ページの本文へ

 

CHALLENGE TO
CARBON NEUTRALITY
カーボンニュートラルへの挑戦

2050年のカーボンニュートラル達成に向けて、 製品ライフサイクルを通じた温室効果ガス排出の削減による環境への取組みで業界をリードしつつ、社会的責務を果たしていきます。
1.モノづくり(開発・生産時)での削減 (開発・生産工程における、エネルギー起源のCO2排出とHFC・PFCの排出を削減)
 ✓工場のカーボンニュートラル化の取組み
2.製品使用時における消費電力削減 (グローバル全域でインバータ化を加速し、環境対応商品(省エネ機器)で他社をリード)  
 ✓ルームエアコンInv化率 2019年75%➡2021年79%➡2025年93%  
 ✓省エネ性の高い要素技術の開発
3.ヒートポンプ暖房・給湯事業の拡大 (欧州と北米を最重点地域と位置づけ、燃焼式暖房・給湯機からH/P式へのシフトを加速)  
 ✓欧州:主要各国で市場シェアNo.1をめざす  
 ✓北米:インバータH/Pユニタリーの販売加速
4.空調事業を支える冷媒に関する取組み (冷媒起因のCO2は排出削減につながる様々な対策を進め、環境社会・業界をリード)  
 ✓グローバルでR32化を推進。RAのR32化率 2019年83%➡2025年95%超  
 ✓冷媒エコサイクル(回収・再生・破壊)の構築  
 ✓次世代冷媒・機器開発
5.環境新事業への挑戦 (市場拡大とCO2削減貢献が期待できるテーマに挑戦)  
 ✓スマートシティ:グローバル各地域でプロジェクトに参画  
 ✓創エネ:マイクロ水力発電のラインアップを拡充
6.カーボンニュートラル社会に向けた技術開発 (CO2の分離・回収・再利用に関する先端技術をリサーチ・獲得)  
 ✓CO2の常温分解・直接回収・再利用技術の探索(同志社大学との協創)  
 ✓CO2ネットゼロ社会の仮説構築(東京大学との協創)
           

ENERGY SAVING TECHNOLOGY
省エネ技術

エアコンの中でも消費電力が大きい圧縮機駆動用のモータの省電力化が重要で、特に圧縮機の中・低速回転領域でのモータの効率向上が実現する為に新たなモータ形式の実用化が必要だった。省電力化において、【モータ電流を低減し電力損失を低減する】【モータの効率を低下させずモータ回転数を増大させる】が重要だ。従来、この2つの両立は不可能と考えられていた。
圧縮機技術
空調システムの心臓部ともいえる圧縮機の消費電力は、空調機全消費電力の80~90%を占めています。2050年のカーボンニュートラルを見据えた継続的な省エネ化の施策として、圧縮機の高効率化はどのエアコンメーカーでも明確な課題になっています。現状維持のままでは衰退していくエアコン業界において、ダイキン工業が売上No.1になり続けている背景には、圧縮機における他社にはない強みと、それを開発する発想力、そして行動力があるのです。

ダイキンの圧縮機の強み、それを支える開発力について、圧縮機技術を長年牽引してきたテクノロジー・イノベーションセンターの松浦主席技師が語ります。
今後の目標
重要パーツである、圧縮機、モータ、インバータで独自技術にさらに磨きをかけ、
搭載したダイキンのエアコンで世界を席巻する。
関連記事
モータ技術
エアコンメーカーとして知られるダイキン工業ですが、実は特殊用途のモータ開発で業界をリードしてきたことはあまり知られていません。さまざまな形状のモータの開発を行い、業界初、世界初の量産化を行うなど、モータ専業メーカーよりも積極的にモータ開発を行っているのです。エアコンにも必要不可欠なモータですが、ダイキン工業独自の開発により、小型で高出力、静音性にも優れたエアコン用リラクタンスDCモータの量産化に成功しました。

