ダイキン工業株式会社

新卒採用情報

100→0を目指す
戦略経営計画

FUSION25

2015年、COP21で今世紀後半に温室効果ガスの排出量を実質ゼロにし、世界の平均気温上昇を産業革命前に比べて2°C未満に抑えるという「パリ協定」が締結された。2018年、ダイキンはそのパリ協定に賛同し、2050年までにカーボンニュートラルをめざす「環境ビジョン2050」を策定した。
長期的目標である「環境ビジョン2050」を達成するため、2025年を最終年度とする実行計画「FUSION25」では成長戦略3テーマ、強化地域1テーマ、経営基盤強化5テーマの計9テーマを設定。
このページでは「FUSION25」の全体像から「100→0」に向けたダイキンの具体的戦略を紹介する。

策定の前提

外部環境変化を大きなチャンスと捉え、自社の強みを活かし、更なる成⻑発展をめざす

外部環境の変化

環境・社会貢献の重要性の高まり
•ESG投資、SDGs達成に向けた取り組みがグローバルで拡大
•脱炭素化の動きが加速、温暖化ガスへの規制強化
•空調の需要は2050年までに3倍増
消費がモノからコトへシフト
•価値感が「商品の所有」から「体験・経験」へ
空気・換気に対するニーズの広がり
•安全・安心、健康・快適な空間がニューノーマル社会に定着
デジタル、AI、5Gなど技術の革新的進歩
•新たな商品・サービス、ビジネスモデルの出現
•ものづくり、SCM、営業活動など業務プロセスの革新
•働き⽅改革(リモートワークなど)

ダイキン独自の
強み

省エネ・環境技術
•インバータ技術、ヒートポンプ技術、低温暖化冷媒
空気関連技術
•空気清浄、除菌、フィルタ、換気
世界に拡がる強固な販売網
•161ヵ国で事業展開
地産地消のモノづくり
•グローバル105以上の生産拠点
経営⼒・組織⼒
•⼈を基軸におく経営
•独自性を追求する経営
•ダイバーシティマネジメント
企業風土・行動原理
•フラット&スピードの経営
•コアマン&サポーターの関係

9大テーマ

環境と空気の新たな価値を提供し、サステナブル社会への貢献とグループの成⻑を実現する

カーボンニュートラルへの挑戦

取り組みを見る

顧客とつながるソリューション事業の推進

取り組みを見る

空気価値の創造

取り組みを見る

北米空調事業

取り組みを見る

技術開発力の強化

取り組みを見る

強靭なサプライチェーンの構築

取り組みを見る

変革を支える
デジタル化の推進

取り組みを見る

市場価値形成・
アドボカシー活動の強化

取り組みを見る

ダイバーシティマネジメントの
深化による人材力強化

取り組みを見る

VALUE

私たちの
目指す
創造価値

経済価値
2025年度全社目標(イメージ)
売上3.6兆円
営業利益4,300億円
(営業利益率12%)
環境価値・社会価値
CO2実質排出量の削減
25年目標(成り⾏き⽐)30%以上
⼈類を暑さ、寒さから解放
顧客と直接繋がり、⽤途ごとのニーズに応える
安全・安心、快適な空気・空間の提供
食品ロス削減に貢献
国際ルールづくりへの貢献
従業員・地域の成長に貢献
ページの先頭へ