ページの本文へ

ダイキンの環境教育支援活動に戻る

環境教育プログラム The Circle Of Life サークル・オブ・ライフ

森林問題をテーマに子どもたちの「気づき」を引き出す

新学習指導要領対応

小学校高学年対象

教材提供(無償)

企業講師による出張授業(オプション)

ダイキン工業は、国際NGO「コンサベーション・インターナショナル(CI)」と協働し、インドネシアの森林再生プロジェクトに取り組んでいます。
このプロジェクトを題材に、生物多様性をテーマとした環境教育プログラム「サークル・オブ・ライフ」を作成し、小学校に無償で提供しています。 DAIKIN × コンサベーション・インターナショナル


プログラム紹介

世界で起きている環境問題と自分たちの生活との「かかわり」について「気づき」考える「思考支援型」プログラムです。
ダイキン工業は、生き物と環境との「かかわり」や生物多様性、世界で起こっていることと私たちの生活との「かかわり」について、子どもたちと一緒に考えるための環境教育プログラムを無償で提供しています。
「世界で起きている環境問題が、私たちの生活にもかかわっているんだ!」こんな「気づき」を子どもたちから引き出す「思考支援型」プログラムです。

テーマ・・・環境(生物多様性、森林問題) 対象・・・小学校高学年 ※ 本プログラムは、小・中学校の授業用に無償で提供しています。 教科・・・理科、社会科 ※ 理科「生物と環境」、社会科「世界の中の日本の役割」、の単元と連動した内容です。  時数・・・45分×5時限(推奨)※ 発展授業として、出張授業(授業5)と組み合わせることができます。※ 実施時数は目的に応じて自由にアレンジが可能です。

プログラムのねらい

?先生が自由にアレンジして活用することができる体験的プログラム?
世界の森林問題をテーマに、国際理解や他者理解を目的とする授業や、
私たちの生活と環境問題の関連に焦点をあて自分にできることについて
考えを深めていく授業など、さまざまな展開が可能です。

【授業1】  生き物と環境とのかかわり(45分×1時限) 生き物と環境の関連性について考え、環境の変化が
生き物(生態系)に深く影響を及ぼしていることに気づかせます。

  • ワークシート記入例
  • 先生からのコメント

【授業2】   森林問題と私たちの生活とのかかわり(45分×2時限) インドネシアの森林が減っている原因とその結果(因果関係)について、
写真やグラフから必要な情報を読み取り、世界で起きている森林問題と
私たちの生活との関連性について考えさせます。

  • ワークシート記入例
  • 先生からのコメント

【授業3】   森林問題をめぐる人々とのかかわり(45分×1時限) 森林会議ロールプレイを通じて、森林問題をめぐってさまざまな
立場の人たちが存在し、それぞれに意見が異なることを考察させます。
(クリティカル・シンキング)

  • ワークシート記入例
  • 先生からのコメント

【授業4】   環境問題と私たちとのかかわり(45分×1時限) 持続可能な社会の実現に向けて、さまざまな立場の人たちが
続けることのできる(持続可能な)取り組みを行なうことが
大切であることを知り、自分たちにできることは何かを考えさせます。

  • ワークシート記入例
  • 先生からのコメント

【発展授業(授業5)】(オプション)企業講師による出張授業(45分×1時限)プロはここまで考えている! 〜モノづくり企業の取組み〜

  • 先生からのコメント
授業の詳しい流れはこちら

ページ上部へ戻る

プログラムのしかけ

―「表現力」「読解力」「思考力」の育成をめざした思考支援型プログラム―児童が自ら考えることや、自分の考えを整理することが楽しい!と感じるしかけを組み込み、「表現力」「読解力」「思考力」の育成をめざします。

【しかけ1】 表現力を育成する多様な授業手法 写真から考察するフォトリーディング、さまざまな立場に立って考えるロールプレイなど、多様な学習手法を組み込み、これまでの授業や他者の意見と関連づけて自分の考えを表現する「表現力」を育成します。

【しかけ2】判断力を育成する多様な教材 世界地図やインドネシアの写真、統計資料など、さまざまな社会的事象の
基礎資料の読み取りを通じて、楽しく考えられように工夫をしています。

【しかけ3】 論理的思考力を育成するワークシート 5時限の学習の中で学んだ知識や自分の考えをふりかえりながら、1枚のシートに整理していきます。


ページ上部へ戻る

提供教材(無償)

ティーチャーズガイド

児童用ワークシート

「スライド教材CD

カード教材

映像教材DVD

  • ティーチャーズガイド
    ガイド内容のサンプルを見る
  • 児童用ワークシート
  • 「スライド教材CD
  • カード教材
  • 映像教材DVD


お申し込み・お問い合わせ

お申し込み方法

●FAXによるお申し込み

FAXによるお申し込み

ダイキン工業の環境教育支援活動に関するお問い合わせ

プログラム運営事務局(株式会社キャリアリンク)TEL:06-6251-6001 FAX:06-6251-6606

ウェブからのお問い合わせ https://www.daikin.co.jp/inquiry/csr/


ページ上部へ戻る

授業を実施した先生方・子どもたちの声

先生からの声(プログラム全体)

環境問題を解決する方法はひとつではないという本質的な部分を実によくとらえているプログラム。児童にとっても、教員にとってもいい経験になった。環境問題を取り扱う教材はたくさんあるが、一歩先まで思考させるものはそれほど多くはない。チャレンジする価値がある内容だと思う。大阪府堺市立三国丘小学校  6年担当 上村 典生 先生

どの授業でも子どもたちから、「どうして?」「どうなっているの?」という疑問が尽きませんでした。それほどに子どもたちは、一つひとつの内容について興味を持って取り組んでいました。また、教員としてもその興味に答えられるだけの教材や資料を持って授業を実施することができるプログラムであったと思います。大阪府富田林市立富田林小学校  6年担   竹口 敬子 先生

