1. トップ
  2. 企業情報
  3. ニュースリリース
  4. イタリアの総合油圧機器メーカー デュプロマティックMS社を買収

ニュースリリース

2022年4月28日

  • 経営・財務 経営・財務

イタリアの総合油圧機器メーカー デュプロマティックMS社を買収

欧州で油圧機器事業の本格参入により産業機械分野の環境貢献につなげる

印刷用PDFファイル(227.12KB)


ダイキン工業株式会社は、このほどイタリアの油圧機器メーカーである、デュプロ マティックMS社(Duplomatic MS S.p.A 以下デュプロマティック社)の株式譲渡契約を締結しました。買収価格は220百万ユーロ(1ユーロ125円換算で275億円)です。同社の出資者であるAlcedo社(アルセド社、イタリアのプライベートエクイティファンド)や経営陣から全株式を取得し、必要な手続きを経た上で2022年6月に買収を完了する予定です。

デュプロマティック社は、油圧バルブ・ポンプ・シリンダなどを扱う油圧機器メーカーであり、産業機械や建機車両などを対象に幅広い分野でビジネスを展開しております。同社は、創業から70年以上の歴史があり、イタリアをはじめイギリス・ドイツ・米国などに生産拠点を保有しています。豊富な品揃えとエンジニア力で、現地顧客からの様々なニーズに応じて最適な技術提案、ユニットシステムを提供しており、欧州において強い事業基盤を有しています。

当社の油圧機器事業(以下、油機事業)は祖業の一つで、90年以上にわたり事業活動を展開しています。2000年には空調事業で培ったモータ・インバータ技術を活かした高度な省エネ性能を持つ油圧ユニットを業界に先駆けて市場投入して以降、省エネ油圧機器のシリーズ展開拡大と用途開発に注力し、事業拡大を進めてきました。2025年度を目標年度とする戦略経営計画FUSION25において、油機事業はグローバル事業拡大を基本戦略として掲げています。世界的にカーボンニュートラルへの取り組みが進むなか、世界有数の産機油圧市場である欧州では生産設備の省エネ化の動きが進んでおり、ビジネス拡大の好機と捉えています。

今回の買収により、デュプロマティック社の事業基盤と、当社の強みである環境技術を活かした省エネ油圧機器の融合により、欧州において産業機械分野の省エネを実現し、環境負荷低減によるサステナブル社会への貢献に取り組んでまいります。

デュプロマティック社の概要

1)会社名 デュプロマティックMS社 Duplomatic MS S.p.A
2)本社所在地 イタリア パラビアーゴ(ミラノ近郊)
3)代表者 ロベルト・マダロンCEO
4)資本金 4.8百万ユーロ
5)設立1952年
6)事業内容 油圧機器の設計・製造・販売
7)売上高 (2021年度) 147百万ユーロ(1ユーロ125円換算で184億円)
8)従業員 (2021年度) 655名

当社の油機事業の概要

1)事業概要 産業機械向け油圧機器・ユニット、冷熱機器、建設機械向けトランスミッション、
集中潤滑機器・装置の開発、製造、販売
2)売上規模(2021年度) 約400億円
3)生産拠点 淀川製作所(大阪府摂津市)
ダイキン・ザウアーダンフォス・アメリカ社(米国アイオワ州)
オールワールドマシナリー社(米国イリノイ州)
大金機電設備蘇州有限公司(中国江蘇省)

報道機関からのお問い合わせ先

ダイキン工業株式会社 コーポレートコミュニケーション室

本社
〒530-8323 大阪市北区中崎西二丁目4番12号(梅田センタービル)
TEL (06)6373-4348(ダイヤルイン)
東京支社
〒108-0075 東京都港区港南二丁目18番1号(JR品川イーストビル)
TEL (03)6716-0112(ダイヤルイン)
E-mail
prg@daikin.co.jp

ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在のものです。
予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

ニュースリリース一覧に戻る

ページの先頭へ