ダイキン工業株式会社

CSR・環境への取り組み > 環境 > エコ・ファースト企業認定

環境

エコ・ファースト企業認定

ダイキン工業は、環境省の「エコ・ファースト制度」において、「エコ・ファースト企業」の認定を受けています

エコ・ファースト・マークエコ・ファースト・マーク

ダイキン工業株式会社は、環境省が2008年4月に創設した「エコ・ファースト制度」において、当社の地球環境保全の取り組み目標を掲げた「エコ・ファーストの約束」を宣言し、2008年11月11日に環境大臣に認証を受けました。空調業界では初めて「エコ・ファースト・マーク」の使用が認定されました。

「エコ・ファースト制度」とは、業界のトップランナー企業の環境保全に関する行動をさらに促進していくため、企業が環境大臣に対し、京都議定書の目標達成に向けた地球温暖化対策など、自らの環境保全に関する取り組みを約束する制度のことです。

当社は、空調機器とその冷媒であるフルオロカーボンを開発・生産する世界唯一のメーカーとして、地球温暖化防止への取り組みを最重要課題と捉えています。地球環境問題への積極的な貢献とそれをチャンスとした事業拡大の両面に重点を置き、環境戦略テーマを策定し、温室効果ガスの排出削減や、地球温暖化防止に貢献する商品の開発および普及に取り組んでいます。

2012年3月には「エコ・ファーストの約束」を更新し、空調で培ってきたインバータ技術やヒートポンプ技術などの環境技術を駆使した積極的な事業展開で、地球環境問題への貢献と企業成長の両立をめざします。

ページ上部へ戻る

エコ・ファースト推進協議会

ダイキン工業は、エコ・ファースト認定企業40社の「エコ・ファースト推進協議会」に加盟し、参加各社と連携して「エコ・ファーストの約束」の確実な実践と、環境保全活動の推進をめざしています。

【活動の主な内容】

(1) 参加企業によるエコ・ファーストの約束の取り組みの強化
(2) 参加企業と環境行政との連携の強化
(3) 参加企業間の連携強化
(4) エコ・ファースト企業共通の広報活動の展開
(5) その他協議会の目的に適う事業の推進

ページ上部へ戻る

ダイキングループ「エコ・ファーストの約束」

1. 事業活動に伴う温室効果ガスの排出削減を推進します。

  • 生産時の温室効果ガス(CO2、HFC、PFC)のグループ総排出量(国外分も含む)を、2015年度までにCO2換算で、2005年度比で1/3にすることを目指します。国内外の工場において、フロン類の回収、除去などオフガス対策をさらに進めることで、排出削減を図ります。

2. 地球温暖化防止に貢献する商品の開発及び普及を推進します。

  • 消費電力削減効果の高いインバータ商品の全世界への普及を促進します。
    • 中国での家庭用空調機市場においてインバータ機の投入を加速し、2015年度には50%の普及につながるよう活動を推進します。
    • 大型空調機市場においても、高効率空冷ヒートポンプチラーや大容量ターボ冷凍機などのインバータ搭載高効率機を展開します。
  • 既存の燃焼式よりもエネルギー効率の高いヒートポンプ式暖房・給湯商品を、各地域の特性に合わせて開発、普及させます。
  • 自然冷媒(CO2)給湯機、コンビニ用空調・冷蔵・冷凍一体システムなどのヒートポンプ商品の普及を促進します。
  • 空調設備遠隔監視システムの活用による省エネソリューション事業をグローバルに展開します。
  • 太陽電池など再生可能エネルギー利用機器に使用されるフィルム材料や建造物に塗布し空調電力の省エネに寄与する遮熱塗料などフッ素化学製品の普及を促進します。
  • 環境性能、安全性、効率をトータルに考えて、温暖化係数がこれまでの1/3である冷媒HFC32を使用した空調機をグローバルに展開します。

3. 冷媒回収・破壊の推進により、生産時から廃棄時に至るまで冷媒漏洩を極小化します。

  • 国内のお客様からの依頼によるフルオロカーボン回収を24時間・365日体制で受け付け、破壊処理施設で確実に処理します。
  • 冷媒フロン類の使用時の排出対策を強化するため、業務用空調機について使用機器の把握漏洩未然防止のための点検、冷媒補充の履歴管理等を進めます。

4. 化学物質の管理を徹底し、排出量を削減します。

  • 日本国内におけるPRTR対象物質は、回収の能力向上や対象物質を使用しない工程を採用することで、一層の排出削減に努めます。
  • 国内でフッ素化学製品の製造等に使用していたPFOA(パーフルオロオクタン酸)を、2012年度までに全廃します。

5. 地球の未来を担う子どもたちに、持続可能な社会を考える手がかりとなる学びの場を提供します。

  • 持続可能な社会を考える環境教育プログラムを作成し、全国の小学校に無償で提供します。
  • 工場見学や営業イベント、WEBサイトなどさまざまな場面で、子どもたちが持続可能な社会を考える学びの場を提供します。
ページ上部へ戻る