そこにはどのような技術が隠されているのでしょうか? ダイキンのモータ開発を長年支えてきた、テクノロジー・イノベーションセンターの山際主席技師が語ります。
今後の目標
モータのさらなる省エネ・小型化を目指しつつ、資源環境課題にも取り組む。
・圧縮機用モータのロータに使用する磁石のレアアース使用量半減化
・ファンモータのステータに使う銅巻線のアルミ巻線化
関連記事
インバータ
エアコンにおけるインバータ搭載は、エアコンの省エネ化を行うにあたり最も効果の見込める施策です。しかし、インバータを搭載すると電源側へ高調波発生やノイズの影響が懸念されるため、やみくもに搭載すればよいというものではありません。特に中国や欧州では、インバータが発生する高調波に対して厳しい規格があり、インバータ搭載時のコストアップが課題となって、インバータエアコン普及の障壁となっているのが現状です。そこでダイキン工業では、高調波抑制を低コストで行える電解コンデンサレスインバータの開発を積極的に行っています。

どのような取り組みを経て開発に至ったのか、強みはどのような所にあるのか。テクノロジー・イノベーションセンターの田口主任技師が語ります。
今後の目標
用途に特化したインバータ技術を進化させ、
省エネ性・コストに磨きを掛けながら新たな価値を創出する。
関連記事
磁気冷凍
磁気冷凍技術は従来の蒸気圧縮式冷凍技術と比較すると冷媒を使用しないため環境優しく、近年の磁気冷凍技術の進歩により性能についても凌駕する可能性があるため、実用可能になると非常に有益な技術になります。

現在、開発が進んでいる高性能磁気冷凍材料に適した磁気冷凍ヒートポンプの実現可能性について検討し、将来の実用化を目指しています。
今後の目標
高性能磁気冷凍材料に最適なシステムの可能性を見極め、
将来の高効率・ノンフロンヒートポンプ空調機のための開発指針を得る。

REFRIGERANT DEVELOPMENT
冷媒開発

冷媒エコサイクルの構築
ダイキンは2015年に採択された「パリ協定」に賛同し、2050年に向けて温室効果ガス排出実質ゼロを目指す「環境ビジョン2050」を策定、2030年削減目標を設定し、戦略経営計画「FUSION25」に織り込んで推進しています。これの達成に向け、TICでは、ヒートポンプ技術の適用分野の拡大やインバータの普及促進への寄与による空調・冷凍・冷蔵分野での消費電力量の削減、地球温暖化係数(GWP)の低い冷媒の提案や空調製品での実用化、空調製品からの冷媒漏洩をいち早く検知する技術の開発、使用済み冷媒の回収や再生を促進し冷媒生産量を削減する技術や仕組み(ソリューション)の開発など、環境負荷を低減するための様々な取り組みを実施しています。
今後の目標
地球温暖化効果の低い冷媒への転換や冷媒を大気放出しない・させない技術・
ソリューションの開発・推進による温室効果ガス排出実質ゼロの実現への貢献
関連記事

HEAT PUMP HEATER &
EXPANSION OF HOT WATER SUPPLY
ヒートポンプ暖房・給湯の拡大

燃焼式からヒートポンプ式の普及加速のための低外気性能向上、低騒音化技術

欧州や北米の暖房・給湯はCO2排出量が多い燃焼式が主力の市場ですが、ダイキンが得意とする省エネ性の高いヒートポンプ暖房・給湯の普及加速により、CO2排出量削減に取り組みます。
ヒートポンプ空調機の室外機は、冬季の暖房運転時に外気温が低下すると熱交換器表面に霜が発生して成長することで、熱交換器に風を送風できなくなり性能が低下していくため、その場合には暖房運転を停止し、温かい冷媒を室外熱交換器に流すことで霜を溶かす運転(デフロスト運転)を行うことで対応しています。
これは燃焼暖房からヒートポンプ暖房へ置き換える際の最大の課題であり、これを解決するために暖房時に室外熱交換器に発生する凝縮水を霜になる前に液滴の状態で熱交換器から脱離させる技術を開発中です。

また、特に欧州では低騒音化の市場ニーズが非常に高く、ファン等の送風音低減技術として、流体シミュレーションによる音の発生源の特定やファンの風周り解析により、音の要因となる渦の発生を抑える形状の最適化に取り組んでいます。
今後の目標
ヒートポンプ暖房でも常に快適性を保つために「停まらない暖房運転」を実現し、
ヒートポンプ暖房の普及で地球環境に貢献する。

ENERGY CREATION TECHNOLOGY
創エネ技術

ページの先頭へ