ページの本文へ

  1. トップ
  2. 企業情報
  3. CSR・環境
  4. 経営とサステナビリティ
  5. サステナビリティと戦略の関係

経営とサステナビリティ

サステナビリティと戦略の関係

ダイキンは事業を通じて社会の課題解決と持続的発展に貢献するために新たな価値創造に向けたマネジメントを中・短期と長期それぞれの視点から行っています。

中・短期では事業が社会に与える影響を評価して「CSR行動計画」を、長期的には自社のリスク・機会を予測・特定したうえで「環境ビジョン2050」を策定。

戦略経営計画「FUSION」を軸として5年ごとに具体的目標と施策を立案・実行しています。

2050年度に向けたダイキンのサステナビリティ

2050年度に向けたダイキンのサステナビリティ

グループ経営理念

全従業員が考えと行動のよりどころする経営の基本的な考え方。

  1. 「次の欲しい」を先取りし、新たな価値を創造する
  2. 世界をリードする技術で、社会に貢献する
  3. 企業価値を高め、新たな夢を実現する
  4. 地球規模で考え、行動する
  5. 柔らかで活力に満ちたグループ
  6. 環境社会をリードする
  7. 社会との関係を見つめ、行動し、信頼される
  8. 働く一人ひとりの誇りと喜びがグループを動かす力
  9. 世界に誇る「フラット&スピード」の人と組織の運営
  10. 自由な雰囲気、野性味、ベストプラクティス・マイウェイ

CSR行動計画

「価値提供のCSR」の4テーマと「基盤的CSR」の5テーマについて目標を定めた5年ごとの行動計画。

価値提供のCSR
環境負荷を低減しながら、世界中に健康で快適な空気環境を提供します
  • 環境
  • 新価値創造
  • 顧客満足
  • 人材
基盤的CSR
社会からの要請に応え、より透明で誠実な事業活動を行います
  • コーポレート・ガバナンス
  • 人権の尊重
  • サプライチェーン・マネジメント
  • ステークホルダー・エンゲージメント
  • 地域社会

戦略経営計画「FUSION25」

グループ経営理念および現状認識をもとに、5年でめざしたいグループの発展の方向を定めた当社の戦略経営計画。

戦略経営計画「FUSION25」

環境ビジョン2050

パリ協定に賛同し、2050年に温室効果ガス排出実質ゼロをめざして策定した長期目標。

ダイキン環境ビジョン2050

ダイキンがめざす価値創造

環境負荷を低減しながら、人と空間を健康で快適にする新しい価値を提供します。

地球に対する価値創造

事業活動全体を通じて環境負荷を低減し、気候変動の抑制に貢献する

都市に対する価値創造

都市化によって生じるエネルギー関連課題を解決し、持続可能な都市づくりに貢献する

に対する価値創造

空気の可能性を追求し、人々の健康で快適な生活に貢献する

CSR・環境
ページの先頭へ