ページの本文へ

 
  1. 「人」と「空気」のあいだに、いつもダイキン トップ
  2. ダイキンが考える理想の空気




この世界は、無数の空間でできています。
そしてダイキンはそれぞれの空間に
ふさわしい空気があると考えています。
たとえば、それは寝室を満たす眠りを
深くする空気かもしれません。
ダイキンは空気の可能性を信じて
さまざまな技術開発を進め、
いまは温度、しつど、気流、
清浄(空気の綺麗さ)をコントロールして
それぞれの空間に
ふさわしい空気をつくりだし、
その空間を満たしています。
このサイトでは
「その空間にふさわしい空気」の視点から
空調の考え方と技術そして
未来の空気の可能性をご紹介しています。

  • 01

    熱帯夜の寝室にふさわしい空気

    睡眠は人の健康を支える大切な時間です。
    質の高い眠りは、免疫力を高めたり、
    仕事の生産性をアップさせたりと、
    日々の生活の質を向上させる力を持っています。
    寝苦しい日本の夏の熱帯夜でもぐっすり眠るためには、
    エアコンで寝室を快適に保ちたいところ。
    でも運転し続けていると冷えすぎてしまい、
    タイマーでは切れたあとの寝苦しさが心配。

    ダイキンは温度を下げるのではなく、
    エアコンでしっかりしつどを
    コントロールすれば高めの温度設定でも、
    熱帯夜の寝苦しさが解決できると考えました。

    空気を冷やしすぎることなく
    除湿し続けられるダイキン独自の技術なら、
    寝室のしつどをひと晩中最適にコントロール。
    かいた汗もからっと乾きやすい室内環境を実現します。

    ひと晩中一定のしつどに保つことで
    熱帯夜の寝室もふさわしい空気でみたします。

    1. 寝苦しい日本の夏の熱帯夜
    2. しつどをコントロールすれば、
      朝まで快適
  • 02

    夏のオフィスにふさわしい空気

    クールビズが導入されて以来、
    夏のオフィスの設定温度は28℃が推奨されています。
    快適とされている28℃なのに、
    実際は「暑い」という声が多いのが現実。

    暑く感じてしまう理由はしつどの高さ。
    しつどを下げれば高めの設定温度でも
    快適な環境を実現できるのではないかと考えました。

    エアコン開発で培った「ヒートポンプ技術」と、
    独自の「デシカント技術」を融合して、
    換気と同時に除湿・加湿することを可能に。
    除湿をすることで体感温度を下げ、
    28℃でも快適なオフィスを実現。

    換気しながら温度だけでなく
    「しつど」までコントロール
    夏のオフィスにふさわしい空気で満たします

    1. 湿気を除いた空気を取り込んで換気
  • 03

    広いオフィスにふさわしい空気

    ドアの近く、エアコンの吹出し口の下、
    窓際など広いオフィスでは温度に
    バラつきが出てしまいます。
    オフィスはたくさんの人がいる空間だからこそ、
    部屋のどこでも空気は快適であってほしいもの。

    温度のバラつきをなくすには、
    エアコンの気流を隅々まで行き届かせることが大切です。
    しかし従来の4方向に吹く業務用エアコンでは
    「気流の死角」ができてしまいがち。

    そこでダイキンは360度全周吹きで死角をなくし、
    温度のバラつきを解消。さらに、
    立ち上がりの気流の吹き出し方を切り替えることで、
    大きい空間を素早くムラなく空調できる
    アクティブ・サーキュレーション気流を導入。

    部屋のどこにいても快適な気流が、
    オフィスにふさわしい空気で満たします。

    1. 「気流の死角」でできる温度のバラつき
    2. アクティブ・サーキュレーション気流で
      すばやく全体を空調して
    3. その後は360度全周吹きで
      快適をキープ
  • 04

    ホテルの客室にふさわしい空気

    ホテルは世界中から様々な人が集まるところ。
    すべての人、すべての部屋に快適な空間を
    提供しなければなりません。ですが、
    その生活環境の違いや好みによっても
    「快適な温度」は人それぞれ。

    ダイキンはひとりひとり異なる好みに同時に応えるためには、
    いつでも冷房と暖房を部屋毎に切り替えられる空調機が
    必要だと考えました。
    そこで従来ではできなかった
    1台の室外機による冷房と暖房の同時運転を可能に。
    季節に関係なくどんな温度が好みの人にも
    快適な空気を届けられる空調を実現しました。

    ひとりひとりの好みに合わせて
    同時に温度をコントロール、
    ホテルの客室にふさわしい空気で満たします

    1. 同じ空気でも快適さは人それぞれ
    2. 暑いと感じる人には冷房を、
      寒いと感じる人には暖房を
    3. 1つの室外機で冷暖房の同時運転を実現
  • 05

    青果物を運ぶ冷凍コンテナにふさわしい空気

    青果物も世界規模で流通しており、
    長い船旅を経て輸送されてきます。
    最高の状態で青果物を店頭に届けるには、
    長い輸送中にも鮮度を保つ技術が必要です。