先生からの声(各授業)

授業1「生き物と環境とのかかわり」

教科での学習内容が活かせた 理科では、動物や植物が生きていくために水、空気、二酸化炭素などの要素が必要であることを学習していたが、環境問題とのかかわりについてはあまり触れることができなかった。これまで学習したことを入り口として、環境学習を進めることができたのでスムーズに取り組むことができた。

視覚的に生態系のつながりを理解させる教材が有効 生態系のつながりを生き物カードなどを使って、視覚的に見せることができたことで、「つながりを考えていく」という児童の思考を広げることができた。

授業2「森林問題と私たちの生活とのかかわり」

写真、グラフなど豊富な資料で児童の興味関心を引き出せた  インドネシアの人々の生活や、森林問題に関する写真、グラフなどの資料が充実していたので、一つひとつの発問に対して興味を持って考えさせることができた。

環境問題と社会問題の結びつきを気づかせることができた 森林減少問題の原因と結果を考えていく中で、森林が自分たちの生活と密接に関わっているということ、木の数が減っているという問題にとどまらず、日本は輸入木材に頼りすぎているなど、他のさまざまな社会問題とつながりがあることに多くの児童が気づいた様子であった。

授業3「森林問題をめぐる人々とのかかわり」

ロールプレイにより問題を多面的に捉えさせることができたロールプレイは多くの児童にとって慣れない活動であり、はじめは戸惑いが見られたが、自分以外の立場に立って、一つの問題を違う角度から考えてみることの重要性に気づいた児童が多かった。

環境問題を解決することの難しさに多くの児童が直面した それぞれの主張には根拠があり、どれか一つの主張を正しいとみなすことは難しく、どうしたら良いかわからないといったジレンマを多くの児童が感じていた。その中でも、より多くの人が納得する取り組みについて、自分なりの考えや提案を発表する場面も見られた。

授業4「環境問題と私たちとのかかわり」

環境問題の解決のためには、工夫や努力が必要であることを気づかせることができたビデオ教材などを通じて、一人ひとりの行動が環境問題に結びついていること、人々が行動を続けていくためには工夫が必要であることを気づかせることができた。

自分の意識や行動を見直すきっかけになったのではないか「環境のために何かしようという意識を持っていても、行動につながらない」というある児童の発言をきっかけに、行動を起こし、それを続けるためにはどうすればよいのかを話し合うことができた。

発展授業(授業5)(オプション)「モノづくり企業の環境取組み」

とにかく人と人との出会いほどすばらしいものはありません。出張授業で社員の方が、ダイキンという会社のことを語ってくださり、より環境と自分との関わりを感じられた。

企業が学校教育に協力していただけるのはとてもありがたい。子どもたちが、教師だけでなくいろいろな大人の人との関わり、考えを聞いたり、生活の様子を知ったりすることはとても貴重な経験。


ページ上部へ戻る

こどもからのコメント


ページ上部へ戻る


ページ上部へ戻る


ページ上部へ戻る

プログラム参加校

2015年度参加校

 

実施時期 都道府県名 学校名(団体名) 出張授業 実施学年
2015年04月 福島県 大熊町立大野小学校   小学校6
2015年05月 北海道 むかわ町立穂別小学校   小学校5
2015年05月 福島県 郡山市立富田西小学校   小学校6
2015年06月 千葉県 柏市立光ヶ丘小学校 小学校6
2015年07月 大阪府 吹田市立千里新田小学校   小学校6
2015年07月 大阪府 寝屋川市立第八中学校   中学校1
2015年08月 北海道 札幌市立西岡北小学校   小学校6
2015年09月 滋賀県 滋賀大学教育学部附属小学校   小学校1〜6
2015年09月 茨城県 つくば市立栄小学校 小学校6
2015年09月 神奈川県 横浜市立白根小学校   小学校6
2015年10月 東京都 江戸川区立西小岩小学校 小学校6
2015年10月 大阪府 堺市立新檜尾台小学校   小学校6
2015年10月 大阪府 大阪市立南港緑小学校 小学校5
2015年11月 北海道 岩見沢市立北村中学校   中学校2
2015年11月 高知県 高知市立浦戸小学校   小学校6
2015年11月 大阪府 大阪市立弘済小学校 小学校6
2016年01月 大阪府 堺市立八田荘西小学校 小学校6
2016年01月 東京都 中央区立阪本小学校 小学校4
2016年01月 愛媛県 新居浜市立角野小学校   小学校5
2016年01月 奈良県 奈良市立都祁小学校   小学校5
2016年02月 神奈川県 横浜市立本宿小学校 小学校6
2016年02月 東京都 新宿区立愛日小学校 小学校6
2016年02月 大阪府 豊中市立豊島北小学校   小学校6
2016年02月 大阪府 茨木市立春日丘小学校 小学校6
2016年02月 奈良県 奈良市立平城西小学校 小学校6
2016年02月 大阪府 堺市立浜寺石津小学校 小学校6
2016年02月 大阪府 堺市立金岡南小学校 小学校5
2016年02月 埼玉県 戸田市立喜沢小学校   小学校6
2016年03月 大阪府 大阪市立成育小学校 小学校6
2016年03月 大阪府 茨木市立茨木小学校 小学校6
ページ上部へ戻る

お申し込み方法

●FAXによるお申し込み

FAXによるお申し込み

ダイキン工業の環境教育支援活動に関するお問い合わせ

プログラム運営事務局(株式会社キャリアリンク)TEL:06-6226-8288 FAX:06-6251-7474

ウェブからのお問い合わせ
https://www.daikin.co.jp/inquiry/csr/


おすすめコンテンツ

ページの先頭へ