ダイキン工業株式会社

CSR・環境への取り組み > 環境 > 環境活動の歩み

環境

環境活動の歩み

環境活動の歩み

  ダイキングループ全体 空調部門 化学部門
70年代
  • 公害防止管理体制の整備
    公害防止対策委員会
    公害防止規程
  • 環境月間スタート
   
80年代
  • 全社環境対策委員会の設置
  • 全社環境管理規程の制定
  • フロン問題対応開始
   
1991    
  • HFCの量産開始
1992
  • 環境担当役員・地球環境室設置
   
1993
  • 「地球環境保全に関する行動原則」の制定
  • 環境行動計画の制定
   
1994
  • 環境マネジメントシステム構築開始
   
1995
  • 環境監査の開始
  • HFC冷媒チラー発売
  • 空調懇話会開始
  • CFCの生産全廃
1996
  • ダイキン工業全国内生産事業場でISO14001の認証取得
   
1997
  • 海外生産事業場でのISO14001認証取得開始
   
1998
  • 環境報告書の発行
  • 業務用超省エネルギーエアコン「スーパーインバーター60」発売
  • HFC冷媒ビル用マルチエアコン、住宅用エアコン発売
 
1999
  • 環境会計の導入、グループ環境会議設置
 
  • フルオロカーボン破壊設備の整備
2000
  • グリーン調達開始
  • HFC冷媒超省エネエアコン「スーパーインバーターZEAS」発売
 
2001
  • 「環境行動計画2005」の制定
  • ダイキン工業国内生産事業場 (機械部門) において、廃棄物のゼロ化達成
  • 海外4つの地域(欧州、米国、中国、アジア・オセアニア)ごとに環境会議設置
   
2002
  • 「グループ環境基本方針」の制定
  • フロン回収破壊事業開始
  • 主要機種のHFC化完了 (日本)
 
2003
  • 国内グループ統合ISO認証取得
   
2004
  • ダイキン工業全国内生産事業場において、廃棄物のゼロ化達成
   
2006
  • 「環境行動計画2010」の制定
  • 欧州市場にヒートポンプ式住宅温水暖房機「アルテルマ」発売
 
2007  
  • 欧州、米国で空調懇話会開催
 
2008
  • 地球環境問題への積極的な貢献と事業拡大に重点をおいた 戦略経営計画「FUSION10」 後半計画を策定
  • 「Re:エアコンプロジェクト」 インドネシアでの森林再生開始
  • 世界初CO2冷媒を用いた ビル用マルチエアコンを発売
  • グローバル(欧州・米国・日本)で空調懇話会開催
 
2009  
  • 中国で空調懇話会開催
 
2010
  • 国内外グループ全体において、温室効果ガス排出削減目標を大きく上回って達成
  • アジア・オセアニアで空調懇話会開催
 
2011
  • 「環境行動計画2015」の制定
   
  • 知床での自然環境保全活動を開始
   
2012  
  • 世界初、新冷媒R32を採用した家庭用エアコン「うるさら7」を発売
 
2013  
  • 世界初、新冷媒R32を採用した業務用エアコン「FIVE STAR ZEAS」を発売
 
2014
  • 「空気をはぐくむ森」プロジェクトを開始
  • 新興国向け冷房専用インバータエアコン発売
 
2015
  • R32冷媒を用いたエアコンの製造・販売に関わる延べ93件の基本的な特許を全世界で無償開放
  • 冷媒の環境課題に対する方針をまとめた「ダイキン冷媒ポリシーペーパー」を発行
   
ページ上部へ戻る

ダイキンのサステナビリティ

CSRと経営戦略

活動ハイライト

価値創造のCSR

環境

新価値創造

顧客満足

人材

基盤的CSR

コーポレート・ガバナンス

人権の尊重

サプライチェーン・
マネジメント

ステークホルダー・
エンゲージメント

地域社会

サステナビリティレポート

サイトレポート

社会からの評価

データ集

ガイドライン対照表

FAQ