ページの本文へ

  1. トップ
  2. 企業情報
  3. ニュースリリース
  4. 次世代設備CAD『FILDER CeeD(フィルダーシード)』を発売

ニュースリリース

BIM対応を強化し、紙の青焼き図面から3次元図面データの作成を可能とする

次世代設備CAD『FILDER CeeD(フィルダーシード)』を発売

印刷用PDFファイル(577KB)


ダイキン工業株式会社は、BIM(Building Information Modeling)への対応を強化した、空調・給排水衛生・電気設備業者向け3次元設備CAD『FILDER CeeD(フィルダーシード)』を、2020年1月30日より発売します。また、電気設備図の作成に特化した電気設備業者向けCAD『FILDER CeeD 電気』も同日に発売します。

昨今、建築における設計や施工の領域では3次元の建築図に設備の形状や寸法、コストなどの情報を追加したBIMデータの普及が進み、業務効率化の観点から大きな注目を集めています。

このたび発売する『FILDER CeeD』は、従来のPDFデータの読み込み機能の拡充により、今後、設備の更新時期を迎える築20年以上の物件で多く使用されていた紙の青焼き図面から、3次元の複層階図面データを簡単に作成することが可能です。BIM対応の強化により、設備機器のリニューアルなど、人材不足が課題となっている建築設計の作業効率化を実現します。

製品の特長

1. PDF化した青焼き図面を3次元の図面データに変換し、BIMに対応

従来のPDFデータの読み込み機能を拡充。青焼き図面をスキャナーなどでPDFに変換し、『FILDER CeeD』で読み込むことで、自動でノイズの除去、色・角度の補正をして図面データとして活用できます。また、「躯体トレース機能」により、建築図上の柱や梁、壁線をなぞるだけで建物の骨組みを簡単に3次元化し、各フロアのシートへコピーすることで複層階の図面データを作成できます。さらに、図面データに配置した設備の材料集計も可能です。

2. Rebroデータとの互換性を強化しシームレスにデータ授受が可能

大手ゼネコンなどで多く使用されている設備専用3次元CAD『Rebro(レブロ)』(開発元:株式会社NYKシステムズ)との互換性を強化し、ストレスなくシームレスなデータの受け渡しが可能となりました。『FILDER CeeD』は、フロアや設備ごとに作成した図面データを1つの図面データに合体することができるため、複数の作業者で空調や電気設備の作図をワークシェアして作成した図面データを『Rebro』に出力することも可能です。

3. 空調メーカーならではの設備機能の拡充

複数の部屋で冷房と暖房を同時に運転できる冷暖フリーの空調機器に使用される3管式冷媒配管への対応や、冷媒配管のサイズ表自動作成など空調メーカーならではの機能を拡充しました。また、図面情報からそれぞれの電気設備にどのように電気を分配するかを示す電気盤図の自動作成も可能です。

価格・発売時期

商品名 定価/ライセンス 発売時期
FILDER CeeD 148万5000円(税込) 2020年1月30日
FILDER CeeD 電気 99万0000円(税込) 2020年1月30日

製品の特長 解説図

FILDER CeeD 画面イメージ

動作環境

対応OS Windows 10(64bit/32bit)
必要CPU Intel Core i5同等品以上
必要メモリ 3GB以上(32bit版:4GB以上推奨、64bit版:8GB以上推奨)
ディスク容量 4GB以上の空き容量
ディスプレイ解像度 1280×800ピクセル以上(1920×1080ピクセル以上推奨)
グラフィック OpenGL、及びDirectX 9.0 対応のグラフィックカードを推奨
全てのグラフィックカードの動作を保証するものではありません。
入出力機器 ホイールマウス、キーボード、DVD-ROMドライブ(インストール時)

報道機関からのお問い合わせ先

ダイキン工業株式会社 コーポレートコミュニケーション室

本社
〒530-8323 大阪市北区中崎西二丁目4番12号(梅田センタービル)
TEL (06)6373-4348(ダイヤルイン)
東京支社
〒108-0075 東京都港区港南二丁目18番1号(JR品川イーストビル)
TEL (03)6716-0112(ダイヤルイン)

お客様からのお問い合わせ先

ダイキン工業株式会社 電子システム事業部 営業部 HASグループ

〒108-0075 東京都港区港南二丁目18番1号(JR品川イーストビル)
TEL:0570-023800 (ナビダイヤル)
E-Mail:info-has.comtec@daikin.co.jp


ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在のものです。
予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

ニュースリリース一覧に戻る

ページの先頭へ