ダイキン工業株式会社

CSR・環境への取り組み > 環境 > 環境マネジメント > 環境会計

環境マネジメント

環境会計

環境マネジメント メニューページに戻る

環境会計

2016年度集計結果

2016年度実績は、環境保全コストの総額は241億円(設備投資額35億円、費用額206億円)で、前年に対し93%の実績です。

空調事業に関連する研究開発コストでは、省エネルギーや冷媒に関する技術開発に力を入れています。地球温暖化抑制の重要性が高まる中、温暖化影響が従来の1/3である低温暖化冷媒R32、従来の燃焼式に比べてCO2排出量が半分以下のヒートポンプ式暖房、快適性と省エネ性を両立するインバータ技術など、負荷抑制に貢献する商品開発、技術開発を進めています。

集計方法

環境省の環境会計ガイドライン2005年版に準拠してコストと効果を算定、集計しています。

環境保全コスト

費用額には人件費を含みます。設備投資の減価償却費は含みません。環境以外の目的のあるものについては、当社基準による按分集計を行っています。

環境保全効果

各々の項目の詳細は、関連ページを参照してください。

環境保全対策に伴う効果

環境保全効果および経済効果は、前年度との生産高調整比較による方法で算定しています。

環境保全コストの内訳

環境保全コストの内訳

2015年度、2016年度集計結果

(単位:百万円)

環境保全コスト
分類 主な取り組みの内容 2015年度 2016年度
設備投資額 費用額 設備投資額 費用額
事業エリア内コスト   1,590 5,695 1,682 5,816
1:公害防止コスト 公害防止施設・設備の導入・維持管理
大気・水質・振動・騒音などの測定・分析
665 1,818 857 1,765
2:地球環境保全コスト 省エネ型設備・機器の導入
生産工程からのフロン排出削減・回収
850 772 760 756
3:資源循環コスト 廃棄物減量化・リサイクル、外部委託処理、省資源活動 75 3,105 66 3,255
上・下流コスト 使用済み製品のリサイクル、サービス時や使用済み製品からのフロン回収・処理 8 234 9 231
管理活動コスト 環境担当組織運営、環境教育、情報開示環境マネジメントシステムの構築・維持 19 1,159 21 1,080
研究開発コスト 空調機の環境3課題対応
環境対応フッ素化学製品開発
1,580 11,930 1,747 12,591
社会活動コスト 環境関連団体への支援(人材派遣・寄付等)
地域における環境保全活動
3 188 2 256
環境損傷対応コスト 地下水・土壌汚染の浄化のための費用 0 67 0 64
合 計 3,200 19,272 3,461 20,613
当該期間の設備投資額の総額 112,700 90,300
当該期間の研究開発費の総額 46,100 53,900
環境保全効果
効果の内容 2015年度
効果の値
2016年度
効果の値
事業エリア内コストに対応する効果 1:事業活動に投入する資源に関する効果 エネルギー消費に起因する
CO2排出量の削減
231t-CO2
削減
53,489t-CO2
削減
水使用量の削減 374,313m3 削減 2,710,768m3 増加
2:事業活動から排出する環境負荷及び廃棄物に関する効果 フロン排出量の削減 40t
削減
27t
増加
廃棄物量の削減 2,960t
増加
1,422t
増加
上・下流コストに対応する効果 事業活動から産出する財・サービスに関する効果 家庭用エアコンの回収台数
フロン回収量
容器包装リサイクル量
25万台
160t
132.6t
28万台
175t
133.0t

(単位:百万円)

環境保全対策に伴う経済効果 (実質的効果)
効果の内容 2015年度
金額
2016年度
金額
収益 廃棄物のリサイクル売却収入 2,118 2,105
費用節減 省エネルギーによるエネルギー費の節減 844 901
省資源又はリサイクル活動に伴う廃棄物処理費の節減 1,174 971
ページ上部へ戻る

ダイキンのサステナビリティ

CSRと経営戦略

活動ハイライト

価値創造のCSR

環境

新価値創造

顧客満足

人材

基盤的CSR

コーポレート・ガバナンス

人権の尊重

サプライチェーン・
マネジメント

ステークホルダー・
エンゲージメント

地域社会

サステナビリティレポート

サイトレポート

社会からの評価

データ集

ガイドライン対照表

FAQ