ページの本文へ

メンテナンスサービス

ダイキン エネルギー マネジメント サービス エネ フォーカス アルファ

空調機を遠隔監視し 省エネを継続的に サポート

お客様とダイキン お客様とダイキン

EneFocus α のご紹介

お客様とつながる
ダイキンのサポート体制
お困りごとを解決いたします。

遠隔監視データをもとに、お客様に合わせた省エネ運用をご提案。
高機能コントローラーを用いて、省エネ運用スケジュールを自動化します。

お客様のお困りごと

省エネ対策 快適性の確保 空調管理者が居ない 業務が忙しい 多くの事業所で十分な省エネ対策ができていない
arrow
ダイキン エネルギー マネジメント サービス エネ フォーカス アルファ で解決!

1 使用状況の見える化

空調機の消費電力量を、部屋ごとにランキングで表示。
運用改善ポイントを見える化します。

ムダ・ムラのある運用を抽出
使用頻度の低い会議室が上位になっているため、
消し忘れや設定温度を確認
室内機の消費電力量 室内機の消費電力量
ムダ・ムラのある運用を抽出
使用頻度の低い会議室が上位になっているため、
消し忘れや設定温度を確認

2 運用改善の提案

運用データ、ヒアリングで見えた課題から
最適な空調の運用をご提案します。

室内機の消費電力量

3 運用の自動化

お客様と協議した運用プランを、高機能コントローラーを使用して自動化します。運用の変更が生じた際も、ダイキンにて遠隔操作で設定変更します。

室内機の消費電力量

運用改善の実施内容

省エネ運転スケジュール

室内機ごと・季節ごとに最適な運転制御を実施。
空調機の運転を、高機能コントローラーで設定・自動制御します。

  • 設定温度の上下限管理

    冷房・暖房それぞれに温度幅の設定が可能です。

    設定温度の上下限管理のイメージ
  • 消し忘れ防止設定

    こまめな停止設定で、消し忘れを防止します。

    消し忘れ防止設定のイメージ
    消し忘れ防止設定のイメージ
    消し忘れ防止設定のイメージ
  • 設定温度への自動シフト

    手動で温度変更しても、設定時刻になれば自動で標準温度に戻ります。
    日中、夜間それぞれの温度設定も可能です。

    設定温度への自動シフトのイメージ
    設定温度への自動シフトのイメージ
    設定温度への自動シフトのイメージ
    設定温度への自動シフトのイメージ
省エネチューニング

お客様の建物エリアの気象情報に合わせ、最も効率的な設定に遠隔で自動チューニング。

制御内容については、設定や使用条件によって異なります。
暑い日はしっかり冷房 涼しい日は能力セーブで省エネ運転
デマンドピーク制御デマンドピーク制御とは

きめ細やかな8段階制御で、快適性を維持しながら電力ピークカットします。

省エネチューニング
省エネチューニング 省エネチューニング
快適性の重要度が低いエリアから制御を行うことで、室内エリアごとに快適性を維持!
機種、設置環境によっては、制御ができない場合があります。
グラフ及び数値はイメージです。

4 運用結果
レポートの確認

運用結果レポートを提出し、運用改善による省エネ効果を報告します。

設定温度の上下限管理
「冷やしすぎていた部屋」
23℃以下を設定不可にすることで省エネ
過剰な温度設定を制限
消し忘れ防止設定
「夜間の消し忘れがあった部屋」
消し忘れ防止設定で省エネ
自動停止制御でムダを解消
運用データをもとに、
さらなる省エネ運用へ
向けて協議します

ご採用事例

某老人ホームで省エネ、節電を実現

空調消費電力量 約16%削減
デマンド 約16%削減
物件詳細
延床面積:2,775㎡
階数:3F
機器:業務用マルチエアコン
台数:9台
使用環境によって数値は異なります。

導入までの流れ

  • step1
    お気軽に
    お問い合わせ
    ください

    お問い合わせフォームより
    気軽にお問い合わせください。

  • step2
    必要資料を
    ご準備
    ください

    試算には電気使用量明細 12ヶ月分と室内機・室外機機器リストが必要となります。

    必要に応じて空調図面をご用意いただく場合がございます。
    試算内容が複雑な場合は現地調査させていただく場合がございます。
  • step3
    お見積り

    現地調査

    お見積り後、現地調査にお伺いいたします。

  • step4
    工事

    施工完了

    お客様のご要望に応じ、運転スケジュールとデマンドピーク制御を高機能コントローラーへ設定。工事完了となります。

必要に応じて空調図面をご用意いただく場合がございます。
試算内容が複雑な場合は現地調査させていただく場合がございます。

エネルギーマネジメントサービスをご採用の際には事前打合せが必要となりますので、計画段階でお問い合わせください

よくあるご質問

Q1

年1回の報告書とはどのような内容なの?

A1

年間の空調機のご使用状況やデマンド状況について、実データをもとにご説明し、その後の改善案をご提案いたします。

Q2

全ての空調機で制御・分析ができるの?

A2

当社製の空調機が対象です。但し、一部対象外の機器もございますので、詳細は当社へお問合せ頂けますよう、宜しくお願い致します。

Q3

どのような業種でも適用できるの?

A3

空調機の設置状況にもよりますが、多くの業種で導入実績があります。詳細は当社へお問合せ頂けますよう、宜しくお願い致します。

Q4

料金にはどこまでの費用が含まれるの?

A4

システム設置費、通信接続費、運用状況報告費が含まれた料金設定となっております。

Q5

省エネ効果によって契約金額は変動するの?

A5

変動いたしません。契約金額は空調機の台数によって、決めさせて頂いております。

Q6

効果試算には何が必要なの?

A6

試算には、電気使用量明細や空調図面等が必要となります。 詳細は当社へお問合せ頂けますよう、宜しくお願い致します。

Q7

本システム機器が故障した場合、どこに連絡すればいいの?

A7

本システム故障時は、別途ご案内する連絡先へご連絡ください。空調機の修理のご用命に関しては、ダイキンコンタクトセンターまでご連絡ください。

本システム以外の修理費用は別途頂戴致します。

ページの先頭へ