ページの本文へ

  1. トップ
  2. 企業情報
  3. ニュースリリース
  4. 『第34回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント』~出場選手決定のお知らせ~

ニュースリリース

2021年LPGAツアー開幕戦

『第34回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント』
~出場選手決定のお知らせ~

印刷用PDFファイル(1.25MB)


ダイキンオーキッドレディス大会事務局

JLPGAツアー2020-21シーズンの2021年初戦『第34回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント』(主催:ダイキン工業株式会社、琉球放送株式会社[RBC]、以下、ダイキンオーキッド)は、このたび選手エントリーを締切り出場選手108名が決定しましたので発表いたします。

前回優勝の比嘉真美子

今大会には前回大会(2019年)で宮里藍以来、15年ぶりに沖縄県勢優勝を飾った比嘉真美子をはじめ、2019年賞金女王の鈴木愛、2019年全英女子オープン制覇に続き2020年全米女子オープンでも優勝争いを演じた(4位)渋野日向子などの実力者が揃って出場いたします。

また、原英莉花、小祝さくら、勝みなみ、河本結ら1998年度生まれの“黄金世代”や、古江彩佳、西村優菜、安田祐香、吉田優利など2000年度生まれの“ミレニアム世代”に加え、昨年2勝を挙げて現在賞金ランキング1位の笹生優花(2001年度生まれ)や、昨年1勝の稲見萌寧(1999年度生まれ)など、実力のある若手が数多くエントリーしています。

『第34回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント』は、3月4日(木)から7日(日)までの4日間で沖縄県南城市の琉球ゴルフ倶楽部にて開催いたします(賞金総額1億2,000万円[優勝賞金2,160万円])。2021年最初の栄冠をめぐり総勢108名の選手によって繰り広げられる、華やかで熱き4日間の戦いにご注目下さい。

なお、大会に先立って開催される前夜祭とプロアマ大会につきましては、感染拡大の状況を考慮し、中止を決定しています。

ツアー史上初の統合シーズンの行く末を占う重要な一戦

JLPGAツアー史上初めて2年統合となった2020-21シーズンは、オフのトレーニングや、調整力がこれまで以上に試されます。

2019年賞金女王の鈴木愛は、昨季4度のトップ10入りを果たし賞金ランキング9位につけているものの優勝はなし。過去2度賞金女王に輝いた日本人筆頭の実力者として、今オフにどれだけ仕上げてきたのか、重要な初戦を迎えます。また2019年全英女子オープン制覇の渋野日向子は、大きな期待を背負い迎えた2020年の日本ツアーは序盤で立て続けに予選落ちを喫し、厳しいスタートとなりましたが、終盤戦に5位、3位と2戦続けて優勝争いを演じて迎えた12月の全米女子オープンでは、最終日を単独首位からスタートして4位フィニッシュするなど、最高の形で2020年を締めくくりました。今オフを経てどの程度状態を上げてくるのか、注目が集まります。

勢いある若手の活躍に注目

2020年は、14戦のツアーが開催されましたが、1998年度生まれの“黄金世代”とその下の世代が、うち10戦を制し、若手の台頭著しい昨今のJLPGAツアーを象徴する1年となりました。

この流れを牽引してきた、 “黄金世代”では、2019年全英女子オープン覇者、2020年全米女子オープン4位の渋野日向子だけでなく、日本女子オープン、JLPGAツアー選手権リコー杯とツアー史上15人目となる同一年国内メジャー2勝を果たした原英莉花や、1勝を含むトップ10、5回と安定した成績で賞金ランキング4位の小祝さくら、勝みなみ、河本結といった実力者が揃って出場します。

