ページの本文へ

  1. トップ
  2. 企業情報
  3. ニュースリリース
  4. 平成27年度「新・ダイバーシティ経営企業100選」「なでしこ銘柄」に同時に選定

ニュースリリース

平成27年度「新・ダイバーシティ経営企業100選」
「なでしこ銘柄」に同時に選定

印刷用PDFファイル(236KB)


ダイキン工業株式会社は、経済産業省が優れたダイバーシティ経営企業を評価し発表する「新・ダイバーシティ経営企業100選」と、経済産業省と東京証券取引所が共同で女性活躍推進に優れた企業を評価し発表する「なでしこ銘柄」に選定されました。「新・ダイバーシティ経営企業100選」は今回初めて、「なでしこ銘柄」は平成24年度、26年度に続き2年連続3度目の選定となりました。同時に選定されたのは今回が初めてです。

当社は、海外への事業展開の加速に伴い、多様化する顧客のニーズに対応しイノベーションを創出するにはダイバーシティ・マネジメントが欠かせないと考え、経営の柱の1つと捉えてきました。性別・国籍・年齢や障がいの有無を問わず多様な人材の活用を進め、外国人、高齢者、障がい者への取り組みを行ってきました。さらに2011年12月からは、経営トップ直轄のプロジェクトを立ち上げ、本格的に女性活躍推進の取り組みを開始しました。

女性活躍推進に関する具体的な取り組みとしては、女性管理職登用の加速に向けて女性を計画的に育成していくための施策、男性管理職の意識改革策、出産や育児をキャリアブレーキにしないための環境整備として育児休暇からの早期復帰支援の充実などを実施してきました。

「新・ダイバーシティ経営企業100選」では、これらの取り組みに加え、外国人の活躍推進、長時間労働の是正についても評価されたものと考えています。また「なでしこ銘柄」には、女性活躍推進に積極的に取り組み、財務指標にも優れた企業として選定されたと考えています。

今後も引き続き、ダイバーシティ・マネジメントを推進すべく、多様な人材の活躍に向けた取り組みを加速させていきます。

当社の女性活躍推進に関する主な取り組み

(1)男性管理職向け女性部下育成研修(2013年から2015年にかけて実施)

管理職450人を対象とした「マネジメント道場」という研修の中で、性別の違いによる「無意識の先入観」を払拭し、女性部下を育成するマネジメント力を強化するプログラムを実施しました。特に、「期待を示して厳しく鍛える」、「育児休暇復帰後の仕事の渡し方に遠慮しない」ことの徹底を図りました。

(2)育児休暇復帰者向けキャリア支援策(2014年より実施)

出産後6ヶ月未満で復帰した女性従業員を対象に、保育サービス利用などに対する支援策「育児支援カフェテリアプラン制度」の補助金を通常の3倍の60万円まで増額しました。さらに子どもが満1歳になるまで「最大週4回までの在宅勤務」や「短時間フレックス勤務」、復帰後1ヶ月間の「4時間勤務」の適用など柔軟な働き方も可能とし、早期復帰を支援しています。

(3)女性を計画的に育成し、管理職への登用を加速するための施策(2015年より実施)

女性の登用をめざす管理職ポストを「女性フィーダー(育成)ポジション」として部門ごとに定め、候補者を計画的に育成します。また、将来幹部を目指しうる若手女性には、「女性版 若手チャレンジプログラム」を実施し、従来にないスピードで育成します。制度面では、欧米企業で導入が進んでおり、女性の管理職登用に効果をあげている「スポンサー制度」を試験的に実施するとともに、女性の意欲を向上させ精神面で支援する「メンター制度」を導入しました。

ご参考

「新・ダイバーシティ経営企業100選」について
「ダイバーシティ経営企業100選」は、経済産業省が優れたダイバーシティ経営を実践している企業を表彰し、多様な人材の積極的活用に向けた動きの加速化を図ることを目的として2012年度から実施しています。過去3年間で中小、大企業あわせて141社が選定されました。4回目となる今回は「新・ダイバーシティ経営企業100選」として、過去応募・選定の少なかった「女性の職域拡大・役割の高度化」、「外国人の活躍推進」、「長時間労働是正などの働き方改革」の3つを重点テーマに設定し、さらに選考基準を改めてより成果に重点をおいた評価を行っています。
「なでしこ銘柄」について
「なでしこ銘柄」は、「中長期の企業価値向上」を重視する投資家にとって魅力ある銘柄として紹介すること通じ、企業への投資を促進し、各社の取り組みを加速していくことを目的として2012年度から実施しています。東証一部上場企業の中から業種ごとに、女性が働き続けるための環境整備を含め、女性人材の活用を積極的に進めている企業を選定するものです。具体的には、「女性のキャリア支援」と、「仕事と家庭の両立支援」の2つの側面と、財務面でのパフォーマンスから評価を行っています。

報道機関からのお問い合わせ先

ダイキン工業株式会社 コーポレートコミュニケーション室

本社
〒530-8323 大阪市北区中崎西二丁目4番12号(梅田センタービル)
TEL (06)6373-4348(ダイヤルイン)
東京支社
〒108-0075 東京都港区港南二丁目18番1号(JR品川イーストビル)
TEL (03)6716-0112(ダイヤルイン)

ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在のものです。
予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

ニュースリリース一覧に戻る

ページの先頭へ