ページの本文へ

  1. トップ
  2. DAIKIN design
  3. Touch Point
  4. ミラノデザインウィーク2019 出展

ミラノデザインウィーク2019 出展

空気・空間における 新たな価値を追求する姿勢

「空気」は人が生きるうえで無くてはならない存在ですが、普段あまり意識されることはありません。本展示では、本来見ることのできない空気を視覚化することで、人々の心を豊かにする 新たな「空気の感じ方」を提案します。 「空気で答えを出す会社」を目指すダイキン工業は、nendo と共に出展するインスタレーション 「breeze of light」や屋外用エアコン「アウタータワー」の展示を通じて、空気・空間における 新たな価値を追求する姿勢を発信いたします。

イタリアでダイキンは人々の生活に関わる冷房・暖房・換気といった空調事業製品とそのソリューションを提供しています。この空調事業を通じて「空気で人々を幸せにする」という思いを実現し、イタリアのお客様にそれをあらゆる空間で体験してもらうことでダイキンとしての価値を提供していきたいと考えております。ブランドには製品やサービスを想起させるだけでなく、それを提供する側の伝えたいメッセージ (思い)が宿っていると考えます。ミラノデザインウィークは世界中からあらゆるブランドが参加しており、世界で最も注目されるデザインのイベントです。つまり、デザインという切り口で ブランド自らのメッセージを伝えることができる絶好の場所です。 デザインを通じて、ダイキンが持つ機能とユニークさを世界中のお客様にお届けするためにブランドに融合できればと期待し、今回はミラノデザインウィークに出展いたしました。

ダイキンエアコンディショニング イタリア社
取締役社長 亀川隆行より

インターネットの普及により世界中のあらゆる商品やサービスを簡単に購入できる時代に変わったことで、お客様とブランドの距離が一気に近くなっています。従来は差別化商品やデザインで お客様にご満足いただくことを重視していましたが、これからはお客様に信頼いただくブランドと認識いただいた上で差別化商品やデザインを超えたブランド体験をご提供することが重要であると考えています。その時に、お客様から見たブランドは一貫性をもった人格でないと信頼されず認識もされないと考えています。それは商品からサービスからショールームやWebなど商品 のご紹介まで全てです。 私は、ダイキンは「空気で人々を幸せにする」エキスパートでありたいと考えています。その一環としてグローバル最大級のブランド発信の場であるミラノデザインウィークでダイキンの思想を発信しました。右脳で感じる「ダイキンのブランド体験」を少しでも多くのお客様に感いていただけたら幸いです。

ダイキン工業株式会社
デザイングループリーダー 関 康一郎より

Tenoha Milano

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Hatena Bookmark
ページの先頭へ