ページの本文へ

基盤的CSR
地域社会

方針

各国・地域の文化・歴史を尊重しながら、地域社会の一員として、地域と強い絆をはぐくみます

Why?なぜ重要か

ダイキングループは世界各地に313社の連結子会社を有し、150カ国以上で事業を展開しています。特に、新興国でのエアコン需要が拡大するにつれて、グローバルでの事業展開が加速度的に広がっています。それぞれの拠点で円滑に事業を営んでいくためには、各地の文化的、歴史的背景を踏まえながら、コミュニティの一員として地域の発展に貢献し、ともに成長する関係づくりが不可欠です。

DAIKIN’S APPROACH

地域の雇用拡大や現地企業との協調といった社会的責任を果たすことを前提に、各国・地域の文化や歴史を尊重しながら、事業を営む地域社会の一員として、地域との強い絆をはぐくんでいくことを基本的な方針としています。 「環境保全」「教育支援」「地域共生」への貢献を軸に、従業員が主体となって、各地域に役立つ活動を実践するとともに、持続可能な開発目標(SDGs)も踏まえた社会課題の解決に貢献していきます。

CSR・環境
ページの先頭へ