ダイキン工業株式会社

気候変動への対応

冷媒の環境負荷低減

冷媒の環境負荷低減

多様な次世代冷媒の実用化を推進

空調機器には、室内機と室外機の間で熱を運ぶための「冷媒」が使われています。現在先進国で主力冷媒であるHFCは、オゾン層破壊係数はゼロですが、大気に排出されると地球温暖化に影響します。

ダイキングループでは、現行冷媒に比べて地球温暖化への影響が低い「次世代冷媒」を用いた空調機の実用化をめざしています。商品化にあたっては、冷媒の直接的な温暖化影響だけでなく、その冷媒を用いた空調機の使用時のエネルギー効率などライフサイクル全体での影響を考慮しています。また、環境影響だけでなく、燃焼性・毒性といった安全性や、冷媒自体の価格はもちろん、その冷媒を用いるエアコンの製造コストなども考えて、総合的に判断しています。

冷媒選択時の総合的な評価項目(すべての機器に共通)

冷媒選択時の総合的な評価項目(すべての機器に共通)

環境負荷低減に向けて適材適所の冷媒を選択

家庭用、業務用、暖房・給湯機器と冷凍冷蔵機器など機器によって冷媒に求められる性能が異なるため、用途に応じて最適な冷媒を選択できるよう、過去から自然冷媒やHFC冷媒などの候補冷媒を研究、空調機への採用の検討を進めてきました。

これらの検討から得た知見をもとに、冷媒の温暖化影響と対策について、国際会議や学会、展示会なども活用、さらに論文発表などを通じてグローバルに情報を提供しています。

ダイキンが考える冷媒選択の例

ダイキンが考える冷媒選択の例

注)ダイキングループが現在販売している代表的な製品についての冷媒選択の方向性を示しており、その他の製品では上図で示す冷媒以外も使用される可能性があります。例えば、当社では製造しておりませんが、ウインド型エアコンや住宅用冷蔵庫には炭化水素系冷媒(R600a、R290など)、カーエアコンにはHFO系冷媒が使用できる可能性があります。

ページ上部へ戻る

オゾン層保護への取り組み

代替冷媒への転換と、フロンの回収の両方に注力

1980年代、当時の主力冷媒であった「HCFC」は、オゾン層破壊物質である疑いが強まり、モントリオール議定書により、先進国でのHCFC生産を2020年までに全廃することが定められました。ダイキン化学事業でもオゾン層に影響を与えない代替冷媒の開発に取り組み、1991年にはオゾン層破壊係数ゼロの「HFC」の量産プラントを日本で初めて稼働、1995年からは空調事業としてHFCを冷媒とした空調機器を開発、販売を開始するなど、オゾン層破壊防止に向けた取り組みを推進してきました。

また冷媒のHFCへの転換と並行して、大気への排出防止にも徹底的に取り組み、「冷媒が漏れにくく回収しやすい機器の開発」「生産工程・機器修理時の冷媒回収」などに努めています。2002年4月からは使用済み機器から冷媒を回収し適正に処理する「フロン回収破壊事業」も行っています。

エアコンのライフサイクルと、冷媒の温暖化影響低減策

エアコンのライフサイクルと、冷媒の温暖化影響低減策

海外でもオゾン層を破壊しない冷媒に転換

ダイキングループは、製品に使用する冷媒を従来のHCFCから、オゾン層破壊係数がゼロであるHFCへの転換を進めています。

すでに日本・EUではHFC機のみを販売しており、中国でも他社に先駆けてビル用マルチエアコンをHFC化し、住宅用エアコンもHFC機を販売しています。

HCFC機が主流である新興国を中心とした地域では、現地の社会的インフラの状況を考慮しながら、低温暖化冷媒R32機への転換を順次進めていくことで、オゾン層保護と地球温暖化防止の両立を図っています。

ページ上部へ戻る

地球温暖化抑制の取り組み

低温暖化冷媒R32の採用を促進

2012年11月、世界で初めて、国内向け家庭用エアコンで、温暖化係数が従来冷媒であるR410A(HFC)の約3分の1であるR32(HFC)の採用を開始しました。さらに2013年3月には、インドでもR32を採用した家庭用エアコンを発売。グローバル各国への展開と、業務用エアコンや給湯機でのR32の採用を進めています。

また、世界でR32の採用を促進するため、R32を使用した空調機の製造・販売に関わる延べ93件の特許を、2011年9月から新興国において、2015年9月から先進国含む全世界において無償で開放しています。

ダイキンR32エアコン発売国(2016年3月現在)

家庭用エアコン 日本、台湾、フィリピン、インドネシア、ベトナム、タイ、マレーシア、オーストラリア、インド、シンガポール、ニュージーランド、欧州28カ国、ウクライナ、ロシア、ノルウェー、モンテネグロ、アルバニア、トルコ、UAE、サウジアラビア、オマーン
業務用エアコン(一部) 日本
給湯機(一部) 日本
ページ上部へ戻る