ダイキン工業株式会社

CSR・環境への取り組み > CSRと経営戦略

CSRと経営戦略

2016年度から、2020年度を最終年度とする戦略経営計画「FUSION20」が始動しています。

新興国を中心とする需要の拡大や気候変動への影響など世界のさまざまな課題を踏まえながら事業を通じて持続可能な社会の実現に貢献し、企業価値を高めていきます。

2020年度に向けたダイキンのサステナビリティ

経営の基本的な考え方

ページ上部へ戻る

外部環境

気候変動への影響

  • 世界的なエネルギー需要

2030年のエネルギー起源CO2
2000年比 69 %増大(IEA)

  • 冷媒の環境影響

2030年のフロン(HFC)排出による温暖化影響 
2000年比 5倍(当社調べ)

エアコン需要の拡大

2020年のエアコン需要  
2000年比 4倍(当社調べ)

ページ上部へ戻る

経営戦略とCSR

戦略経営計画FUSION20

英知と情熱を結集し、 空気と環境の新たな価値を協創する

重点戦略
  • 既存事業の強化事業領域拡大/事業構造転換
  • 技術・モノづくりの高度化
  • 経営管理の高度化
  • 当社独自の企業理念の実践

ダイキングループのCSR

価値提供のCSR
  • 新価値創造
  • 環境
  • 顧客満足
  • 人材
基盤的CSR
  • コーポレート・ガバナンス
  • 人権の尊重
  • サプライチェーン・マネジメント
  • ステークホルダー・エンゲージメント
  • 地域社会

2015年度までは、4つの重点テーマ「環境」「品質・CS」「社会貢献」「人材」に基づいたCSR活動に取り組んできました。 詳細は以下のページをご覧ください。

ページ上部へ戻る

2020年度の目指す姿

売上高3兆円、
営業利益12%の実現を視野に

  • 既存事業(空調、化学、フィルタ)の強化
  • 新分野(暖房・給湯、エネルギーソリューション、商業用冷設、次世代冷媒・ガス、空気・空間エンジニアリング)の事業拡大
2018年度中期実行計画
  • 売上高 2.5 兆円
  • 営業利益 2,700 億円
  • 営業利益率 10.8

顧客・社会の課題解決に貢献する新しい価値を生み出し、事業を通じて社会の持続可能な発展に貢献する

  • 地球温暖化抑制に貢献
2020年度目標

温室効果ガス排出抑制貢献量
6,000
万t-CO2/年

  • 持続可能な都市開発に貢献
  • 人々の健康・快適に貢献
ページ上部へ戻る

ダイキンのサステナビリティ

CSRと経営戦略

活動ハイライト

価値創造のCSR

環境

新価値創造

顧客満足

人材

基盤的CSR

コーポレート・ガバナンス

人権の尊重

サプライチェーン・
マネジメント

ステークホルダー・
エンゲージメント

地域社会

サステナビリティレポート

サイトレポート

社会からの評価

データ集

ガイドライン対照表

FAQ