ページの本文へ

イラスト:太陽

しつどコントロールで熱中症対策!

イラスト:空に浮かぶぴちょんくん

しつどと熱中症の関係って?

熱中症の危険度を示す「暑さ指数」にいちばん影響するのがしつどなんだ。 イラスト:寝そべるぴちょんくん

熱中症にはさまざまな原因がありますが、特に気をつけたいのがしつどです。熱中症の危険度を判断する数値として環境省が発信している、「気温」「しつど」「輻射熱」から計算される「暑さ指数(WBGT)」によると、その影響の比率は、屋外の場合はしつど「7」:輻射熱「2」:気温「1」、屋内の場合はしつど「7」:輻射熱「3」。屋内外ともにしつどが暑さ指数の7割を占めていることから分かる通り、しつどが高いときほど熱中症に注意が必要とされています。

数式:「屋外 暑さ指数(WBGT)=しつどの効果7:輻射熱の効果2:気温の効果1」、「屋内 暑さ指数(WBGT)=しつどの効果7:輻射熱の効果3」

しつどの影響が高い理由は、しつどが高いと汗が蒸発せず体温調節がしにくくなるため。人は普段、汗や皮膚温度で体温を調節していますが、暑さなどでそのバランスが崩れてしまうと、からだに熱が溜まってしまい、熱中症になってしまうのです。

イラスト:通常の体温の熱は外気に逃げていく→体温調節がしにくくなると…→熱が溜まり体温が上昇→熱中症(出典:環境省 熱中症予防情報サイト)

しつどが高い日は要注意!真夏以外でもたくさんの方が熱中症になっているよ。 イラスト:両手を広げているぴちょんくん

しつどと熱中症の関係は、実際のデータにも現れています。真夏に注意が必要なイメージがありますが、梅雨の始まりの蒸し暑い6月や、暑くなり始めの7月のジメジメ期にもなりやすいことがわかっています。Yahoo!天気などで時間ごとの熱中症の危険度を確認することもできるので、外出の際など、こまめにチェックすることをおすすめします。

グラフ「熱中症による救急搬送時の気温と湿度(しつど)の状況(2015年6月~9月)赤色が濃いほど救急搬送者数が多い。」:20℃ほどしかなくても湿度65%を越えた辺りから緊急搬送者が徐々に増え始め、“気温が30℃以下でもしつどが高いと熱中症の危険性は高まる”ことを示している。(出典: 東京消防庁 ※一部改変)

しつどが高い部屋で熱中症になる人が実はとっても多いんだ…。 イラスト:座っているぴちょんくん

熱中症に特に注意が必要なのが高齢者です。暑さを感じにくく、冷房で体を冷やすのが苦手な方も多く、夏場に高温多湿な部屋で過ごしがち。そのため、住居での熱中症発生がもっとも多くなってしまっているのです。高齢者は特に、しつどに気をつけることが大切です。

グラフ「熱中症の発生場所(2017年)」:他の6つの屋外発生場所が15%以下なのに対し、住居での熱中症発生が全体の37%と、“住居での発生が最も多い”ことを示している。(出典:消防庁「平成29年(5月から9月)の熱中症による救急搬送状況」より作成)

しつどを下げておうちを涼しく!

しつどを下げれば同じ温度でも涼しく感じるよ! イラスト:タイトル「しつどを下げれば同じ温度でも涼しく感じるよ!」を見つめるぴちょんくん

夏の冷房は一般的に28℃が推奨されていますが、それだと暑いと感じる方もいます。しかしそれは、しつどが原因の場合も。しつどは20%変わると体感温度が約4℃変わると言われるほど、暑さに大きく影響するからです。

サーモグラフィー比較「温度はそのままでしつどだけを下げると…」:温度28℃のまま湿度85%→60%に下げたとき涼しく感じるという結果が出ている(男性45歳・女性49歳で検証)。

しつどコントロールの目安は28℃で60%。寝苦しい熱帯夜もこれで快適だよ。 イラスト:タイトル「しつどコントロールの目安は28℃で60%。寝苦しい熱帯夜もこれで快適だよ。」を見つめるぴちょんくん

蒸し暑い季節はエアコンを上手に使ってしつどをコントロールすることが大切です。設定温度28℃でも暑さを感じるときは要注意。日頃から温湿度計を使ってしつどを把握するのがおすすめです。

イラスト:温度28℃以上・湿度50%~60%で、ベッドで寝ている棒人間

寝るときに一晩中エアコンを使いたいという方は、設定温度は28℃以上に設定し、除湿運転でしつど設定を50~60%に下げましょう。しつどを下げることにより、体温を冷やしすぎずに体感温度だけが下がり、入眠直後の汗をしっかり乾かすことができるため、眠りやすい環境になります。

しつどを下げると疲れがとれることもわかってきたんだ。 イラスト:タイトル「しつどコントロールの効果について、さまざまな研究が進んでいるんだ。」を見つめるぴちょんくん

理化学研究所とダイキンでは、しつどコントロールに関する共同研究を実施。室温28℃でもしつどを55%以下に保てば快適性が向上することなどをはじめ、より快適な室内環境を実現するためのさまざまな研究を進めています。

イラスト:しつどを低めに設定し、ベッドで本を読んでいる棒人間

なお、しつどコントロールが難しい場合や、しつどを下げても暑く感じる場合は、無理せず、設定温度を26℃程度に下げるのもおすすめ。その日の体調や快適さを重視して、エアコンの設定をすることが大切です。

真夏に気をつけたい過ごし方

水分補給などの対策もしっかり心がけてね。 イラスト:座っているぴちょんくん

POINT:2020年の夏は、外出自粛の影響で体が暑さに慣れておらず、マスクの着用で熱中症のリスクが高くなる恐れもあります。例年以上の対策を心がけましょう。

「01 いつでもこまめな水分補給を」喉が乾く前に飲む!を心がけよう。/「02 日傘や帽子で日差し対策」暑い日は日陰でこまめに休憩しよう。/「03 マスクは適宜はずすように」屋外で人との距離(2メートル以上)を確保できる場合にはマスクをはずそう。/「04 体調管理をしっかりと」寝不足や二日酔いに要注意。/「05 炎天下での運動・作業を避ける」仕事の方も長時間作業はなるべく避けよう。/「06 部屋を涼しく快適に」熱中症の約4割は室内で発生。家にいる日も油断せず。

ぴちょんくんとは?

しつどの大切さを伝えるためにうまれた、ダイキンの キャラクターだよ。 イラスト:座っているぴちょんくん

ぴちょんくんのプロフィールやなかまたち、最新情報のご紹介はこちら。

ページトップへ戻る
ページの先頭へ