また、昨年3勝を挙げ出場した試合の半分でトップ10入りするなど、抜群の安定感で賞金ランキング2位につける古江彩佳をはじめ、ツアー初優勝を飾った西村優菜や、アマチュア時代から輝かしい成績を収めてきた安田祐香、吉田優利といった2000年生まれの“ミレニアム世代”もエントリーしているほか、プロ入り2、3戦目で連続優勝を果たし華々しくデビューを飾り、並みいる有力選手を押しのけ賞金ランキング1位につけている2001年生まれの“新世紀世代”笹生優花も、デビューシーズンでの賞金女王に向けて、2021年を占う初戦に臨みます。

沖縄県勢選手の連覇に期待

地元沖縄県勢では、2004年の宮里藍以来、15年ぶりの沖縄県勢Vを飾った比嘉真美子をはじめ、ダイキン工業所属選手の諸見里しのぶ新垣比菜、3年連続で賞金シードを保持している大城さつきや、米ツアーから国内ツアーに復帰し、賞金シードで出場する宮里美香、米ツアーで7年連続のシード権を獲得し、ダイキンオーキッドには22大会連続出場となる上原彩子など活躍が期待される選手が揃って出場。地元の熱い声援を受け、前回大会に続き2大会連続の沖縄県勢優勝を目指します。

ダイキン工業所属の諸見里しのぶは、2018年の3位タイ、2010年の2位タイなど大会との相性も良く、アマチュア時代には、当時のツアー最年少予選通過記録(14歳7か月)を樹立するなど実績を残してきた舞台です。2019年限りでツアーの第一線から退くことを表明したものの、沖縄開催の本大会には、所属プロして地元での活躍を誓います。

新垣比菜は、所属契約後初めて臨んだ2019年大会で2位に入る活躍を見せました。昨年は賞金ランキング86位と不本意な1年となりましたが、かつて5年連続(2013~2017年)でベストアマチュアに輝くなど好相性の舞台で、沖縄県勢優勝・所属プロ優勝を目指します。

また、今年1月25日、26日の日程で行われた『ダイキンオーキッドレディスアマチュアゴルフ選手権』では、出場178名のうち上位通過を果たした4名(川怜郁さん、新城莉李亜さん、伊波莉羅さん、石原渚裟さん)が本戦への切符を手にしました。ベストアマチュア争いにも注目が集まります。

(写真:上段左から新城さん、荒川さん、下段左から石原さん、伊波さん)

出場予定選手一覧(108名)

今年ダイキンオーキッドレディスで達成が期待される記録集

<生涯獲得賞金 6億円突破・史上22人目>
  氏名 生涯獲得金額 達成試合数 達成条件
  笠 りつ子 \596,448,678 421試合目 \3,551,322 単独8位以上
           
<生涯獲得賞金 5億円突破・史上31人目>
  氏名 生涯獲得金額 達成試合数 達成条件
  諸見里 しのぶ \492,673,562 361試合目 \7,326,438 単独3位以上
  菊地 絵理香 \480,959,318 351試合目 \19,040,682 優勝
           
<生涯獲得賞金 4億円突破・史上56人目>
  氏名 生涯獲得金額 達成試合数 達成条件
  黄 アルム \391,534,545 361試合目 \8,465,455 単独2位以上
           
<生涯獲得賞金 2億円突破・史上127人目>
  氏名 生涯獲得金額 達成試合数 達成条件
  西山 ゆかり \197,110,645 250試合目 \2,889,355 単独9位以上
  葭葉 ルミ \196,165,400 231試合目 \3,834,600 単独7位以上
  青木 瀬令奈 \192,007,215 220試合目 \7,992,785 単独3位以上
           
<生涯獲得賞金 1億円突破・史上212人目>
  氏名 生涯獲得金額 達成試合数 達成条件
  河本 結 \96,633,506 47試合目 \3,366,494 単独8位以上
  新垣 比菜 \95,595,290 80試合目 \4,404,710 単独6位以上
  笹生 優花 \93,891,170 15試合目 \6,108,830 単独4位以上
           
