ダイキン工業株式会社

CSR・環境への取り組み > 環境 > エコ・ファースト企業認定

環境

エコ・ファースト企業認定

ダイキン工業は、環境省の「エコ・ファースト制度」において、「エコ・ファースト企業」の認定を受けています

エコ・ファースト・マークエコ・ファースト・マーク

ダイキン工業株式会社は、環境省が2008年4月に創設した「エコ・ファースト制度」において、当社の地球環境保全の取り組み目標を掲げた「エコ・ファーストの約束」を宣言し、2008年11月11日に環境大臣に認証を受けました。空調業界では初めて「エコ・ファースト・マーク」の使用が認定されました。

「エコ・ファースト制度」とは、業界のトップランナー企業の環境保全に関する行動をさらに促進していくため、企業が環境大臣に対し、京都議定書の目標達成に向けた地球温暖化対策など、自らの環境保全に関する取り組みを約束する制度のことです。

ダイキングループは、世界で唯一空調機と冷媒の両方を手掛けるメーカーとして、地球温暖化抑制への取り組みを最重要課題と捉えています。強みとする省エネルギー技術を用いて以下の取り組みを行い、気候変動への影響緩和につとめていきます。

2012年3月と2017年2月には「エコ・ファーストの約束」を更新し、空調で培ってきたインバータ技術やヒートポンプ技術などの環境技術を駆使した積極的な事業展開で、地球環境問題への貢献と企業成長の両立をめざします。

ページ上部へ戻る

エコ・ファースト推進協議会

ダイキン工業は、エコ・ファースト認定企業40社の「エコ・ファースト推進協議会」に加盟し、参加各社と連携して「エコ・ファーストの約束」の確実な実践と、環境保全活動の推進をめざしています。

【活動の主な内容】

(1) 参加企業によるエコ・ファーストの約束の取り組みの強化
(2) 参加企業と環境行政との連携の強化
(3) 参加企業間の連携強化
(4) エコ・ファースト企業共通の広報活動の展開
(5) その他協議会の目的に適う事業の推進

ページ上部へ戻る

ダイキングループ「エコ・ファーストの約束」

1. 地球温暖化抑制に貢献する商品の開発及び普及を推進し、2020年に全世界で6000万t-CO2排出抑制を目指します。

  • 世界中で消費電力削減効果の高いインバータ商品など省エネ製品の普及を促進します。
  • 温暖化係数がこれまでの1/3である冷媒HFC32など、低温暖化冷媒を使用した空調機を世界中で展開します。
  • 冷媒回収・破壊の推進により、生産時から廃棄時に至るまでの冷媒漏えいを極小化します。
  • 燃焼式よりもエネルギー効率の高いヒートポンプ式暖房・給湯機を、各地域の特性に合わせて開発、普及させます。
  • 空調設備遠隔監視システムなどの活用による省エネソリューション事業を世界中で展開し、ビル全体・街全体の省エネに貢献します。

2. 生産活動等での環境負荷を最小化し、2020年に生産時の温室効果ガス(CO2,HFC,PFC) のグループ総排出量を、2005年度比70%削減(350万t-CO2削減) することを目指します。

  • 生産拠点数や生産量が増加するなか、エネルギーの見える化などによるムダの徹底的な排除や、生産工程でのフロン回収の徹底で、グループ全体の温室効果ガス排出量を削減します。
  • 排出物、水使用量、化学物質の管理を徹底し、排出量を削減します。

3. ステークホルダーと連携し、生物多様性保全活動を実施。
地球を思いやり、環境を大切にするグリーンハートの輪を広げます。

  • NGOと連携した世界7ヶ所での森林保全「“空気をはぐくむ森”プロジェクト」を2014年から2024年までの10年間行い、1,100万ヘクタールの森林を保全し、700万t-CO2排出抑制に貢献します。
  • 従業員が主体となり、世界の各拠点でグリーンハートファクトリー・オフィス活動を展開。省エネなどの環境負荷を最少化させる取り組みに加えて、事業所内での生物多様性活動や、地域と連携した環境社会貢献活動を行い、従業員の環境意識を向上します。
  • 小学生に環境教育プログラムを無償提供し、持続可能な社会を考える学びの場を提供します。
ページ上部へ戻る

ダイキンのサステナビリティ

CSRと経営戦略

活動ハイライト

価値創造のCSR

環境

新価値創造

顧客満足

人材

基盤的CSR

コーポレート・ガバナンス

人権の尊重

サプライチェーン・
マネジメント

ステークホルダー・
エンゲージメント

地域社会

サステナビリティレポート

サイトレポート

社会からの評価

データ集

ガイドライン対照表

FAQ