ダイキン工業株式会社

ステークホルダー・エンゲージメント

ステークホルダー・エンゲージメント

ステークホルダー・エンゲージメント

ダイキングループは、社会に貢献する企業であり続けるために、日常的なさまざまな仕組みを通じて、ステークホルダーの皆様のご意見を聞き、経営層に報告し経営に活かしていく、ステークホルダー・エンゲージメントを重視しています。

ダイキングループの主なステークホルダーは、当社グループが製品・サービスを提供しているお客様と、当社グループの事業に直接的に影響を与える株主・投資家の皆様・取引先様・従業員、当社グループの事業展開が影響を及ぼす地域社会の皆様です。また、製品・サービスの環境性能向上や環境技術の普及に関しては、各国政府・自治体や業界団体などが関係します。いずれのステークホルダーも重要であり、優先順位を付すという考えはありません。

ステークホルダー・エンゲージメント:
企業が社会的責任を果たしていく過程において、相互に受け入れ可能な成果を達成するために、対話などを通じてステークホルダーと積極的にかかわりあうプロセス(日本経団連企業行動憲章より)

ステークホルダー・エンゲージメントの取り組み

ステークホルダー 主な対話の方法・機会 主な対話窓口
  • 日常の営業活動
  • コンタクトセンター
  • ショールーム
  • 修理時訪問時の対話
  • 代理店感謝会、商品説明会
営業部門
サービス部門   
  • 株主総会
  • 投資家向け説明会
  • アニュアルレポートや事業報告書
  • 投資家向けWEBサイト
総務部門
コーポレートコミュニケーション部門
  • 日常の調達活動
  • 取引先説明会
  • サプライヤ品質会議
  • 品質改善報告会
  • 品質監査
調達部門
  • 自己記録表に基づく面談
  • 経営協議会・労働協議会
  • グループ経営会議
  • グローバルマネージャーミーティング
人事部門
経営企画部門
  • 防災訓練時などの地域への説明
  • 地域の方対象の工場見学会
  • 地域団体・イベントへの参加
各社、事業場
  • NPO・NGOとの対話
CSR部門
  • 各国政府担当者との対話
  • 国連担当者との対話
  • 業界活動への参画
  • 産学連携による研究
各社、事業場、渉外部門、CSR部門、研究部門
  • 空調懇話会
  • 環境フォーラム・展示会
  • 各種環境広報・環境教育
CSR部門
ページ上部へ戻る