ページの本文へ

  1. トップ
  2. 企業情報
  3. ニュースリリース
  4. 一人ひとりが足場を固め 強みを磨いて大きく前進しよう

ニュースリリース

ダイキン工業 十河社長 兼 CEO 年頭あいさつ(要旨)
2016年ダイキン工業グループ年頭方針

一人ひとりが足場を固め 強みを磨いて大きく前進しよう

印刷用PDFファイル(134KB)


十河社長CEO年頭あいさつ(要旨)

  • 本年は戦略経営計画「FUSION15」の目標を成し遂げると同時に2020年を目標年度とする「FUSION20」をスタートさせ、さらなる成長に向けて前進していく年です。
  • 足元の世界経済は、先行きに不透明感を増しています。景気変動の波が大きく、当社を取り巻く競争環境も大きな転換期を迎えています。我々は足元を見つめ直し、未来を構想する「先見性・洞察力」、ライバルより半歩先に動くための「決断力」、凡事徹底の精神に裏打ちされた一人ひとりの「実行力」に磨きをかけて、この3つの力の掛け算でパラダイムシフトの時代を勝ち抜いていかなければなりません。
  • 今年は以下の3つの取り組みを徹底し、足場を固めていきます。
    • 一つ目は「販売力・営業力の抜本強化」です。強靭な販売網づくりを本年も加速します。市場やお客様の変化に敏感に反応し、魅力的な提案ができる、お客様に密着した販売活動に取り組みます。また、機器単品の販売に留まらず、お客様のニーズに応じた商品やシステムの提供、エンジニアリングやサービス、トレーニングなどの機能も強化し、総合力を高めます。
    • 二つ目は「人材力の抜本的強化」です。次世代の経営幹部育成や、若手人材の早期育成策、女性活躍推進プロジェクトなど、役職や階層に応じた制度を今後も充実させます。高い目標に挑戦し、会社に貢献する人により多くのチャンスを与え、その成果に報いることで、働く人にとってやりがいの多い企業をめざします。
    • 三つ目は「企業倫理・コンプライアンス、リスクマネジメントの徹底」です。昨年は企業の不祥事が相次ぎました。一連の不祥事を他山の石として原点に立ち返り、現行の取り組みを見直して、充足を図ります。企業倫理・コンプライアンスについては、人は時にミスや間違いを犯してしまうとの前提に立ち『しない風土』の醸成と『させない仕組み』の強化、充実を図ります。
  • 昨年は創業90周年を記念した社史を発刊しました。当社がこれまでの苦難を乗り越え、飛躍を支えてきた原点に目を向け、未来への道標として、強みに磨きをかけていただきたいと思います。
  • 我々がこれまでやり遂げてきたことに自信を持ち、足場を固めて、強みをさらに磨き、全員参加で、明るく思い切って前進していこうではありませんか。

2016年ダイキン工業グループ年頭方針(骨子)

  1. いまこそ創造的破壊でパラダイムシフトの時代を勝ち抜こう
  2. 社内外の技術・知恵を融合した協創イノベーションで事業拡大を加速しよう
  3. 「販売力・営業力の抜本強化」「人材力の抜本的強化」「企業倫理・コンプライアンスやリスクマネジメントの徹底」3つに取り組み、足場を固めて「FUSION20」につなげよう
  4. 歴史に学び、強みを磨き、輝く未来を創造しよう

以上

報道機関からのお問い合わせ先

ダイキン工業株式会社 コーポレートコミュニケーション室

本社
〒530-8323 大阪市北区中崎西二丁目4番12号(梅田センタービル)
TEL (06)6373-4348(ダイヤルイン)
東京支社
〒108-0075 東京都港区港南二丁目18番1号(JR品川イーストビル)
TEL (03)6716-0112(ダイヤルイン)

ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在のものです。
予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

ニュースリリース一覧に戻る

ページの先頭へ