ページの本文へ

  1. トップ
  2. 企業情報
  3. ニュースリリース
  4. フッ素化学製品におけるPFOA及び関連化合物の製造、使用全廃について

ニュースリリース

フッ素化学製品におけるPFOA及び関連化合物の製造、使用全廃について

印刷用PDFファイル(158KB)


ダイキン工業株式会社(本社:大阪市北区、社長兼CEO:十河政則)は、PFOA(パーフルオロオクタン酸)及び関連物質の製造・使用、およびそれらを原料とした製品の製造を2015年12月末で完全に終了しました。

当社は2006年、持続性のある化学物質管理の一環として、世界の主要フッ素化学メーカー7社(計8社)とともに、2015年までにPFOA及び関連物質を全廃することをめざす「PFOA自主削減プログラム(PFOA2010/2015スチュワードシップ・プログラム※1)」に参画しました。

それ以降これまで、代替品開発の取り組みを推進してきたことにより、スチュワードシップ・プログラムの目標期限である2015年末で、PFOA及び関連物質の製造・使用を完全に終了したことを報告します。

今後も当社は、化学物質の管理に留意しながらさらなる製品開発に取り組みます。一例として、代替製品の原料となるC6テロマー関連化合物について様々な試験を実施しており、その結果を当社ウェブサイト上で公開しています※2

  • ※1
    PFOA 2010/2015スチュワードシップ・プログラムについて
    2006年1月末、米国環境保護庁は「PFOA自主削減プログラム(PFOA 2010/2015スチュワードシップ・プログラム)」を発表し、世界の主要フッ素化学メーカー8社(社名は下記)に対し、プログラムへの参加を呼びかけました。プログラムの内容は以下の通りです。
    • (1)
      PFOA、もしくは分解してPFOAを発生する前駆体物質、およびC8より炭素数の多い類縁物質の、工場から環境中への排出量、製品中含有量の両方について、2010年に基準年比95%削減すること。
    • (2)
      PFOA、もしくは分解してPFOAを発生する前駆体物質、およびC8より炭素数の多い類縁物質を2015年に全廃することに対する努力を行うこと(Working toward the elimination)を約束すること。
    フッ素化学メーカー8社
    デュポン(現ケマーズ)、3M/ダイネオン、旭硝子、ソルベイ・ソレキシス(現ソルベイ・スペシャルティー・ポリマーズ)、アルケマ、クラリアント(現アークローマ)、チバ・スペシャルティー・ケミカル(現BASF)、ダイキン工業
  • ※2

報道機関からのお問い合わせ先

ダイキン工業株式会社 コーポレートコミュニケーション室

本社
〒530-8323 大阪市北区中崎西二丁目4番12号(梅田センタービル)
TEL (06)6373-4348(ダイヤルイン)
東京支社
〒108-0075 東京都港区港南二丁目18番1号(JR品川イーストビル)
TEL (03)6716-0112(ダイヤルイン)

ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在のものです。
予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

ニュースリリース一覧に戻る

ページの先頭へ