1. トップ
  2. 企業情報
  3. ニュースリリース
  4. 2021年度 十河社長 兼 CEO 新入社員への訓辞

ニュースリリース

2021年4月1日

  • 経営・財務 経営・財務

2021年度 十河社長 兼 CEO 新入社員への訓辞
―様々な価値観との出会いを大切にし、変革を巻き起こそう―

印刷用PDFファイル(195.86KB)


ダイキン工業株式会社は、2021年4月1日に大阪市北区にあるグランフロント大阪(コングレコンベンションセンター)で入社式を行いました。十河政則 代表取締役社長 兼 CEOは、当社がめざす方向や新入社員に期待することを話しました。

十河社長訓辞(要旨)

当社を取り巻く経営環境は、かつてないスピードと振れ幅で変化しています。デジタル技術の急速な発展や、「モノ」から「コト」への顧客ニーズのシフト、SDGsやESGなど環境・社会貢献への重要性の高まりなどです。さらに、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、換気をはじめとする空気・空間の安心安全に対する関心が高まり、テレワークなど勤労観や生活様式に対する価値観などの新たな変化も顕在化してきました。これらの変化は、我々にとって自らを変革する絶好のチャンスです。

当社がこれまで成長を続けてきた最も大きな原動力は「人の力」です。今後の成長と発展を担う「原石」ともいえる人材である皆さんに求めたいことは、「イノベーターたれ」ということです。

当社のイノベーターとは、「変革へ挑戦する勇気と行動力を持ち、自ら変革を担う者」という意味です。イノベーションを起こすには「千里の道も一歩から」。まずは何でも目の前のことに好奇心を持って一つでも二つでも発言・行動することです。自分の感性を信じて、最初の一歩を踏み出していただきたいと思います。最初の一歩は小さくとも、夢や信念を持ち続け、自らの行動で示すことで周りの心に火を付け、いずれ大きな変革を巻き起こしてください。当社は出る杭を認め、前向きな失敗はとがめない社風を誇りにしています。会社を信じ、思い切って新しいことに取り組んでください。

そのときに心がけて欲しいのは、「人との関わりを通じて徹底して学ぼうとする熱意と謙虚さを持つこと」です。経験の浅さを補うものは、人から学ぶことです。人は人によって磨かれていくものです。人との関わり合いを通じて、たくましく自分を磨き高めてください。

これからは、Withコロナの時代といわれますが、対面でもリモートでも、人と人がつながることの重要性は変わりません。様々な価値観を持った人たちとの交流や対話を重ねる中で「気づき」が生まれ、その「気づき」がイノベーションのきっかけになったりもします。

当社の挑戦・成長のフィールドは、世界中に広がっています。Withコロナの時代が到来し、人々の生活様式・購買行動が変わりつつある難しい時代であると同時に、新しいものを生み出すチャンスです。皆さんの新しい力とともにさらなる飛躍を目指し、挑戦していきたいと心から思います。今日から同じ組織の仲間として、ともに頑張りましょう。

参考:入社対象者

合計 定期採用 キャリア採用
2021年度入社 465名 396名(技術系:331名、事務系:65名) 69名
2020年度入社 535名 424名(技術系:361名、事務系:63名) 111名

報道機関からのお問い合わせ先

ダイキン工業株式会社 コーポレートコミュニケーション室

本社
〒530-8323 大阪市北区中崎西二丁目4番12号(梅田センタービル)
TEL (06)6373-4348(ダイヤルイン)
東京支社
〒108-0075 東京都港区港南二丁目18番1号(JR品川イーストビル)
TEL (03)6716-0112(ダイヤルイン)
E-mail
prg@daikin.co.jp

ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在のものです。
予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

ニュースリリース一覧に戻る

ページの先頭へ