリ塩化ビフェニル)を含む機器について、国の基準に従い適切に管理しています。保有品については、日本環境安全事業株式会社(公的処分場)に早期登録を済ませ、同社のPCB処理計画に基づいて処分しています。

PCBを含む機器の処分の状況

製作所と保有品 処分実績
(品目と費用
処分計画
(費用は概算)
2009年度 2011年度 2013年度 2016年度 2017年度以降
滋賀製作所
コンデンサー5台、
蛍光灯安定器126個
  高圧コンデンサー3台
(約180万円)
  コンデンサー2台
(約70万円)
安定器126個
(約500万円)
堺製作所
コンデンサー3台、
安定器7個、
絶縁油36L、
コンデンサー油付着のウエス
コンデンサー2台
(116万円)
    絶縁油36L×2缶、コンデンサー1台、コンデンサー油付着のウエス
(約100万円)
安定器7個
(約100万円)
淀川製作所
トランス12台、
コンデンサー12台、
安定器448台
    コンデンサー12台
(約1,700万円)
  トランス12台
(約3,200万円)、
安定器448個
(約1,500万円)

 費用は概算金額で収集運搬費と処理費を含む。

ページ上部へ戻る

おすすめコンテンツ

ページの先頭へ