<大会期間中に誕生日を迎える選手>
  氏名 生年月日 年齢(誕生日を迎えて)    
  ペ ソンウ 1994年3月1日 27歳    
  堀 琴音 1996年3月3日 25歳    
  セキ ユウティン 1998年3月5日 23歳    
  ユン チェヨン 1987年3月5日 34歳    

大会歴代優勝者一覧

開催年 優勝者 スコア ベストアマチュア スコア
第1回 1988年 黄 璧洵 ±0(216) -  
第2回 1989年 P.リゾ -5(211) -  
第3回 1990年 高須 愛子 -3(213) -  
第4回 1991年 A.ベンツ -9(207) -  
第5回 1992年 P.シーハン -8(208) -  
第6回 1993年 城戸 富貴 -8(208) -  
第7回 1994年 福嶋 晃子 -3(213) -  
第8回 1995年 M.マクグァイヤ -6(210) -  
第9回 1996年 リー ウェンリン -4(212) -  
第10回 1997年 高 又順 -10(206) (該当者なし)  
第11回 1998年 金 愛淑 -5(211) (該当者なし)  
第12回 1999年 井上 陽子 -10(206) (該当者なし)  
第13回 2000年 藤野 オリエ -7(209) (該当者なし)  
第14回 2001年 不動 裕理 -3(213) @諸見里しのぶ +12(228)
第15回 2002年 藤井 かすみ -8(208) @諸見里しのぶ +4(220)
第16回 2003年 不動 裕理 -8(208) @宮里美香 +2(218)
第17回 2004年 宮里 藍 -10(206) @諸見里しのぶ -3(213)
第18回 2005年 藤野 オリエ +1(217) @諸見里しのぶ +8(224)
第19回 2006年 西塚 美希世 -8(208) @笠りつ子 +1(217)
第20回 2007年 米山 みどり -6(210) @宮里美香 +2(218)
第21回 2008年 宋 ボベ -14(202) (該当者なし)  
第22回 2009年 三塚 優子 -8(208) @比嘉真美子 -3(213)
第23回 2010年 アン ソンジュ -10(206) @山里愛 +9(225)
第24回 2011年 朴 仁妃 -11(205) (該当者なし)  
第25回 2012年 斉藤 愛璃 -10(206) @比嘉真美子 -5(211)
第26回 2013年 森田理香子 -13(203) @新垣比菜 -5(211)
第27回 2014年 O.サタヤ -8(208) @新垣比菜 +1(217)
第28回 2015年 テレサ・ルー -14(202) @新垣比菜 +1(217)
第29回 2016年 テレサ・ルー -8(280) @新垣比菜 +8(296)
第30回 2017年 アン ソンジュ -6(282) @新垣比菜 +9(297)
第31回 2018年 イ ミニョン -11(205) @新城莉李亜 -2(214)
第3日は荒天のため中止
第32回 2019年 比嘉真由美 -5(283) (該当者なし)  
第33回 2020年 ※新型コロナウイルス感染拡大により大会中止

大会レコード

大会コースレコード
62ストローク 具玉姫【第16回大会(2003年)2日目】
11バーディー/LPGAツアー18ホール最多バーディー数を記録
最年少優勝
18歳262日 宮里藍プロ 【第17回大会(2004年)】
最年少出場
12歳074日 新垣比菜さん 【第24回大会(2011年)】
最年少予選突破
14歳079日 新垣比菜さん 【第26回大会(2013年)】

ダイキンオーキッドレディスの歩み(年表)

