ダイキン工業株式会社

大学卒・大学院修了採用 DAIKIN RECRUITING WEB 2021

大学卒・大学院修了採用 DAIKIN RECRUITING WEB 2020

社員紹介

DAIKIN INDUSTRIES (THAILAND) LTD.
Manager/Research & Development Division

中下 裕子

2005年入社 工学部 電気電子工学科卒

PROFILE
入社後、空調生産本部 商品開発グループに配属。インバータ基板開発に携わる。2007年、VRV商品用インバータ基板開発担当。2012年より、VRV商品用開発チーフ。2015年より、ダイキン インダストリー タイランド社のR&Dへ出向。DIT開発機の電装品開発に関するマネージャーへ
現在の仕事についての画像
現在の仕事に
ついて
現地ローカルメンバーの育成です。開発拠点として日本の設計品の移管だけでなくタイ独自の商品作りができるよう、仕事の仕方、考え方をメンバーに共有しています。日本人がいなくても収益性の高い商品作りができるよう、基礎的人材の育成を行っています。また、品質向上のための評価や検討の仕方をメンバーと試行錯誤しながら向上させていくことも私の仕事です。
現地で仕事をするうえで大切にしていることの画像
現地で仕事をするうえで
大切にしていること
外国人との価値観の違いを発見し、自分の人生観が大きく変わりました。今までいかに狭い価値観の中で生活しているかがわかり、同時に日本人の素晴らしいところを発見することもできました。 タイでは、安易な妥協はしないことをモットーに仕事をしています。言葉の壁に負けて自分の意志を押し通せないこともありましたが、譲れないことも多く、言葉が通じなくても相手に伝わるまで何度も方法を変えて伝えていくようにしました。時間はかかりますが、アウトプットとしては満足いくものになりましたね。
印象に残っているエピソードの画像
印象に残っている
エピソード
「待つ」ということを覚えました。タイは気候も穏やかで人ものんびりしています。日本人のように何かに追われていません。その分、最初のころは納期が迫った仕事は私一人で焦って、「まだかまだか」と言っていました。最近では考え方を変え、いかに彼らが楽しくスムーズに仕事ができるか、納期通りにアウトプットを出すにはどういう仕掛けがいるかを考えることで、人を変えるのではなく私が方法を変えて、いかにアウトプットを出せるかを楽しんでいます。
オフタイムの過ごしかたの画像
オフタイムの
過ごしかた
会社のメンバーとゴルフに行ったり、先輩とマーケットに買い物に行ったり、ローカルフードのランチを食べに行ったりしています。ローカルメンバーと旅行に行く計画も立てています。
一覧に戻る
ダイキン工業について
ダイキン工業の人と仕事
動画で見るダイキン
採用基本情報

MY PAGE

初期登録