    ダイキンは青果物の呼吸を抑えることで、鮮度を保ち、
    より長く、遠くへ青果物を運ぶことができると考えました。

    エアコンで培ったインバータ技術を応用して、
    冷凍コンテナ内の温度・しつどの変化を最小限に。
    さらに外部から高濃度窒素ガスを注入することで、
    酸素・二酸化炭素の濃度コントロールが
    できるようにしました。
    これにより青果物の呼吸を抑え、
    より鮮度を保つことが可能に。

    ヒトの快適を支えるダイキンの技術を食品へ、
    青果物を運ぶ冷凍コンテナに
    ふさわしい空気で満たします。

    1. 高温多湿や低温乾燥まで
      さまざまな場所を通るコンテナ船
    2. どんなところでも
      コンテナの中の環境は一定に
    3. 酸素・二酸化炭素の濃度も調整
  • 06

    夏のリビングにふさわしい空気

    夏のリビングはむし暑くて不快に感じやすく、
    エアコンを運転させていても快適さが続かずに、
    ついついエアコンの設定温度を下げすぎてしまいがち。

    ダイキンはその不快感の原因は
    「しつど」に鍵があると考えました。
    通常、エアコン冷房は設定温度付近まで冷やした後は
    冷房運転が弱まるのと一緒に、
    除湿能力が落ちててしまうもの。

    だから「設定温度到達後も、しっかり除湿しながら冷房する」
    というダイキンだけの制御機能を採用。

    温度だけでなく「しつど」まで
    コントロールして夏のリビングにふさわしい
    空気で満たします。

    1. 湿度が高くて暑い夏のリビング
    2. 設定温度に近づくと、
      次第にしつどが上がってしまう
    3. 設定温度に達しても除湿し続けます
  • 07

    冬のリビングにふさわしい空気

    冬のリビングは、乾燥しがち。
    通常、エアコン暖房は、
    部屋全体の空気が乾燥してしまう上、
    エアコンの風が体に当たると
    お肌も乾燥してしまうから不快。

    ダイキンでは独自の「無給水加湿」で、
    部屋全体の空気にうるおいをプラスし、
    さらに「垂直気流」で、風をからだに当たりにくくする
    ダブルの乾燥対策を考えました。

    「しつど」と「気流」の力を利用した
    独自の「ダブルの乾燥対策」で
    冬のリビングにふさわしい
    空気で満たします

    1. 乾燥しがちな冬のリビング
    2. 風が当たりにくい気流で
      足元からあったか
    3. しかも外気の空気中の
      水分を取り込んで加湿
  • 08

    吹き抜けのあるリビングにふさわしい空気

    吹き抜けのあるリビングは、
    開放感があって素敵な間取り。
    でも、冬は暖かい空気が天井に溜まってしまって、
    足元が寒くなりがちという弱点も。

    ダイキンは、吹き抜けでも足元から快適に過ごすためには、
    お部屋の「上下から」効率よく
    暖める必要があると考えました。

    「パワフルに上から暖めるエアコン」と、
    「じんわり下から暖める床暖房」を1台にまとめて連動運転。
    まずはエアコン中心に運転しすばやくあたため、
    室温が安定したらエアコン運転は抑えて
    床暖房だけでじんわりと。
    これらを自動で判断して、かしこく切り替えるから、効率的。

    エアコンと床暖房を連動させることで
    吹き抜けのあるリビングも
    ふさわしい空気で満たします

    1. 暖かい空気が天井に溜まってしまう部屋
    2. 上下からすばやく暖めて
    3. あたたまると
      床だけに自動で切り替えます。
  • 09

    大きな窓のあるリビングにふさわしい空気

    大きな窓のあるお部屋は、明るくて、開放的。
    一方、窓が大きければ大きいほど、室外から熱射が入り込み、
    窓際に温度ムラが発生しやすく、
    エアコンが効きにくくなってしまうという弱点も。

    ダイキンは、大きな窓によって生じてしまう温度ムラを、
    気流で解決することができないかと考えました。

    そこで気流を窓側へ吹き付ける機能を開発。
    天井埋込カセット形シングルフロータイプや、
    壁掛形の垂直気流機能で、
    窓からの熱射による温度ムラを解消。

    温度ムラを気流でしっかり解消して
    大きな窓のあるリビングも
    ふさわしい空気で満たします。

    1. ダイレクトに熱射がはいる
      大きな窓のある部屋
    2. 熱射による温度ムラを抑えるために
    3. 窓側に直接気流を吹き付けます
  • 10

    縦長リビングに
    ふさわしい空気

    LDKの形状は多種多様。だから生じる問題も多種多様。
    たとえば二間続きのリビング・ダイニングという
    間取りの場合、リビングの端に設置したエアコンだけでは、
    ダイニングまでうまく気流が届かず、夏は暑く、冬は寒い。

    ダイキンは、
    間取りや生活に合わせて気流をコントロールすれば、
    いつでも快適に過ごすことができると考えました。

    1台で2方向同時に気流が吹き出せる
    「天井埋込カセット形ダブルフロータイプ」は、
    人がいない部屋側は風量を抑えるなど、
    2つの気流の風量バランスの切り替えが可能。

    1台で2つの気流を
    吹き出し温度コントロールすることで
    縦長リビングにもふさわしい空気で満たします

    1. 2方向の気流で部屋全体に行き渡り
    2. 生活シーンに合わせて
      風量バランスを切り替えられる

空気で答えを出す会社
ダイキン

ページの先頭へ