開催年 優勝者 スコア ベスト
アマチュア
スコア 大会のトピックス
第1回 1988年 黄 璧洵 ±0(216) -  
  • LPGAツアーの開幕戦として開催
  • 賞金総額4,000万円、優勝賞金700万円
    (1988年からLPGAツアー制度を施行)
第2回 1989年 P.リゾ -5(211) -  
  • 賞金総額を4,500万円に増額
第3回 1990年 高須 愛子 -3(213) -  
  • 日本人初のチャンピオンが誕生
  • 10月、故・中山泰平氏(元日本興業銀行頭取)の提唱で本土財界と沖縄財界の協力・交流の場として「沖縄懇話会」が設けられる
  • 賞金総額を5,000万円に増額
第4回 1991年 A.ベンツ -9(207) -    
第5回 1992年 P.シーハン -8(208) -  
  • 賞金総額を6,000万円に増額
第6回 1993年 城戸 富貴 -8(208) -    
第7回 1994年 福嶋 晃子 -3(213) -  
  • 福嶋晃子が涙のツアー初優勝。20歳8カ月6日でのツアー優勝は、当時日本人女子プロ史上3番目に若い記録
第8回 1995年 M.マクグァイヤ -6(210) -  
  • オーキッドバウンティの創設
第9回 1996年 リーウェンリン -4(212) -    
第10回 1997年 高 又順 -10(206) (該当者なし)  
  • サブタイトルに「Together with OKINAWA」を掲げる
  • 第1回ダイキンオーキッドレディスアマチュアゴルフ選手権大会を開催
  • ボランティアスタッフによる大会運営を開始
第11回 1998年 金 愛淑 -5(211) (該当者なし)    
第12回 1999年 井上 陽子 -10(206) (該当者なし)    
第13回 2000年 藤野 オリエ -7(209) (該当者なし)  
  • 宮里藍、諸見里しのぶがプロトーナメントにデビュー
    • ダイキンオーキッドレディス(ツアー競技)初出場
第14回 2001年 不動 裕理 -3(213) @諸見里しのぶ +12(228)
  • 諸見里しのぶが予選を通過
    • アマチュアゴルフ選手権から初の予選通過者が誕生
    • 当時のLPGAツアー最年少予選通過記録を樹立
      (当時14歳7カ月)
第15回 2002年 藤井 かすみ -8(208) @諸見里しのぶ +4(220)
  • 大会ポスターデザインの公募を開始
  • 地元玉城中学校の生徒を大会に招待
第16回 2003年 不動 裕理 -8(208) @宮里美香 +2(218)
  • 具玉姫が2Rに2つのツアーレコードを樹立
    • 62ストローク/当時18ホールでの最少ストロークを記録
    • 11バーディー/18ホールでの最多バーディー数を記録
第17回 2004年 宮里 藍 -10(206) @諸見里しのぶ -3(213)
  • 宮里藍がプロデビュー後、ツアー初優勝
    • 沖縄県勢として初のダイキンオーキッドレディスチャンピオンに
第18回 2005年 藤野 オリエ +1(217) @諸見里しのぶ +8(224)
  • 大会サブタイトルを「Ever Onward with OKINAWA」
    (沖縄とともに限りなき前進)に変更
  • 賞金総額を8,000万円に増額
第19回 2006年 西塚 美希世 -8(208) @笠りつ子 +1(217)
  • 諸見里しのぶがプロとして初出場
第20回 2007年 米山 みどり -6(210) @宮里美香 +2(218)
  • 米LPGAツアーに参戦中の宮里藍が出場、4位に
  • 大会史上最多となる29,753人のギャラリーが来場
第21回 2008年 宋 ボベ -14(202) (該当者なし)  
  • 宋ボベがトーナメントレコードを更新する14アンダーで優勝
  • 米山みどりが最終日の16番ホールでホールインワンを記録。
    ホールインワン賞300万円を獲得
第22回 2009年 三塚 優子 -8(208) @比嘉真美子 -3(213)
  • 上原彩子が優勝争いを繰り広げ、本大会自己最高となる2位タイに
  • 比嘉真美子(12位タイ)、森長真理子(53位タイ)と4大会ぶりにアマチュアが複数選手決勝ラウンドに進出
第23回 2010年 アン ソンジュ -10(206) @山里愛 +9(225)
  • 日本ツアー初参戦のアンソンジュが優勝。同年賞金女王に輝く。
    (外国人選手の賞金女王は当時ツアー2人目)
  • 諸見里しのぶが本大会自己最高となる2位タイに
第24回 2011年 朴 仁妃 -11(205) (該当者なし)  
  • 新垣比菜が大会最年少出場記録を更新(12歳74日、小学6年生)
第25回 2012年 斉藤 愛璃 -10(206) @比嘉真美子 -5(211)
  • 斉藤愛璃が三塚優子と李知姫とのプレーオフを制してツアー初優勝
  • 比嘉真美子が16位タイに入り、ベストアマを獲得
  • アマチュアの伊波杏莉が2日目の13番でホールインワンを記録。
    規定改正後、アマチュアとして初のホールインワン賞、賞金50万円を獲得
第26回 2013年 森田理香子 -13(203) @新垣比菜 -5(211)
  • 森田理香子がプロ初優勝。同年LPGAツアー賞金女王に輝く
  • 新垣比菜が28位タイに入り、ベストアマを獲得
第27回 2014年 O.サタヤ -8(208) @新垣比菜 +1(217)
  • 比嘉真美子が2位タイに
  • 新垣比菜が21位タイに入り、2年連続ベストアマを獲得。諸見里しのぶに続き、大会史上2人目の記録
第28回 2015年 テレサ・ルー -14(202) @新垣比菜 +1(217)
  • 新垣比菜が33位タイに入り、大会史上初となる3年連続ベストアマを獲得
  • 沖縄県勢では単独の4位に川満陽香理、5位タイに宮里美香が入る
第29回 2016年 テレサ・ルー -8(280) @新垣比菜 +8(296)
  • 世界基準となる4日間競技に変更
  • 賞金総額を1億2,000万円に増額
  • テレサ・ルーが史上初の大会2連覇を達成
  • 新垣比菜が4年連続のベストアマを獲得
第30回 2017年 アン ソンジュ -6(282) @新垣比菜 +9(297)
  • 第30回記念大会として開催
  • 宮里藍が6年ぶりに出場
  • 新垣比菜が5年連続のベストアマを獲得
第31回 2018年 イミニョン -11(205) @新城莉李亜 -2(214)
  • 第3日は荒天の為、競技中止。54ホールに競技短縮
  • 諸見里しのぶが3位タイに入る活躍
第32回 2019年 比嘉真美子 -5(283) (該当者なし)  
  • 比嘉真美子が宮里藍以来、15年ぶりの沖縄県勢優勝
  • 新垣比菜が所属プロとして初めて迎えた本大会で2位タイに
第33回 2020年        
  • 新型コロナウイルス感染拡大により大会史上初の中止

