ページの本文へ

  1. トップ
  2. 企業情報
  3. CSR・環境
  4. 環境
  5. 気候変動への対応
  6. 環境負荷を低減する製品・サービスの開発と普及促進

気候変動への対応

環境負荷を低減する製品・サービスの開発と普及促進

製品性能における省エネ化や、地球温暖化係数が小さく安全な冷媒への転換など、ダイキングループはあらゆる面で環境負荷の低減に取り組んでいます。

さらに、そうした環境調和製品・サービスを世界中で普及させることによって、健康で快適な空気環境を提供しながら環境・エネルギー問題の解決に貢献します。

環境調和製品の普及による温室効果ガス排出抑制貢献量

当社の主力商品であるエアコンは、使用時のCO2排出量が特に大きいため、インバータをはじめとした省エネエアコンや低温暖化冷媒を用いたエアコンを世界中で普及させることに注力しています。2020年度に温室効果ガス排出量を6000万t-CO2抑制という目標に対し、2017年度には5400万t-CO2抑制できたと試算しています。

温室効果ガス排出抑制貢献量

温室効果ガス排出抑制貢献量

・非インバータ機および従来冷媒機、燃焼式暖房・給湯機の排出量をベースラインとし、当社が販売した環境調和製品販売総量を考慮した排出量との差
・2014年までは、新興国のみの値
・第三者のレビューを受けています

環境調和製品の売上高比率

ダイキングループは、空調機による地球温暖化への影響を低減するため、環境調和製品を「スーパーグリーンプロダクト」・「グリーンプロダクト」に定義し、それらの開発・普及を推進しています。

2017年度の住宅用エアコンの売上高に占める環境調和製品の比率は 83%でした。

環境調和製品の売上高比率(住宅用エアコン)

環境調和製品の売上高比率(住宅用エアコン)
名称 定義
スーパーグリーンプロダクト

以下の条件をすべて満たしている空調機

  • 従来機に比べて、消費電力量を30%以上削減していること
    例)インバータを搭載した空調機など
  • 従来冷媒より、温暖化係数が3分の1以下の冷媒を使用していること
    例)低温暖化冷媒R32を使用した空調機など
グリーンプロダクト 上記の条件をいずれか1つ満たしている空調機
CSR・環境
ページの先頭へ