1. トップ
  2. 企業情報
  3. ニュースリリース
  4. TeraWatt Technology へ出資し電池材料の用途開発を加速

ニュースリリース

2022年7月5日

  • 経営・財務 経営・財務

次世代リチウムイオン電池を開発する米国発スタートアップ

TeraWatt Technology へ出資し電池材料の用途開発を加速

印刷用PDFファイル(260.67KB)


ダイキン工業株式会社は、このたび米国のスタートアップ企業であるTeraWatt Technology Inc.(本社:米国カリフォルニア州サンタクララ)の第三者割当増資を引き受け、同社に出資しました。

TeraWatt Technologyは高エネルギー密度の次世代リチウムイオン電池の研究、開発を行うスタートアップです。高エネルギー密度の次世代リチウムイオン電池による、電気自動車の走行距離の延伸、ドローン配送における積載量増加・飛行時間の延伸、さらにeVTOL(電動垂直離着陸機)等の新たな用途への適用をめざしています。当社は、リチウムイオン電池材料の用途開発や電池技術力の強化を目的に、TeraWatt Technologyとの協業に取り組んできました。

当社は、戦略経営計画FUSION25において、フッ素材料を中心とした商品の用途開発による市場創造を掲げています。顧客やスタートアップなどパートナー企業との共同開発を通じて、半導体・自動車・電池・情報通信などの成長市場への提案力を強化し、新たな価値の創出に取り組んでいます。本出資により、電池技術力強化を図り、電池材料の新商品開発やグローバルでの用途開発を加速します。

また、新たな技術開発や高度なソリューション提供のため、2019年11月にスタートアップ企業との協業を推進する組織「テクノロジー・イノベーションセンター CVC室」を設立しました。2024年までの5年間で110億円の出資枠を設け、これまで15社以上に40億円を超える出資をしています。今後もグローバルで様々な分野の新たなパートナーと強固な関係を構築し、オープンイノベーションの取り組みを加速します。

TeraWatt Technologyについて

米国カリフォルニア州サンタクララに本社を置き、多様な分野における電動化に対応する次世代リチウムイオン電池を開発しています。米国本社および日本法人において、中小企業基盤整備機構からの支援のもと事業を運営しています。過去から、SPARX Group が運営するMirai Creation Fund II、In-Q-Tel、その他業界をリードするVC各社、エンジェル投資家が参画しています。今回は、シンガポールに本社を置くTemasekによるリードのもと、シリーズBラウンドでの資金調達を完了しました。

会社名 TeraWatt Technology Inc.
代表者 緒方 健 共同創業者兼CEO
所在地 (本社)3303 Scott Boulevard, Santa Clara, CA 95054, USA
(日本法人) 神奈川県横浜市緑区長津田町4259-3 東工大横浜ベンチャープラザ
創業 2020年1月
URL https://terawatt-technology.com/

報道機関からのお問い合わせ先

ダイキン工業株式会社 コーポレートコミュニケーション室

本社
〒530-8323 大阪市北区中崎西二丁目4番12号(梅田センタービル)
TEL (06)6373-4348(ダイヤルイン)
東京支社
〒108-0075 東京都港区港南二丁目18番1号(JR品川イーストビル)
TEL (03)6716-0112(ダイヤルイン)
E-mail
prg@daikin.co.jp

ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在のものです。
予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

ニュースリリース一覧に戻る

ページの先頭へ