2021年JLPGAツアー初戦の模様を沖縄からTBS系列で全国に放映

JLPGAツアー2020-21シーズンの2021年初戦『第34回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント』の熱戦の模様は、TBS制作(制作協力:琉球放送)のもと、地上波はJNN系列28局を結び沖縄から日本全国へ向けて第2日の金曜日から最終日の日曜日まで3日間放送します。このほか、BS-TBSでも3日間放送するほか、TBSチャンネル2(CS)では金曜日の16~18番ホール中継、土・日の2日間1番ホール中継を行います。

放送予定

地上波 3月4日 (木) 17:20~17:50 <RBCローカル>
3月5日 (金) 17:20~17:50、24:15~25:15 <RBCローカル>
3月6日 (土) 16:00~16:55 <TBS・MBS・RBC他>
3月7日 (日) 15:30~16:54 <全国ネット>
BS-TBS 3月5日 (金) 18:30~19:30
3月6日 (土) 19:00~20:00
3月7日 (日) 17:30~18:54
CS TBSチャンネル2 3月5日 (金) 10:30~12:30 16番~18番ホール中継(延長あり)
3月6日 (土)  8:20~11:15 1番ホール中継(延長あり)
3月7日 (日)  7:30~10:15 1番ホール中継(延長あり)
解説 小田 美岐プロ
ラウンド解説 中野  晶プロ
解説 平瀬 真由美プロ(土日CS1番ホール中継)
実況 佐藤 文康
伊藤 隆佑(土日CS1番ホール中継)
リポーター 喜入 友浩
インタビュー 伊藤 隆佑
優勝インタビュー 片野 達郎(RBC)
ラジオ RBCラジオでは、大会期間中、会場から生中継でダイキンオーキッドレディス情報をお伝えします。

熱戦の舞台は琉球ゴルフ倶楽部

今年も大会の舞台は、沖縄本島南部に位置する琉球ゴルフ倶楽部(沖縄県南城市)です。沖縄ならではのガジュマル、ホルトや椰子といった熱帯植物に囲まれた南国ムードあふれ、東、西、南の27ホールを擁します。海岸線に近いため風が強く吹く日もあり、自然というハザードも魅力の1つです。ダイキンオーキッドレディスでは、1988年の第1回大会から継続して琉球ゴルフ倶楽部にて開催しています。

琉球ゴルフ倶楽部

住所 沖縄県南城市玉城字親慶原1番地
開場 昭和52年7月
設計 梅沢 弘
監修 川波義太郎

第34回ダイキンオーキッドレディス 大会実施要項

大会名称 第34回 ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント
主催 ダイキン工業株式会社、琉球放送株式会社
公認 一般社団法人日本女子プロゴルフ協会
後援 沖縄県、那覇市、南城市、沖縄観光コンベンションビューロー、TBSテレビ
企画運営 琉球放送株式会社
運営協力 株式会社博報堂、株式会社ダンロップスポーツエンタープライズ
開催期日 2021年
    3月2日(火)指定練習日
    3月3日(水)指定練習日
    3月4日(木)本大会第1日(予選ラウンド)
    3月5日(金)本大会第2日(予選ラウンド)
    3月6日(土)本大会第3日(決勝ラウンド)
    3月7日(日)本大会最終日(決勝ラウンド)
開催場所 琉球ゴルフ倶楽部
〒901-0608 沖縄県南城市玉城字親慶原1番地 TEL:098-948-2460
競技方法 4日間72ホールズストロークプレー
1日目、2日目を予選ラウンドとし、36ホール終了時、上位50位タイまでが決勝ラウンドに進出する。72ホールを終了し、第1位がタイの場合は、即日指定ホールにおいて、ホールバイホールによるプレーオフを行い、優勝者を決定する。
競技規則 日本ゴルフ協会2020年1月施行のゴルフ規則、2021年JLPGAローカルルールおよび競技の条件、本大会追加ローカルルールを適用する。
出場資格 LPGAツアー規定による出場有資格者90名
主催者推薦18名(アマチュア含む)
賞金 賞金総額1億2,000万円  優勝賞金2,160万円
特別賞 優勝副賞/ダイキンルームエアコン『うるさらX』
ダイキンルームエアコン『うるさらmini』
ダイキン除加湿ストリーマ空気清浄機『うるるとさらら空気清浄機』<ダイキン工業(株)提供>
ヤンマーフィッシングボート<ヤンマー(株) 提供>
琉球放送賞/特製オーキッド絵模様(東道盆)
沖縄県知事賞/琉球ガラス特製品
TV放映 TBS系列全国ネット、BS-TBS

本大会に関するお問い合わせ先

読者・視聴者用お問い合わせ先

RBCダイキンオーキッド事務局
TEL.098-864-2200 担当/高良・前田・城間

報道関係者からのお問い合わせ先

ダイキンオーキッドレディス大会広報事務局(株式会社エムシーピーアール内)
TEL.03-6277-8760
担当/久保、成願(じょうがん)


ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在のものです。
予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

ニュースリリース一覧に戻る

ページの先頭へ